あくまでブログ

【生存報告】風邪を引いたけど和歌山で元気にやってます!

またしばらくブログを書くことから離れていました。生存報告です。

言い訳になるんですけど、実はここ最近ずっと風邪っぽくてですね……。今優先すべきなのは「みかん収穫」の作業。家に帰ったらブログを書く間もなく早めに休むことに専念していました。

葛根湯

葛根湯を飲んで寝たら治る(笑)

台風被害

休憩時間にスマホで撮影したみかん畑の様子です。

今年は昨年よりもみかんの出来は良いそうなのですが、和歌山に台風が2度も直撃したせいで2割ほど平年よりも少ないとのこと…。残念ですが自然のことなのでどうしようもありません。

実際、台風でみかんの木が1本どこかに飛んで行ったり、根元からひっくり返っている木が何本もありました。

これらは収穫後にロープなどで引っ張りなおして立てるそうですが、やはり状態が酷すぎたら切り倒して新しく植えなおすしかないそうです。

そのみかんの木もなんと2年待ち。広範囲で被害が発生したため、苗木の生産が追い付いていないんだとか。

再来年に木を植えたとしても、実を付けるまで5~7年。もとの立派な大きさになるまでは20年ほどかかるとのことでした。

本当に農業というものは大変なものだと感じます。ついつい、なるべく安いものを買おうとしてしまいますが、農家さんの苦労を考えると店頭の値段でも安すぎるくらいでしょう。

 

いつまで作業になるのか

昨年は11月16日から仕事を始めて、12月21日まで働くことができました。

突如、「戦力外通告」2017年、年末の予定が未定に…。 「明日からもういいよ」 それはいきなりの戦力外通告でした。 (adsbygoogle = wi...

今年は11月17日から仕事を始めているのですが、昨年よりも収穫する畑の面積が小さくなっているようで、あと10日前後で終わってしまうかなという勝手な見積もりを立てています。

ただし、雨が降るとその日は作業ができないため、12月13日に終わることはないでしょう。早くて16日になるのかなと心の準備をしています。

みかんの収穫以外も昨年は別の作業をしたので、そうなる可能性もあります。

個人的には少しでも長くいたいのですが……。まあ、そればかりはどうにもなりません。

 

みかんが終わった後もできればどこかで仕事をしたいな、と考えています。

Facebookでは呼びかけをしてみたので、もし知り合いに人手不足で困っている農家さんがいらっしゃったらお声がけしていただけると嬉しいです!








ABOUT ME
末次 ゆう
佐賀県出身の22歳。中学生の頃から、「能動的な生き方をしたい」と考え会社に雇われる人生に疑問を持っていた。 高卒2年目で会社を退職し『自転車で日本一周』を目指し旅立つ。 冬場に旅を中断した際、旅よりも大切なことに気づいてしまい、現在は無期限中断中。 緊張するとお腹が痛くなるため、人が多いところは苦手。だけど、好き。 末次悠のプロフィール・経歴