中国地方

錦帯橋近くの「藤本商店」でれんこん麺を食べたお話

山口県岩国市の観光名所、「錦帯橋」へ行ってきました。(錦帯橋の様子は別の記事でまとめる予定です)

一通り観光スポットを巡っているとちょうどお昼時。ご飯を食べたくなって錦帯橋周辺を歩いてウロウロしていると、「藤本商店」と書かれたお店の外見が気になったので入ってみました。

藤本商店

錦帯橋に行かれたことのある方は分かると思うのですが、この辺りはだいぶ新しい建物が多いんです。そんな中、昭和を感じさせる建物。これは入ってみるしかありません!

「ガラガラガラ」

と扉を開けると、「いらっしゃい~」といかにもザ・おばあちゃん(良い意味で)といえるおばあちゃんが笑顔で出迎えてくださります。

この瞬間、「ここでご飯を食べたい!」と確信。

 

メニュー表

机の上に置いてあったメニュー表を見ていると、さきほどのおばあちゃんが

「れんこん麺おすすめだよ~」

とおっしゃったので、わたしはれんこん麺うどん。同行していた彼女はかけうどんをいただくことにしました!

 

レトロな雰囲気

店内の雰囲気。昭和の雰囲気が漂いまくっています。風情があって見ているだけでも楽しいですね!

 

れんこん麺

10分ほど待って、れんこん麺うどんが出来上がりました!

麺にれんこんが練りこまれているそうですが、特別れんこんの味がするわけではありませんでした。

しかし、平らな麺にはこしがあり、優しい味のスープと上手くマッチしています。栄養も満点そう!

 

素うどん

ちなみに、彼女が食べたかけうどんはこんな感じ。まあ、正直言ってここだけの味というわけではありませんね…。

ただ、価格は250円とかなり安いため、お手軽な値段で腹ごしらえすることができて、そこはいい感じです!

プラス、名物の「れんこんコロッケ」もパクリといただきました。写真を撮り忘れたのが悔やまれますが、大きくカットされたれんこんがコロッケの中に入っていましたよ!

 

麺類の他にも、コロッケ・ポテトフライなどの軽食や、コーヒーなどの飲み物、ソフトクリームや夏場限定のかき氷などもいただくことができます〇

他にも魅力的なお店が多いのは承知していますが、「藤本商店」でおばあちゃんの笑顔に癒されてみてはいかがでしょうか!?

 

 

藤本商店のメニュー

全て掲載はできませんが、藤本商店の食事メニューをご紹介します。(2019年9月現在)

  • かけうどん(250円)
  • 月見うどん(300円)
  • わかめうどん(350円)
  • こんぶうどん(400円)
  • 冷やし梅こんぶうどん(450円)
  • きつねうどん(450円)
  • かきあげうどん(500円)
  • 肉うどん(600円)
  • れんこん麺うどん(500円)※エビ入りは600円
  • 各種ソフトクリーム(300円)
  • れんこんコロッケ(150円)
  • 焼きむすび(100円)
  • ホット・アイスコーヒー(250円)
  • その他‥

食事メニューだけでなく、岩国・広島・錦帯橋のお土産も置いてあるのでふらりと立ち寄ってみてください!

写真には撮りませんでしたが、昭和を感じさせるプラモデルなんかも置いてあって、思わず店内をジロジロと見て回ってしまいますよ(^^)

 

藤本商店へのアクセス

住所 〒741-0062 山口県岩国市岩国1丁目5−12
駐車場 あり・平日無料、土日祝日300円(錦帯橋駐車場利用の場合)
営業時間 不明
価格帯 300円~600円

藤本商店は、錦帯橋の東側にある「錦帯橋下河原駐車場」の向かい側にあります。おそらく、車で錦帯橋へ行く方はほとんどが目にする位置かと。

歩道の反対側になっており道が狭いので、道路を歩く際は車に気をつけてください!!

 

ABOUT ME
末次ゆう
佐賀県出身の23歳。 2年間会社に勤めた後、『自転車で日本一周』を目指し旅立つ。 冬場に旅を中断した際、旅よりも大切なことに気づいてしまい、現在は無期限中断中。ゲストハウスのヘルパーをしたり、すいか援農したり、ドーナツ屋さん開いたり。 緊張するとお腹が痛くなるため、人が多いところは苦手。だけど、好き。 末次悠のプロフィール・経歴

関連記事(広告あり)