noteも書いています!
コラム

都会と田舎の年収差は900万円。しかし、どういう暮らしをしたいか?

田舎と都会の年収差と生き方

前々から言われている話でしょうけど、初めてこのようなサイト(下部)を見ました。

今まで、ついつい年収で仕事を判断していましたが、冷静に考えるとそうじゃないことに気づきました。

都会と田舎の年収差

市町村別の所得(年収)ランキングというサイト。第1位から、第1741位まで日本全都道府県市町村の平均所得がランキング化されています。

記事を読まなくとも、1位は東京都だとわかりますよね。あれだけの大都会ですから。

上位ランキングを見ていくと、北海道の猿払村(さるふつむら)を除いてズラ―っと名の知れた大都市ばかり。

ちなみに、猿払村はホタテ漁が好調なためこんなずば抜けた結果になったそう。すごい!

 

インディギルカ号遭難者慰霊碑猿払村のインディギルカ号遭難者慰霊碑

 

しかし、猿払村をのぞけば上位10位まで「東京都」「兵庫県」「神奈川県」の3県独占。

1位の東京都港区は1115万755円もあったのに、10位の神奈川県二宮町になると535万560円とほぼ半額になってしまいます。

まあ、上位はいいんです。どこの誰であろうと、お金を稼ぐことは悪いことではありませんしあって困るものでもないですから。

最下位を見てみると、これまた驚きましたね。

熊本県球磨村(くまむら)は、なんと197万95円まで下がってしまいます。1位との差は918万円にもなってきます。

もはや、宝くじの当選金額かと思ってしまうほどの額。笑っちゃいますよね。

 

……いや、でもまあ、港区に住む人々はちょっと別格すぎます。そこと田舎を比べるのはちょいとナンセンスでしょう。

そこで、「日本人の平均年収」を調べてみました。Google先生の検索結果を信じて「gooニュース」の記事を拝見。

そこでは、

国税庁の平成24年度の民間給与実態統計調査によると、1人当たりの平均給与は408万円

とありました。

ということは、先ほどの熊本県球磨村と比べると「211万円」の差ということになります。平均所得の半分以下です。

 

田舎と都会のお金事情

初山別村キャンプ場初山別村キャンプ場

当然ながら、都会の方が生きているだけでも田舎と比べかなりのお金を消費します。

家賃は数十万円、駐車場代もバカにならない、野菜や果物はやや高い、などなど。もっともっと差はあるでしょうね。

家賃に10万円の差があったとしたら、年額120万円になります。駐車場代も控えめに2万円として年額24万円。田舎ならただ同然。

これだけでも田舎に暮らしていれば、144万円分のアドバンテージがあると考えてよいでしょう。

うん?そしたら、他にも田舎のアドバンテージを挙げていけば、意外とさっきの211万円はけっこう埋められるのかも…?

 

唐津市と福岡市で考えた

ものすごくマイナーでごめんなさい。実話をもとに考えたかったので…。

熊本県球磨村には行ったことがないので、物価の感覚がわかりません。実際にわたしは、唐津市生まれで福岡市博多区に一人暮らししていた経験があるので考えてみました。

唐津市の平均所得⇒262万円

福岡市の平均所得⇒345万円

 

福岡市で一人暮らししていたアパートは4.2万円でしたが、家族連れと考えてファミリー相場を調べてみると「8万円」に落ち着きそうです。

車を持つことも仮定して(福岡は意外と車がないと不便)駐車場を借りると、平均1万円程度。

上記2つが12か月分で「108万円」になりました。

 

唐津市の場合は実家から車で通えますが、転勤してきたと考えてファミリー物件の相場は「4.7万円」という結果に。

また、よほど場所を駅前などに絞らない限り、駐車場込みの家賃でした。仮に借りても0.3万円程度。

家賃12か月分で「56.4万円」になりました。

 

単純に所得の差額と家賃(駐車場)を計算すると、福岡市で働く方が「31.4万円」というお金を好きなことに使えるという結果に。

あ、物価などは全く加味していないのでこればかりではないです。

しかし、距離50kmにも満たない唐津市と福岡市で一時は83万円の所得差があったものの、実際に暮らすことを考えると30万円台まで下がりました。

子供がいると、保育費や学費などの差も出てくるでしょうね。都会の待機児童問題は本当に深刻ですし……。

さあ、どっちがいいのか?

 

結局、どういう暮らしをしたいのか

 

View this post on Instagram

 

末次ゆう🦌さん(@tsuguyuusako)がシェアした投稿

田舎VS都会みたいなはなしはよく聞きますが、わたしは両方好きだし両方苦手な部分もあります。

田舎に住むとやっぱり都会の便利さが羨ましいです。だけど、都会の満員電車や渋滞は嫌い。せかせかしているのも嫌だ。

だから結局、どういう暮らし・生き方をしたいのか?そこが大切になってきます。

……とはいえ、ほとんどの会社員は自由に勤務先を決めらないですよね。そこが辛いところ。。

 

でも、冒頭で述べたように、

「年収で仕事や人を判断するのは、冷静に考えるとナンセンス」

ということに、今回気づきました。

 

田舎で稼げるのが最強

 

View this post on Instagram

 

末次ゆう🦌さん(@tsuguyuusako)がシェアした投稿

稼いだから都会に行くのか、都会に行くから稼げるのか…?

そもそも、「稼ぐ」ってなんなのか?

お金のことになると色々考えてしまいますが、そこまで振り回されてしまうのもちょっと違う気がするんですよね。

単純にいくと、「田舎で稼ぐ」ことが最強!!

ですが、田舎は田舎で大変なところがいっぱいあります。お金にかえられないこともあります。都会もしかり。

田舎VS都会の議論はこの先も過激化しそうですが、あまり左右されず自分の意志で決めたいところ。決められるだけ幸せなことです。

※この記事では、所得と年収と給与は全て同じものとして表現しています。ご了承ください。

ABOUT ME
末次 悠
佐賀県出身の22歳。高卒2年目の3月に会社を退社し自転車日本一周の旅へ。放浪しながらブログを書いています。頻繁にくる腹痛が悩み…。