noteも書いています!
社会人の生き方

【賞金170万円】パワプロが仕事になるかも?プロ野球がeスポーツに参入!

これはやばい。

わたしは、『野球』という競技をパワプロというゲームを通じて知りました。これはマジのお話。

それからなんと、高校生のときにはマネージャーとして高校野球に携わるまで好きになってしまう。ゲームがきっかけでこんな体験をしたことがあります。

今回のプロ野球eスポーツ参入もゲームを通じて、野球というものを知ってほしいという狙いがあるようです。

パワプロで飯が食える時代がくるかもしれません。高校にも、ゲーム部とかパワプロ部とかできるかも。

 

eスポーツとは

パワプロeスポーツプロリーグ

eスポーツとは、「エレクトロニック・スポーツ」の略。

日本ではあまりなじみがありませんが、ゲームと一種の競技・スポーツとして捉える際に用いられます。

実際に、ゲームだけで年収1億円稼ぐ選手もいるほど。主に、大会の賞金やスポンサー料が収入源となっています。

詳しくはWikipediaでどうぞ。

 

「パワプロeスポーツリーグ」プロテストの概要

今回のパワプロ・プロリーグ2018は全選手をプロテストにて採用するようです。

 

eスポーツパワプロ

パワプロのオンライン対戦機能を通じて予選を開始。上位に食い込めると、オフライン選考会に出場でき、実技審査と面接審査を経て36人に絞られるとのこと。

参加資格は、『満15歳以上、かつ義務教育課程を修了されている方』に限るそうです。中学生以下の参加はできないようですね。

参加資格をクリアしている方は、PlayStationⓇ4/PlayStationⓇVita版「実況パワフルプロ野球2018」および「実況パワフルプロ野球 チャンピオンシップ2018」の、「チャンピオンシップ」モード内で開催される、「プロテスト オンライン予選」より誰でもエントリー可能。

詳細は公式サイトをご覧ください。

パワプロ・プロリーグ 2018プロテスト

 

賞金

気になる賞金についても触れておきましょう。

 

賞金一覧

実際のプロ野球12球団から3人ずつ指名されていきます。仮にわたしが『ソフトバンクホークス』から指名されたとしましょう。

そして日本シリーズを優勝したら、1,070,000円ゲットできちゃうというわけです。やばい、やばすぎる。

 

賞金一覧

更に、個人部門でも150,000円の賞金が用意されていました。

これらの他に、試合参加費として10,000円が支給されます。

 

e日本シリーズ優勝:¥1,770,000(1チーム3名合計¥5,310,000)
<内訳>
eペナントレース出場(¥70,000)+eリーグ代表決定戦出場(¥50,000)+eリーグ代表決定戦ファイナルステージ出場(¥130,000)+e日本シリーズ出場(¥380,000)+e日本シリーズ優勝(¥1,070,000)+試合出場(7日×¥10,000)

公式に発表されている賞金例。仮に12球団のトップに立てたら170万円もの賞金ゲット。夢がありますね!!

 

みんなもレッツパワプロ!

パワプロのプレイ動画は、ユーチューバーのましゅるむさんが面白いです。ぜひ参考に。

さて、バットは振らなければ当たりません。練習あるのみ。

一昔前なら、「ゲームはするな」なんて言われていましたが、今はゲームで飯が食える時代です。パワプロプロリーグも、これからどんどん大きくなり賞金も増えていくことでしょう。

持ち運び便利なpsvitaで空き時間に技術を磨き、家に帰ったらps4でガッツリ練習しましょう!全国の頂点に立つために。

▼持ち運び便利▼

▼家でガッツリ▼

 

ABOUT ME
末次 悠
佐賀県出身の22歳。高卒2年目の3月に会社を退社し自転車日本一周の旅へ。放浪しながらブログを書いています。頻繁にくる腹痛が悩み…。