ガジェット

「WiMAX」と「どんなときもWiFi」の速度を比較してみました!

⏱この記事は約 4 分 35 秒ほどで読めます。

WiMAX どんなときもWiFi

容量無制限で有名な「WiMAX」ですが、2019年に入ってCMでも話題になっている「どんなときもWiFi」が対抗馬となってきました。

どちらも月のデータ容量無制限。月額料金も割引適用で同じくらいです。

今回、両者の端末を用意できたので通信速度を比較してみることにしました!

WiMAXは高速のWiMAX回線。どんなときもWiFiはクラウドSIM内蔵でdocomo・Softbank・auの3回線のうち最適な回線。

果たしてどちらが速いのでしょうか?

結論を先に言っておきますと、WiMAX回線は都市部で実力を発揮するものなので、今回のような地方都市や田舎で利用する場合は、「どんなときもWiFi」の方が圧倒的に有利です。

「WiMAX・どんなときもWiFi」通信回線の違い

WiMAXとどんなときもWiFiトライWiMAXで借りました

WiMAXとどんなときもWiFiの大きな違いは、利用する通信回線です。

WiMAX⇒WiMAX・auの4G回線(ただし、4G回線は月に7GBまで)

どんなときもWiFi⇒docomo・Softbank・auの4G回線の内、その場所や時間ごとに最適な回線(容量無制限)

ここで注意しておきたいのが、WiMAXのデータ通信量無制限になる条件は、「WiMAX回線で利用中の場合」に限られます。

なお、au回線で利用する場合は、月に7GBを超えると速度制限がかかるので注意してください。(制限後はWiMAX回線で利用するときも制限)

さらに、WiMAXは3日で10GBを越えても通信制限がかけられます。おおむね1Mbps以下程度の緩い規制ではありますが、ストレスになることは変わりません。

対して、どんなときもWiFiは完全データ容量無制限を宣言しています。3日間の規制もありません。ここはヘビーユーザーにとって、ものすごく大きな差になりますね。

WiMAXは田舎では入らないところが多い

WiMAX回線は主に都市部や市街地を中心に張り巡らされているので、田舎ではそもそもエリア対象外となる可能性が高いです。

また、都市部での利用でも、部屋の奥やビルの間の部屋・地下では電波が入りにくくなります。

(左)WiMAX回線・(右)LTE回線@au(左)WiMAX回線・(右)LTE回線@au

わたしもWiMAXをメインに使っていた時期がありましたが、このエリアマップ対象内でも使えないことが多かったので、未だにWiMAXに対して良い印象がないのが実際のところです。

末次ゆう
末次ゆう
田舎にある実家は2019年7月現在、未だにエリア対象外でした(笑)

WiMAX vs どんなときもWiFi

ということで、検証を始めていきます。

WiMAX回線

今回検証するのは、地図で青色の〇を付けている3ヵ所。

「道の駅やよい」・「コスモタウン」・「佐伯市役所」で検証を行っていきます。

検証に使うモバイルルーターと測定端末は以下の通りです。

WiMAX:【WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W05】(下り最大758Mbps)

どんなときもWiFi:【uCloudlink D1】(下り最大150Mbps)

測定端末:【ASUS ZenFone3】

測定ツール:【https://fast.com/ja/】※Chromeブラウザーにて使用

スペック的にはWiMAXが圧倒的に有利ですが、実際のところはどれだけ電波が入るかが勝敗を分けます。

道の駅(道の駅やよい)

大分県佐伯市という超ローカルな測定場所ですがご了承ください。ある程度の参考にはなるかと思います。

はじめに、少しだけ市街地から離れた道の駅やよいに来てみました。

エリアマップではギリギリWiMAXのエリア内のようですが、端末を見るとまさかのWiMAX圏外……。

WiMAXは圏外

auのLTE回線に切り替えて測定してみました。

WiMAX
道の駅弥生WiMAX
どんなときもWiFi
道の駅やよいどんなときもWiFi

結果は、僅差で「どんなときもWiFi」の勝利!

WiMAX回線が入らずau回線を拾っているので、同じような回線速度になるのは頷けますね。

何度も言いますが、WiMAX回線ではなくau回線を利用した場合は、容量無制限は適用されず、月に7GBまでの利用となります。

田舎でも電波が入ることは入りますが、使い放題ではないのでご注意ください。

ショッピングタウン(コスモタウン)

コスモタウン

次に、佐伯市では比較的人が集まる、ショッピングタウン「コスモタウン」へ。

ここはWiMAX回線もバリバリエリア内なので期待できそうです。

WiMAX
WiMAX
どんなときもWiFi
どんなときもWiFi

結果は、「WiMAX」が圧倒的な差をつけて勝利!

やはり、WiMAX回線内ではLTE回線を上回る高速通信ができるようです。

市役所(佐伯市役所)

佐伯市役所

最後に、街の中心部にあたる「佐伯市役所」で測定します。

おおよそ、どこの地域も市役所付近が一番栄えているのではないでしょうか?

WiMAX
WiMAX
どんなときもWiFi
どんなときもWiFi

結果は、僅差で「WiMAX」の勝利。意外にもそこまで差がつきませんでした。

速さがウリのWiMAX回線ですが、LTE回線と比べてもそこまで差はないようです。

今回の結果はこのようになりましたが、実際は『測定端末』や『時間帯』によって大きく通信速度は変わってきます。

どんなときもWiFiの方が安心できる

WiMAXWiMAXも都会では便利だが‥

正直、この通信速度の差で値段も大した差がないのであれば、「どんなときもWiFi」一択で良いなと感じています。

いくら通信速度が速くても、電波が全く入らなければ意味がないですよね。

わたし自身、田舎や地方都市に行くことが多いですし、実家は山奥の田舎の町なので、WiMAXの電波は入りません。

WiMAXとどんなときもWiFiで悩んでいる方は、「どんなときもWiFi」を強くオススメします!

反対に、都会でしかモバイルWi-Fiを使う機会がない方や、5人以上の家族で利用する可能性がある場合はWiMAXでも良いかと思います。

どんなときもWiFiの端末は、同時接続が5台までしかできないので、そこは欠点ですね💦

どんなときもWiFiがオススメな理由
  1. 田舎でも携帯の電波が入るエリアならどこでも使える
  2. 3日で10GBの制限がない
  3. 月のデータ使用量無制限
  4. このスペックで税抜月額4,000円以下
  5. どこでも使えることからスマホのデータ量プランを落とすことができるので、トータルで節約になる

≫どんなときもWiFiの公式サイトを見てみる

 

▼関連記事するモバイルWi-Fiについての記事▼

モバイルルーター 乗り換え
【モバイルルーター乗り換え】コスパ最強の大容量プラン3選!今回、大容量かつコスパが良いモバイルルーターを3つご紹介していきます!動画をたまに見る程度(月25GB)⇒【FUJIWifi】25GBプラン・2,500円(税抜)家族で使うorヘビーユーザー(月200GB以上)⇒どんなときもWiFi・3,480円(税抜・最初の24カ月)出張などで数カ月間のみモバイルルーターが必要になった:【縛りなしWiFi】縛りなしプラン・3,300円(税抜) ...
モバイルルーターの選び方
【体験談】モバイルWiFiの選び方|5つの注意すべき項目とは?おすすめモバイルルーターの選び方は?これまでの経験で知った、モバイルルーターを検討するうえで知っておきたい重要なこと5つをご紹介していきます。結論、最強なモバイルルーターとは、「LTE回線を利用した、容量無制限で、日ごとの通信制限もなく、いつ解約しても違約金がかからず、ルーターがレンタルでき、安い」プランです。...
ABOUT ME
末次ゆう
佐賀県出身の22歳。 2年間会社に勤めた後、『自転車で日本一周』を目指し旅立つ。 冬場に旅を中断した際、旅よりも大切なことに気づいてしまい、現在は無期限中断中。ゲストハウスのヘルパーをしたり、すいか援農したり、ドーナツ屋さん開いたり。 緊張するとお腹が痛くなるため、人が多いところは苦手。だけど、好き。 末次悠のプロフィール・経歴