末次の脳内note
語り合いから学ぶこと

【大阪地震】自宅と会社だけの世界。避難とフットワーク。

大阪地震 避難

創る家のあやお氏とTwitterでやりとり。やや長いです。

 

自分の命だけを考えたら、真っ先に逃げるのが賢明です。

しかし、それができない現実。何といえばよいのか、もやもやします。

それこそ、行政が強制避難でもさせたら良いんでしょうけど、次の地震が100%くるわけではないので出さないでしょうね。

受け入れ先を見つけるのも大変でしょう。

全国に親戚や知り合いがいれば受け入れてくれるかもしれませんが、「申し訳ない」心理も働くわけでして。

いや、でも、命には代えられませんよね。仕事もお金も。

熊本地震のとき、福岡にいました。隣県なのに、ぶっちゃけ地震の影響を感じられないくらい普通の生活でした。

少し離れるだけで良いんですけど、やはりみなさんそうしようとはしません。誰かの世話になるのが嫌なんでしょう。

その気持ちもわかります。おそらく、わたしも日本一周前だったら周りに合わせて普通通り仕事に行くでしょうね…。

自宅と会社以外の世界を知る。フットワークを軽くする。

それが命さえも救うかもしれない。今回の地震を見て、そう感じました。

 

【石川県】避難受け入れのお知らせ

石川県能登島の『創る家』で避難場所を提供してくれます。少なくとも、今回の地震は影響しないと思います。

必要な場合はバイト先も紹介してくれるそうなので、必要に応じて長期滞在も可能。

避難を検討されている方は、ぜひご連絡ください。

創る家お問い合わせ

ABOUT ME
末次 ゆう
佐賀県出身の22歳。中学生の頃から、「能動的な生き方をしたい」と考え会社に雇われる人生に疑問を持っていた。 高卒2年目で会社を退職し『自転車で日本一周』を目指し旅立つ。 冬場に旅を中断した際、旅よりも大切なことに気づいてしまい、現在は無期限中断中。 緊張するとお腹が痛くなるため、人が多いところは苦手。だけど、好き。 末次悠のプロフィール・経歴