契約中のインターネット回線一覧!WiMAXのエリアは田舎に欠点が…。

Profileこの記事を書いた人

一度きりの人生をアクティブに。21歳。高卒2年目の3月、会社を退社し自転車で日本一周!【2017年4月24日出発】定義は、全都道府県県庁制覇。相棒はMIYATAのEiger・カメラはRX100M3から盗難に遭いα6000を使用。WordPressで「厳風〜Genfu〜」というブログ書いています。思ったことは何でも書きます!人生楽しく迷子っす(๑•̀ㅂ•́)و✧

はい、末次(@ysgenfu)です。今回は、現代生活に欠かせないインターネット回線について。

以前(働いていた頃)は、ネット使い放題なWiMAXを使用していましたが、ある理由があって解約&乗り換えました。

1円でも安く、快適に利用できるように調べ抜き現在に至りますので、少しでも参考になれば嬉しいです( `ー´)ノ

WiMAXのメリットとデメリット。電波に難あり(;”∀”)

福岡市内で働いていた頃は、どれだけ使用しても通信制限がかからないWiMAXを利用していました。

通信速度も問題なく、市内ならどこでも使えて月額4500円程度。

本体端末料金も実質0円のメーカーが多く、一人暮らしなら絶対おすすめのサービスです!

固定回線なら2万円ほどの工事費用がかかりますが、WiMAXにはその必要がありません。端末が届いたその日から、すぐに利用することが出来ます!!



しかし、そんなWiMAXには致命的なデメリットが…(;’∀’)

これはWiMAXの電波エリアのスクリーンショットです。(UQ WiMAX公式より)

色が付いている部分は問題なく利用できるエリアなのですが、ご覧の通り山間部(田舎)では多くが未対応です。

北海道の札幌市付近ですが、大きな町はしっかりカバー出来ているものの、少し外れると全く電波が入らないことがわかります。

ちなみに、佐賀県唐津市の私の実家も電波が一切入りませんでした(2017年1月)

 

なお、プランによりますが、+1000円程度支払えばKDDIの回線を使えるプランも存在します。(LTEオプション

しかし、それには上限があり月7GBまでとなります。オプション料金を含めると、月額5000円以上

そうなってしまうと、後述する「格安SIM」と「SIMフリーモバイルルーター」を組み合わせたほうが安くて回線が安定しています。

WiMAXに向いている人:

都会(電波が入る範囲)に住んでおり、電波範囲外で活動することがほとんどない人。

月に30GB以上と、膨大なデータ量を必要とする人。

インターネットは安くて速い「DMMmobile」格安SIMがオススメ!

WiMAXとの大きな違いは、電波の範囲と種類にあります。

WiMAXは専用の電波を用い、安定した回線を保っています。そのため、回線速度も速くデータ使用量も上限なしというプランを実現できるのです。

対して、格安SIMは通常の電話通信回線と同じ電波を使用する仕組み。多くのアクセスが集まると不安定になるデメリットはありますが、電波自体はよほどの山間部等でない限りほとんどカバーされています。

今回の「日本一周」という目線で行くと、WiMAXは全く適しないので、格安SIM一択なんです(っ ` -´ c)

 

利用しているプランは、「DMMモバイル」のデータプラン20GBというもの。

スマホは別回線を契約しているので通話プランは必要がなく、データだけで4299円(税込)と破格のお値段!

参考に、ドコモの20GBプラン(ウルトラパック)だと、月額6480円(更に月額基本料金3000円以上)にも…!合計すると、1万円近くなりますね。

 

ぶっちゃけ、月に20GBは多すぎるくらいですので、様子を見てプランを変更しようかとも考えています。そうなると、料金の差は数えるまでもありません(`・ω・´)/

利用方法(テザリングorモバイルルーター)

VAIO S11のような、直接SIMが挿せるパソコンなら契約してそのまま使えます。

しかし、現在ほとんどのパソコンはSIMを挿せる仕様になっていないのが現実です。その場合、考えられるインターネットに繋げる方法は2つ。

 

  1. スマホからテザリングする。
  2. モバイルルーターを使用する。

 

①のテザリングの場合、データ専用SIMを使うなら、SIMカードを2枚挿せるDSDS(デュアルスタンバイ)対応スマホにする必要があります。ちなみに、私が持っているZenFone3はDSDS対応です。

テザリングのメリットは、追加で端末を買わなくて良いことでしょう。2万円近くの節約になります。

しかし、大きなデメリットが…!それは、充電がものすごいスピードで減っていくことです。モバイルバッテリーを持ち歩けば良いとはいえ、スマホ社会の現代において大きな問題だと思います。

そこが大きな壁となり、私は②のモバイルルーターを利用しています。

モバイルルーターは、携帯回線を受信しWi-Fiの電波に変換する端末です。簡単に言えば、テザリング変換のためだけに作られた端末。その分、スマホテザリングよりも充電持ちが良く、長時間のネット利用にも耐えられます!

私が使用しているルーターは、【Aterm MR04LN】という大手メーカーNECの端末です。

SIMフリーモデルで充電持ちもよく、109gと非常に軽く持ち運びに適しています。2枚のSIMを挿せるデュアルSIMにも対応しています!

データSIMに向いている人:

データ量に制限があっても上手くマネジメントできる人。

少しでも安くインターネットを利用したい人。

DMMモバイルにも、SNSフリープランも追加されました!!

SNS使い放題「LINEモバイル」最強すぎる

まずはこちらをご覧くださいL(・o・)」

私が実際に消費した1か月のデータ使用量ですが・・・

ここで注目したいのは、SNSアプリである「Twitter」「Facebook」「Instagram」「LINE」のデータ量です。

なんと、合計6.39GBにも!!これだけで、一般的なプランである「7GB」のほとんどが消費されてしまいます。

ちなみに、docomoの7GBプラン(Xiデータプラン2)では、月額7600円なのですが…。

私が支払っているのは、3GBで1850円です。通話料金含めても、2200円程度と、比べ物になりません。(3GBにしている理由は後述)

私が契約しているプランは、「LINEモバイル」のSNSフリープラン。

プラン名そのままで、SNSが使い放題になるんです!!

たった3GBのプランですが、SNS以外に消費するデータ量ってそんなにないんです。Chrome(iPhoneならSafari)のようなブラウザーと、Googlemapくらいなもの。

私自身、以前はソフトバンクに契約しており月額8000円以上支払っていました。それがLINEモバイルに変えただけで、6000円近くの節約になったんです(^o^)丿

あわせて読みたい

LINEモバイルに乗り換えると月額6000円もお得になった

年間72000円ですよ。数日間の旅行に行けちゃいますよね(;´・ω・)

LINEモバイルに向いている人:

フリー対応のSNSを利用している人。特にTwitterをよく使う人(データ消費が大きい)

末次
LINEの年齢認証も、格安simの中唯一可能になっています。3キャリアでお友達検索機能を使われている方は、今のところ、LINEモバイル一択になりそうです。

Amazon事前購入でもっとお得に契約しよう

DMMmobileとLINEモバイル、両方とも使い始めるにあたって、3240円の事務手数料がかかります。

ですが、AmazonでSIMカードを事前購入しておけばそれが無料になるんです!SIMカードが1000円弱ですので、2000円の節約になります。

事前購入だけですし、少しでもお得に利用されたい方はこちらをお勧めします!

注意事項

・SIMカードの大きさは事前にご確認ください!(micro,nanoなど)

データ専用SIMと通話SIMは異なります。間違えないようにしてください。

格安SIMまとめ

日本一周旅含め、現在使用しているインターネット回線の紹介でした!

日本一周」という縛りがなければ、WiMAXは固定回線に代わるコスパ大なサービスになるかと…。それと、あと数年もすれば、電波の問題も解消されるかもしれませんね(`・ω・´)/

旅をしていて気づいたのが、意外とFreeWi-Fiサービスを実施している場所も多かったです。

多くの県が、道の駅をはじめ、JR大きな駅には必ずと言ってよいほどFreeWi-Fiが飛んでいました。

それらを上手く利用していけば、よりお得に快適にインターネットを利用できるでしょう!

 







 

たくさんの方に読んでいただきたいです!

関連する人気記事一覧