きつい?みかん農家で住み込みバイトを1カ月間やってきた感想

様々な季節労働がある中、旅中に出会った方から『みかん住み込みバイト』を紹介していただきました。

突如、「戦力外通告」2017年、年末の予定が未定に…。

2017.12.22

仕事前にインターネットで調べると、「みかんバイト きつい」と出てきてちょっと不安が……。そりゃ、労働だからきついでしょうけどね。

実際はそんなことなく、無事に全てのみかんを取り終えることができました!

みかん取りの様子

まずは肝心のみかん取りの様子から。一番気になるところでしょう。

てご

てご

「剪定ばさみ」で切ったみかんは「てご」と呼ばれる肩下げかごに入れます。慣れないうちは肩が痛くなりました…。

ちなみに、これ3杯分でみかんかご1箱分くらい。てごと剪定ばさみは、みかんを取る上で大切な相棒です。

木の上部のみかんは、てごを下げたまま木に登ることもあります。大した高さではありませんが、慣れるまでは時間がかかってしまいました……。

 

みかんバイト中

専用のレールがある

みかんのコンテナは満杯まで積んで20kgくらい。お米よりは軽いですが、長い距離を運ぶとなかなか大変ですね…。

もちろん、農家さんも工夫はされています。横長な畑には、写真のようなレールがある場合も。これがあるとないでは体への負担が全く違います。文明の利器

 

みかんバイト

モノラック

これはたまに見かけるんじゃないでしょうか?「モノラック」といい、みかんのコンテナを楽に運んでくれます。これがないと泣きますね。昔の人はどうしていたんでしょう・・?

原理は草刈りと同じ。結構古い感じで、混合燃料を使います。一部、最新式のものはガソリンでした。ま、燃料補充を頼まれた時はご注意を。

 

軽トラに崩れないよう積む

軽トラに崩れないよう積む

みかんかごは農家さんの指示を受け、崩れないように積みます。車種によっても積載法が違うので、確実に覚えましょう。

道路上で崩したら最悪です…。間違いなく大惨事になりますからね。場合によってはロープも使います。

 

地下足袋

地下足袋

これは特殊かもしれませんが、山での作業が多かったため、『地下足袋』を履いていました。運動靴に比べしなやかなので、グリップが良く滑りにくいです。

ただ、素材が薄いせいで朝はとても寒い…。足の感覚がなくなります。でも、安全には勝てないですよね。

 

みかんバイトの1日

まずは、バイト中の1日の様子からいきましょう。あくまで、わたしがお世話になった個人でされている有田みかんバイトの場合です。わたしは収穫だけでしたが、雇用形態によっては選別もするようですね。

聞いた話ですが、みかんバイトの主流である愛媛はもっと違うみたいっす。確か一つの施設に集まって、残業もあるのかな…?

 

5時30分:起床&朝食

余裕をもってこの時間に起きていました。みかんは日本でも比較的温暖な場所で栽培されますが、それでも冬場は寒いです…⛄

朝一で体を動かすことになるので、早めにからだを起こしておきたいところ。朝食もしっかり摂りましょうね(‘◇’)ゞ

 

7時~11時40分:みかん畑へ移動&みかん取り開始

日の出とともに作業開始!

軽トラを運転して畑へ向かいます。山を切り開いた場所も多いため、軽トラの運転も最初は怖かったですね…。マニュアル車に慣れていない人はもっと大変かも…。

 

作業内容ですが・・・

〈ひたすらみかんを取る→軽トラに積む〉

これの繰り返し。とにかく忍耐力っすね( `ー´)ノ

 

途中、15分程度の休憩があります。取り立てみかん食べ放題!美味しいですよー😘

 

12時:昼食

幕の内弁当でした

幕の内弁当でした

昼前に一度、家へ帰ります。午前中いっぱいで、ちょうど軽トラ1台分は積めるのでピッタリ!長年の経験で計算されつくしています。

昼食がバイト中、一番の楽しみ♪やはり、食べ物って幸せな気持ちになりますよね!!

 

13時~16時40分:みかん取り後半戦!

みかんと夕日

みかんと夕日

午後は日が暮れるまでみかんを取り続けます。経験上、午後の方が効率悪いイメージ。やはり集中力勝負ですね。

みかんを取る間は、みかんのことを考えない方が良いです。農家さんも、別の楽しいことを考えているとおっしゃっていました(笑)

完全に暗くなる前に作業終了。最後まで事故の内容に気を引きしましょう!(油断して、ちょっとした事故の経験あり)

 

17時以降:完全自由

オークワ

バイトが終わったら完全に自由です。暗くて寒いですが、外出も可能。朝は余裕がないので、この時間で食料を買い込んでいました。

朝は若干早いので、早寝を心がけていました。ま、体を使った日は自然と眠くなりますよ!

 

悪天候時

基本的に雨の日は休み。しかし、午前or午後だけ雨予報の場合、部屋で待機をする必要があります。完全に雨でないと、遠くに外出ができませんでした。

お天気さん、ハッキリして欲しいっす☔☀

ちなみに半日出勤の場合は、日給の半分をいただけました。

 

みかんバイト先に持っていきたいもの



みかんバイトで「これは必要だな」と思ったものがいくつかあります。順番に行きましょう。

暖かい服装

朝夕、間違いなく寒いです。風邪を引くと最悪ですからね…。寒さ対策は確実に。

『ネックウォーマー』『ニット帽』『タイツ』『暖かい靴下』など、これらは必須!少し暑すぎるくらいの装備で行きましょう。

 

汚れても良い服装で、ポリ系の素材

言わずともわかっていると思いますが、結構汚れます。また、みかんの木にカメムシが付くので、その匂いも強烈なモノです。

汚れても良い&匂いが付いても良い服で作業をしましょう。かつ、動きやすい服装ですね。

また、草や虫が服に付くと面倒なので、ポリ系の素材の服が好ましいです。(ポリに限らず、虫が付かない素材ならOK)

 

本などの娯楽

日中はフルで働くものの、夜はかなり時間があります。住み込み先の環境次第ですが、わたしの場合テレビがありました。ほとんど見ませんでしたけど…。

もし、テレビすらない場合は、スマホ・パソコンを触ったり本を触ったりするのでは?ランニングなどスポーツも良いですね。

Wi-Fi環境がない家も多いかも…。こうなるとスマホを触るのは厳しくなってきます。というのも、わたしがまさにその状態でした。別にネット回線(DMMモバイル)は契約していますが、ブログを書くだけで容量が精いっぱい…💦

WiMAXと格安sim比較。固定回線にふさわしいのは?

2018.01.10

わたしはkindleをフル活用しました。わざわざ本屋さんまで行かなくても、その場で本を購入することが可能。こういう時に便利ですね!!

大人になるということは、何かを「諦める」ということ【シカマル秘伝】

2017.12.13

 

ウエストポーチ

バイト中も財布や免許証、携帯電話を持ち歩く必要があります。軽トラに入れておいても良いのですが、長時間離れますし鍵を閉めないことも多いんですよね。ここは自己責任で、身に着けておきたいところ。

ただ、ズボンのポケットに入れておくと動きにくいです。たまに木に登ることもありますし。

わたしはこういうこともあろうかと、ランニング用のウエストポーチを持っていきました。この中に、スマホと免許証、現金を入れておけば安心です。

わざわざ買う必要はないと思いますが、身に着けるならウエストポーチがベストでしょう。動きやすいですし、体の負担にもなりませんから。

 

みかんバイトを探す方法

みかんバイトは季節労働です。10月中旬から12月中旬という案件が多いですね。長くても2か月といったところ。

そんなみかんバイトですが、ほとんどが『住み込み』。近くに農家さんがあれば別でしょうけど、基本的には農家さんまたは自治体等が用意した施設に泊まり込みとなります。

応募条件を見ていると、「運転免許(AT限定不可)」が必須の場合があります。他にバイトした方に聞くと、運転をしなくても良い農家さんもあるようです。

MT車の運転をしばらくしていない人は、ちょっと厳しいかも…。少なくとも、わたしがお世話になった場所ではそう思います…。

 

知り合い伝い

わたしの場合はコレでした。

旅中に出会った方からお話をいただき、Facebookで前年度にバイトした方に連絡。その後、直接農家さんにお電話をして採用といった流れ。

TwitterなどのSNSにも情報があるかもしれません。気になる場合はコンタクトしてみましょう。

 

求人サイトを見てみる

有田みかんの場合は、【和歌山県グリーンサポーター】というサイトに求人がまとめられています。

愛媛みかんの場合は、【農家のお仕事ナビ】というサイトからリンクがありました。(リンク切れの可能性あり)

その他案件も、インターネットで『〇〇みかん 求人』と検索すると出てきます。大手求人サイトが上の方に来てしまうため、2ページ目以降も目を通しておきましょう。大手サイトの場合、収穫の案件がほとんど見つかりませんでした。

 

みかんバイトまとめ

 

みかんバイトは、特に「きつい」感じはありませんでした。

農家さんによって作業内容や量が違うでしょうし、感覚も人それぞれですが…。

 

まあ、「きつい」と言われる部分も確かにわかります。箇条書きしてみると・・

  • 明確な休みがない(天気次第では毎日勤務)
  • トイレがない。
  • みかんが入ったかごは重い。
  • とにかく寒い。

こんなところでしょうか。個人的には、休みがなくてもみかんを取る行為自体が好きだったので問題なしでした。第一に、働かないとお金にならないですし。

まあ、仕事をどれだけ好きになれるか次第でしょう!どんな業種にも言えることですが。

知らない土地で住み込みで働けたのも楽しかったですね。都会ならチャンスがあっても、なかなか地方で暮らす経験って出来ませんから。

季節労働の選択肢として『みかんバイト』を考えている方の参考になれば幸いです。質問もコメント欄にて受け付けます(^o^)丿