萩・阿武を知る

【萩↔阿武町】JR・バスで移動する方法。@道の駅阿武町

萩市街地と阿武町のアクセスについて。

今回は、JRとバスの2通りを写真付きでご案内いたします。

JRとバスの違いは、所要時間と乗り場。

 

※JRの所要時間は、奈古駅まで。バスの所要時間は、道の駅阿武町までをご案内しています。

JRの場合

所要時間は、約16分

運賃は、片道240円

乗り場は、「東萩駅」・「萩駅」

両駅とも、街の中心部からやや離れているため、観光をするには徒歩やバスでの移動が必要。

 

バスの場合

所要時間は、約30分

運賃は、片道390円(道の駅阿武町・奈古駅まで)

乗り場は、「萩バスセンター」

萩市街地の中心部にバスセンターがあるため、移動が少なくラク。東京や大阪までの深夜バスもある。(過去記事:カルスト号レビュー



JRで移動する場合

東萩駅

JRで移動する場合は、「東萩駅」か「萩駅」から『益田・木与方面』の列車に乗車しましょう。

一日9本運行しています。【時刻表はこちらから(Yahoo!路線情報)

一部、東萩駅始発の列車があるため、萩駅からの乗車をお考えの際は注意が必要です。

また、往復される際も、東萩駅終点の列車があるため、萩駅まで行けない可能性があります。

 

山陰本線の汽車

ディーゼルエンジン音が鳴り響く、鮮やかな色が美しい車両です。

 

JR奈古駅

約16分ほどで、阿武町の『奈古駅』へ到着します。

道の駅阿武町までは、ここから徒歩10分。距離にして800mでした。

 

バスで移動する場合

萩バスセンター

バスで移動する場合は、「萩バスセンター」から防長バスにて、阿武町行きバスが運行しています。

バスの運行時刻表は、防長バス発行のPDFをご覧ください。

『萩商工前~萩センター~(中略)~奈古~‥』の欄が、該当時刻表になります。

 

萩亜バスセンターからのアクセス

萩バスセンターにも、運賃表や時刻表があるため、行けば迷うことはありません。

運賃は冒頭でもご案内した通り、390円です。切符は自動券売機で購入するようになっているため、お間違いのないよう、ご購入ください。

 

防長バス

田舎のオンボロローカルバスと思いきや…。黄色と赤のコントラストが素敵な、明るいデザインのピンピカバスでした!

約30分ほどで道の駅阿武町へ到着します。

 

道の駅阿武町『鹿島の湯』

道の駅阿武町温泉

道の駅阿武町には、日帰り500円の温泉『鹿島の湯』が併設されています。

萩市内の温泉は、どこも800円~1000円と高額なので、阿武町でゆっくりするというのもアリですね!

タオルも100円、バスタオルは200円でレンタルできるので、手ぶらでも入浴可能ですよ!!

 

まとめ

JRの場合は、運賃が安くバスの半分の時間で駅までは到着。

バスの場合は、萩の中心部から出発でき、道の駅阿武町までもダイレクトで到着。

 

どちらとも特徴があるアクセス手段になっています。旅のスタイルに合わせてお選びください(^o^)丿

ABOUT ME
末次 ゆう
佐賀県出身の22歳。中学生の頃から、「能動的な生き方をしたい」と考え会社に雇われる人生に疑問を持っていた。 高卒2年目で会社を退職し『自転車で日本一周』を目指し旅立つ。 冬場に旅を中断した際、旅よりも大切なことに気づいてしまい、現在は無期限中断中。 緊張するとお腹が痛くなるため、人が多いところは苦手。だけど、好き。 末次悠のプロフィール・経歴