都会に求めるのは「人に埋もれて精神的一人になれる場所」

人に埋もれると楽。精神的に回復する

たった1ヵ月とちょっとでしたが、ド田舎の生活を経験したあとに『都会』へ行ってみました。

そこで思ったことをサクッとメモ。共感する部分もあれば、違うなと意見がある部分もあるかと。

それと、一人旅なのか家族連れなのかでも変わります。わたしは一人旅です。



観光地へはとりあえず行っておく

今回は出雲が例。となると、目玉観光地は『出雲大社』でしょう。今年2回目。人生3回目。

自転車日本一周中2018年初詣

 

やっぱり、有名な観光地へは行っておきたくなります。どんな街にも、どこかしら目玉となる観光地はあるはず。

というよりも、大半の方々は観光地をメインにその街へ訪れますよね。

山口なら角島、佐賀なら祐徳稲荷神社、福岡なら太宰府天満宮、栃木なら日光東照宮といったふうに。

 

人に埋もれると楽

一通り観光したあと、やはりゆっくりしたくなるもの。すかさずイオンとゆめタウンへ。

やっぱり、知らない人が集まる場所って落ち着きます。埋もれられるから精神的に楽なんですよね。

そりゃ、誰も来ない山奥に行けば完全に一人になれます。いや、独りか。

でもね、一人と独りって何か違うんです。誰かいて欲しいけど誰もいて欲しくない。そんなどうしようもないわがままな感情。

そんなわがままを叶えてくれるのが、人がたくさん集まるカフェやショッピングモールというわけ。スタバやマック、イオンといったところですね。

そこで何かをするというわけでもありません。ただひたすらボーっとしています。

それだけでも精神的な体力が回復する感覚なんです。これは大切。

 

田舎は落ち着かない

田舎はどうかというと、人が少ないので圧倒的に独りです。しかし、誰かと会ってしまうと高確率で特定されてしまいます。

気にするなって言われてもねぇ…。一度、都会の感覚を知ってしまったら視線を感じますよ。

言い方をネガティブに変えると、常に監視されている状態。だからこそ田舎は治安が良いというメリットもありますが、落ち着けないのも事実なんですよ。

かといって、家に引きこもるとただ単に寂しいです。完全な孤独のまま数日経つと、どうにかなりそう…。

う~ん、ここは性格にもよるんでしょうけど、私は定期的に都会に行かないと発狂しそうになります。

おそらく、「イオンくん」なんて呼ばれるほどイオンに行きまくっているのも、自然と身体が防衛反応を起こしているんでしょう。

 

やっぱり共存かな

ふと、「江戸時代だったら生きられない性格だな」なんて思ってしまいました。w

下手すると一生その街から出られないなんて…。出る手段もなければ、出たいとも思わないのかもしれませんが💦

個人的には、【田舎に住んで月に2日間都会へ行く】みたいな生活を実現したいな、と。

都会に住むと、知らないうちにお金を使ってしまうんですよ。特にコンビニは半端ない…。いつの間にかグミやらガムやら。

それに比べて、田舎暮らしだとスーパーへの買い物すら週に1日だけで済みます。ちょいちょいAmazonなどのネットショッピングも利用しますが、日用品や食料はスーパーで十分です。

 

【過去記事】田舎暮らしは不便?買い物に困ったらAmazonパントリーを使おう!

 

「都会は生産しない」という人もいれば、「都会があるから今の経済成長がある」という人もいます。

お互い、批判せずに共存する。そうあってほしいものです。

田舎暮らしは不便?買い物に困ったらAmazonパントリーを使おう!

2018.04.25

伊達なくらしセミナー備忘録「東京は何も生産しない」

2018.03.03