沖縄旅の様子はnoteで!
中国地方

萩から大阪へ移動!トイレ付深夜バス「カルスト号」乗車レビュー!

どうも、管理人の末次ゆう(@ysgenfu)です。

山口県の萩市と大阪・京都を結ぶ深夜バス「カルスト号」で移動してきました。(参考:『人と会う旅in大阪東京』出会った人・日記・総額まとめ

人生初の深夜バス…。特にトイレが心配でしたが、車内は思ったよりも快適&トイレ付きで安心でした♪

萩から大阪までのバス予約はこちら!

 

萩バスセンター発

萩バスセンター

カルスト号は、萩市内の中心にある『萩バスセンター』から19:30に出発。毎日運行中です!

向かい側には、大手ショッピングセンター「サンリブ」があります。寝ていれば着くとはいえ、長旅になるため、ここで飲み物や軽食を用意しておくとよいでしょう。

 

萩待合室

待合室があり、早めに着いてしまっても問題なし。トイレもあるので安心ですね。さすがに19時近くになると、わたし以外、人の気配はありませんでしたが。

 

カルスト号

これから乗るカルスト号の広告が貼ってありました。

山口から、神戸・大阪・京都へ寝ている間に到着。値段も、新幹線や飛行機に比べて最安値。時間と体力があるかたにはオススメです!

ちなみに、「カルスト」とは、秋吉台の「カルスト地形」からきているようです。カルスト号からは見ることはできませんが、一度は見ておきたい絶景が広がっていますよ!

 

カルスト号設備紹介

設備

出発時間10分前にバスが到着しました。大きく「カルスト号」とは書いてありません。電光掲示板の行先表示位置に書いてあります。時計を見ながら行動しましょう。

バス内から運転手の方が降りてきたら、事前に予約しておくと届くメールを見せます。席の振り分けはこの時にする仕組みのようです。

わたしは一番乗りだったため、一番奥の窓際に案内されました。隅っこが落ち着くのでありがたいですね!

 

バスの座席

座席は3列。この時は、35㍑ほどのザック(ヌプリパック 35)を背負っており、少し通りにくかったです。バスなので仕方ありませんが…。

 

エチケット

座席には、使い捨てのスリッパとお手拭き・エチケット袋が用意されていました。お言葉に甘えて、靴は脱がさせていただきます(^o^)丿

 

簡易カーテン

簡易カーテンも全席に付いています。

寝顔を見られたくない方だけでなく、盗難防止にも有効ですね。ないとは思うけど、念のため。これはありがたい!

 

荷物

座ってマフラーとザックを置いてみました。やや狭い感じですが、座席はしっかりと倒せるので、寝る体制に入れます。

翌日に疲れを残したくないですもんね…。せっかくの楽しい旅なのに💦

 

足置き

足置きも使ってみました。この体制でパソコンを触るのがちょうどよかったです。後部座席なので酔いましたけど(笑)

あ、コンセントはありません!必要な方はご注意ください!

 

トイレ付き!

バス旅で一番気になるのが「トイレ」なんです。わたしと同じように、お腹が弱い人も多いのでは?

 

トイレ

バスの進行方向右側にトイレがありました。

電車だとどこかの車両にトイレがあるので便利ですが、バスは基本ありませんもんね。

深夜バスは10数時間バスに乗ることになります。やや値が張っても「トイレ付」の車両を選ぶのが無難でしょう…!

 

末次ゆう
末次ゆう
←緊張するとすぐにお腹が痛くなる人です

 

広島のサービスエリアで途中休憩

萩を出発した後は、湯田温泉や防府など山口県内のバスセンターを通って関西方面へ向かいます。(詳細は後半に記載)

日付がかわる前に、一度サービスエリアで休憩タイムがありました。

 

宮島サービスエリア

広島県廿日市市の「宮島サービスエリア」で休憩。深夜ですが、自販機で飲み物を買えます。

この後、乗客の休憩タイムはありません。トイレと飲み物の購入はここで済ませておきましょう!

 

深夜バス、乗車前に用意しておきたいもの

深夜バスに乗る前に、購入しておきたいもの・人によっては欲しいものを並べておきます。一度お確かめください!

食べもの

事前に夕食を済ませていても、お腹がすくかもしれません。

途中で自由に降りることができないため、パンやおにぎりなど軽食の準備をおすすめします。

腹が減っては、バス内でゆっくり寝ることもできませんしね…!

 

飲みもの

飲みものも必須ですね。特に、バス内は空調が効いて乾燥していることが多いです。

喉が渇いても十分な睡眠を取れません。準備しておきましょう!

 

懐中電灯(アプリでもよい)

0時を超えると、バス内が真っ暗になります。

翌朝に降車する際も薄暗くなっているため、懐中電灯があると便利でした。

とはいっても、わざわざ購入する必要はなし!スマホアプリで十分です。

 

酔い止め(人による)

酔いやすい人は、バックに忍ばせておくといいでしょう。

特にバスは後部座席が酔いやすいといいます。どうしてもひどい方は、乗車前に係りの運転手さんに申し出ておくと、前方座席にしてくれると思います。

 

モバイルバッテリー(人による)

バス内の娯楽は限られてきます。

音楽を聴くにしても、ネットサーフィンをするにしても、現代人にスマートフォンは不可欠。

カルスト号にはコンセントがないため、充電を切らさないためにもモバイルバッテリーを準備してくといいですよ!

末次愛用中→【Anker PowerCore 20100

 



「カルスト号」乗り場と運行時間

カルスト号は、兵庫・大阪・京都と萩を毎日運航しています。時刻表は以下の通り。

京都から萩行き

京都駅八条口
(20:55発)

東梅田(大阪駅前)
(21:50発)

なんばOCAT
(22:10発)

あべの橋
(22:30発)

三宮バスターミナル
(23:25発)

萩から京都行き

萩バスセンター
(19:30発)

大田中央
(20:05発)

山口湯田温泉
(20:35発)

山口米屋町
(20:41発)

防府駅前
(21:15発)

徳山駅前
(21:55発)

熊毛インター
(22:21発)

玖珂インター
(22:34発)

岩国駅前
(23:01発)

大竹インター
(23:15発)

 

防長交通・防長観光バスページ参照

 

「カルスト号」運賃

運賃は以下の通り。(2018年3月2日現在)

 

大人
神戸 Kobe
大阪 Osaka
京都 Kyoto
Hagi Buscenter
片道
9,400
9,800
10,200
往復
17,000
17,700
18,400
大田中央
Otachuou
片道
8,900
9,300
9,800
往復
16,100
16,800
17,700
山口・防府・徳山
Yamaguchi
Hofu・Tokuyama
片道
7,200
8,000
8,500
往復
13,000
14,400
15,300
熊毛・玖珂
Kuga・Kumage
片道
7,000
7,500
8,000
往復
12,600
13,500
14,400
岩国
Iwakuni
片道
6,700
7,200
7,700
往復
12,100
13,000
13,900
大竹
Otake
片道
6,500
6,900
7,500
往復
11,700
12,500
13,500

 

防長交通・防長観光バスページ参照。

運賃は変更になる場合もあるため、必ず予約サイトにてご確認ください!

 

萩って意外とアクセス良好

山陰って、日本でも有数のアクセス不良地帯なんですよね…。JRの本数は少ないし新幹線もない。車で行くにも山越えだし……。

しかし、こんな便利で安い深夜バスもあったんです。わたしも今回調べるまでは知りませんでしたけどね💦

少しハードかもしれませんが、大阪・京都にお住まいの方は、3連休あれば萩へ観光も可能になりますよ!

萩から大阪までのバス予約はこちら!

ABOUT ME
末次 悠
佐賀県出身の22歳。高卒2年目の3月に会社を退社し自転車日本一周の旅へ。放浪しながらブログを書いています。頻繁にくる腹痛が悩み…。