ガジェット

フルサイズ単焦点レンズ「SEL28F20」をα6000用に購入しました!

ついに新しいレンズを購入しました!ちょっと前に欲しいレンズをまとめていましたね。

α6000用単焦点レンズの購入検討。フルサイズ用レンズがお得なのか?

2018.01.24

 

購入したのは、フルサイズ用の単焦点レンズ「SEL28F20」です。今後フルサイズ機を買うであろうことを考えると、やっぱりフルサイズ用レンズがいいですね。

それにしても、初の単焦点レンズ。いやー、これはすごい!思わずにやけましたw

長々と話しても仕方ないので、さっそくレビューします(^o^)丿

 

 

単焦点レンズ「SEL28F20」

今回は中古で購入しました。新品との価格差は10000円程度…。これをどうとるかはお任せしますが。

今回は、ちゃんとした評価の高い業者さんということを確認しておいたので、心配はしていませんでした。返品保証も付いていましたしね!ここは重要!

 

開封。じゃーん。

先に言っておきます。レンズに汚れなし、傷もなし。外箱はさすがにへこみがありましたが、気にしないタイプなので問題ありません。

 

別角度からも。

重量はこれでも200gしかなく、軽いです。届いたとき、「これ本当にレンズ?」とつぶやいてしまったほど。

 

スマホで撮影スマホで撮影

α6000に装着してみました。

いや、ナニコレかっこいい。今までのレンズがダサいと言いたいわけではないですけど、やっぱりこれくらい大きいほうが一眼レフカメラらしいです!

では、実際に写真を撮っていきましょう。単焦点らしいところを早く見たい!

 

単焦点レンズ、やっぱいいね

それでは、撮っていきます。

ちょっと焦らしたいので、F値をだんだん絞っていきますね(笑)

 

F8F8

F8はこんな感じ。奥のペンもそれほどぼやけていません。

 

F3.5F3.5

今まで使っていたズームレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」の最小絞りがF3.5でした。

見慣れているボケ方。これでも十分でしょう!

 

F2F2

うん、すごい。未知の世界に足を踏み入れた感覚。

コレ、写真の幅が広がりますね。上手く工夫して綺麗な写真を撮っていきたいものです。これから更に勉強ですな!

 

SEL28F20をα6000用に購入した理由

今回、フルサイズ用単焦点レンズ「SEL28F20」を購入した理由は3つあります。

順番に解説しましょう。

 

レンズ資産になる

冒頭でも話した通り、いずれはフルサイズ機が欲しくなります。間違いありません。

となると、問題はレンズです。カメラ本体のスペックも大切ですが、レンズ次第で写真のレベルは大きく変わるのは残念ながら事実…。

APS-C対応レンズでも使用することはできます。しかし、画素数がガクッと落ちてしまうため、フルサイズ機の能力が半減してしまいます。

それじゃもったいないですし、わたしの性格上、無理してでも新しいレンズを買ってしまうことでしょう。

 

そんなことを考えた時、値段は高いものの、フルサイズ用レンズにしようと確信しました。

 

画角がちょうどいい

わたしはフルサイズ換算で50㎜程度のレンズを考えていました。

この「SEL28F20」は、広角レンズとして販売されています。ただし、α6000はAPS-Cセンサー搭載ため、画角が1.5倍になることを利用しました。

 

フルサイズ換算28㎜のレンズですが、α6000で使用するとフルサイズ換算42㎜になります。

使い勝手の良い50㎜に近く、値段もそこそこ安い。かなり魅力的でした。

 

フルサイズ機で使用した場合、高画質な広角レンズとして使用できます。町や自然などの風景を撮る時に便利ですよね。

新しいカメラを買う頃には、お金はもっと持っているハズなので(笑)

同時に、フルサイズ換算50㎜程度の単焦点レンズを別途購入したいですね(まだまだ先の話)

 

コンバータレンズ2種類に対応している

これは、α6000での使用に直接関係ありません。フルサイズ機で利用するときを考慮しました。

 

魚眼レンズになる(SEL057FEC)、広角レンズになる(SEL075UWC)という2種類のコンバーターレンズに対応しています。

どちらも、2~3万円程度で購入可能。仮にこれから魚眼レンズが欲しくなった場合でも、格安で入手できるのは大きいです。

 

まとめ

ついに交換レンズが3つになりました。

いいレンズは揃ったので、もう言い訳はできませんね…。あとは腕を磨くのみ。

今は口だけですが、とにかく撮りまくって上達していきます。人の作品もどんどん見ていきたいですね!

では(●´∀`)ゞ

【購入したレンズ↓】

 

ソニーα6000を徹底レビューしています。あわせてどうぞ。

あわせて読みたい

ソニーα6000レビュー!ダブルズームレンズキットは勧めません…

ABOUT ME
末次ゆう
佐賀県出身の23歳。月に7万回以上読まれているブログ『厳風~Genfu~』を運営しています。 2年間会社に勤めた後、『自転車で日本一周』を目指し旅立ちましたが、冬場に旅を中断した際、旅よりも大切なことに気づいてしまい、現在は無期限中断中です。その間、ゲストハウスのヘルパーをしたり、すいか援農したり、ドーナツ屋さんを運営したりしています。緊張するとお腹が痛くなるため、人が多いところは苦手。だけど、好き。 末次悠のプロフィール・経歴はこちら!
管理人オススメのモバイルWi-Fiランキング!
どんなときもWiFi
LTE回線、月のデータ容量無制限。日ごとの通信制限もないのに月額4,000円以内と、文字通りの無制限を実現した、現状、コスパ最強のモバイルルーター!クラウドsimを用い、大手3キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)の電波をどれでも使えるので、電波が入るエリアも広い!悩んだらどんなときもWiFiで決まり!
総合評価
月額(契約金) 契約から24カ月間3,759円・以降4,299円(契3,240円)
プラス面 〇データ容量無制限、通信制限なし、大手3社の電波が利用可能、コスパが良い、端末レンタル式
マイナス面 △2年契約で違約金20,520円~10,260円かかる、2年目以降月額が540円上がる

口コミ公式ページ

FUJIWiFi
25GB、50GB、100GB、200GB、無制限の中から好きなプランを選ぶことができる!いつ解約しても違約金がかからないので、気軽に利用可能。一人で利用するなら25GB・2,700円(税込み)がおすすめ。先払いすることでずっと月額料金が安くなる「おまとめプラン」も魅力的!!
総合評価
月額(契約金) 50GBプラン:3,348円 100GBプラン:4,104円 (契2,160円)
プラス面 〇容量ごとのプランがあるのでライトユーザーでも安く利用できる、解約手数料がかからない、おまとめプランでさらに安くなる、端末レンタル式
マイナス面 △使い放題プランが比較的高い

詳細ページ公式ページ

縛りなしWiFi(縛りなしプラン)
「縛りなしプラン」だと、初期費用が無料で契約期間の設定もないため解約しても違約金がかからない。データ通信量も無制限で月額3,564円は業界最安値!ただし、どの端末が届くかわからないうえ、端末弁償金が42,984円とかなり高い。安かろう悪かろうなプラン。とにかく、目先の安さを求める方は良いかも。
総合評価
月額(契約金) 縛りなしプラン:3,564円(契0円)
プラス面 〇契約金・違約金のどちらもかからない、業界最安値
マイナス面 △通信制限が1日3GBなので月換算90GB、端末弁償金が高すぎる(42,984円)

口コミ公式ページ