自転車で日本一周旅の装備品紹介!【ガジェット編】

自転車で日本一周する際、様々な装備が必要になってきます。

今回はガジェット編。

スマホがなければ道に迷う可能性もありますし、パソコンがないとブログの更新ができません。
当然、充電が必要になってくるためモバイルバッテリー等で十分に対策をしておく必要もあります。

カメラがなければ、旅を記録として残すこともできなくなります。

旅を充実させるために、無くてはならないガジェット類をまとめました。

ノートパソコン

パソコンは、ASUSの「Zenbook ux330ua」を使用します。

軽量、薄型のパソコンでかなり優秀です。
肝心のスペックも十分で、画像の編集も難なくこなしてくれます。

それに加え、最大12.3時間のバッテリー&省電力を誇るスーパーマシン!

ちょうど3か月使っていますが、未だ文句の付け所がありません。

マウスはElecomのBluetoothマウス「CAPCLIP」を使用します。
折りたたむと胸ポケットにも簡単に収まる大きさになり、持ち運びに便利です!

この大切なパソコンを振動等から保護してくれるのがElecomの「ZEROSHOCK インナーバック」

名前からも分かるように、衝撃軽減に優れたバックです。

大切なパソコンを守ってくれるケースですから、迷いましたが後述するカメラのケースでZEROSHOCKシリーズの性能は知っていたため、こちらに決めました。

外付けHDDも2TBのものを購入。

写真はRAWで撮るため、容量が心配になりますが2TBあれば問題ないでしょう。

通常はケースを付けますが、本体が丸ごと耐衝撃用に作られており安心感があります。

写真が消えた日には落ち込んで寝込みますね。

カメラ

Sonyの大人気デジタルカメラ「RX100」シリーズの中間モデル。

Wi-Fi転送機能が付いているため、スマホへワンタッチで送ることができます。
これでTwitterやInstagramのリアルタイム更新も捗りますね!

ケースは、Elecomの「ZEROSHOCK デジカメケース 」を使用します。
純正品のほうが良いかなとは思いましたが、高いですし衝撃を抑えてくれるかというと不安な面もあります。

カラビナ付きで、持ち運びも便利です!

ビデオカメラ

これは会社の方からサプライズで頂いたものです。

元々ビデオカメラの購入も考えていましたが、予算の面からわざわざ買う必要もないなと諦めていました。どれも2万円以上しますし、動画を頻繁に撮るかというとそこまでありません。

YouTubeなどネット上にアップするにしても、通信容量をかなり食うことも考えるとわざわざ買うまでもないなと。

まさか頂けるとは思いませんでした。本当にありがとうございます。

使い方はまだ考え中ですが、自転車にマウントを付けたので運転者の目線動画を撮ってみます!

左側のネジにビデオカメラを取リ付けます。あまり車が多いところは不安ですが、見通しの良い道路などで挑戦してみます。

スマートフォン

ASUSの「ZenFone3」です。

格安スマホとは思えないスペックで、iPhone6から乗り換えたのですが本当に差がありません。
値段は3分の1しかしないのに凄いですよね!

SimはSNS使い放題のLINEモバイルを使用しています。

右側は防水ケースです。全てのガジェットに言えますが、雨に濡れると壊れてしましますよね。

特にスマートフォンは雨の中でも地図を見たり、誰かと連絡を取ったりと使わざるを得ない状況があります。
日常生活においても、入浴中に使えるため持っていて損はありません。

kindle

今は中国にいらっしゃる、中学時代の恩師の先生から餞別にと頂いてしまいました。

その先生も、23歳で世界を旅したことがあるとのことで、応援のメッセージも頂きました。本当に感謝しています。

これで空いた時間に本を読むことができます。

日本一周の旅になると、紙の本を持っていくのは困難です。
重いですし、なかなか大きいです。さらに、読み終わって他の本を買うとなるとブックオフなどで売るか捨てるかしかありません。

対して、電気書籍だとその場で購入、読むことができます。

読みたい本も日に日に増えているため、日本一周中に何冊読めるか楽しみです!

モバイルルーター

パソコンをインターネットに繋ぐために使います。

最新機種はMR05LNですが、型落ちでも十分な性能です。

U-MobileMAXに契約しており、毎月25GBを2700円程度で使用でき、かなりお得!

当然、Wi-Fiの電波を出すためスマホや大人気のNintendo Switch(日本一周には持っていきませんが)などのゲーム機といった、Wi-Fi対応機種なら何でも接続できます。

万が一スマホに速度制限がかかってしまっても、モバイルWi-Fiで対応できるため問題ありません。

ソーラーチャージャー

AUKEYのソーラーパネルです。

28Wの大容量を誇り、USB機器を2台纏めて急速充電可能。
カラビナで自転車の後ろにつけることも可能です!

充電は電源のあるマクドナルドやカフェで行う予定ですが、万が一に備えることは大切ですね。

モバイルバッテリー

USBで充電するタイプの機器は全部で8つもあります。(モバイルバッテリーは除く)

結構多いですよね。容量順で行くと、スマホ>kindle>カメラという感じ。

残りの端末は容量こそ大きくないものの、使えないと本当に困ります。

そこでモバイルバッテリーを2つ用意することにしました。

合計 42,000mAhですからね。しばらく敵ナシです( `ー´)ノ

ちなみに、写真に写っている「USBケーブル」も2mのものでスマホを充電しながら触る方にオススメですよ(^^♪

頑丈な設計をされているため、通常の使い方であれば壊れる心配もありません。

腕時計+GPSロガー

GARMIN vivoactive Jという腕時計を身に着けます。

一度充電すれば2週間はそのまま持ちます。もちろん、GPS機能を使ったら7時間程度で無くなりますが。

GPSはちょっとした登山の時に使おうかなと思います。

水泳の測定にも使える時計のため、もちろん完全防水!アウトドアには打ってつけの腕時計です!

手回し充電懐中電灯

防災グッズから手回し充電懐中電灯を持っていくことに。

USB端子付きで、万が一の時はスマホの充電もできますし、ラジオも聴けます。

もちろん、ライトやサイレンも付いているためアウトドアグッズとしてもかなり優秀な部類ではないでしょうか?!

ガジェット編まとめ

ガジェット類だけでもかなりのボリュームですね💦

しかし、どれも快適な旅にするために必要なもの。

高価なものが多い為、万が一壊れるようなことがあるとお財布にも大大大ダメージです!

もはや戦闘不能です( ̄ー ̄)

以上、ガジェット編でした!!

 







 

たくさんの方に読んでいただきたいです!

力になるコメントをお待ちしております!

関連する人気記事一覧

ABOUTこの記事をかいた人

一度きりの人生をアクティブに。20歳。高卒2年目の3月、会社を退社し自転車で日本一周!定義は、全都道府県県庁制覇。相棒はMIYATAのEigerさん【2017年4月24日出発】WordPressで「厳風〜Genfu〜」というブログ書いています。人生楽しく迷子っす(*´ڡ`●)