「yuQuri(ユクリ)」萩バスセンター近くにあるパン屋さん




ゆくり

 

萩バスセンターの近くにあるパン屋さん『yuQuri』に行ってきました。

読み方は「ゆくり」。意味はなんでしょう…?味はもちろんですが、そちらも気になりますね。記事の最後に取り上げています。

 

この日は萩も最高気温-2度と極寒…。ご覧のように、雪が降ってます。

末次ゆう
はやく店内に入って温まりたい(震え声…)

 

yuQuri(ユクリ)萩のパン屋さん

外見

さりげなく、「yuQuri」と書かれた看板が下がっていました。あえて目立たせず、素朴に暖かく。

外見からでも、そんな店主さんの心配りを感じられます。

 

パン一覧

販売中のパンの種類は、全部で20種類にも。どれも美味しそうで迷ってしまいます。

2015年8月にオープンして、現在2年半。ようやく固定のメニューができあがったそうです。

 

それにしても・・

店内にはパンのいい匂いが充満中。ついつい買いすぎてしまいそうですね(笑)

 

あんバターパン

一番人気は、この「あんバターパン」。正直な見た目、ハンバーガーかと思いました(笑)

分厚いバターにたっぷりあんこをのせ、もちもちのパンで包んだyuQuriイチオシのパンです。

連日、すぐに売り切れるのでご注意を!(経験談)

 

ピザパン

もう一つオススメなのは、「モッツァレッラチーズのピザ」。持ってみるとズッシリきます。

とにかくボリューミーで具沢山なピザパン。パンじゃちょっと物足りない、という方には特にオススメです!

 

購入リスト

今回購入したのは、

  • 一番人気「あんバターパン」
  • ボリューミーで、具沢山な「モッツァレッラチーズのピザ」
  • 絶妙な塩加減がたまらない「塩パン」

の3点。どれもすぐに売り切れてしまう大人気商品ばかりをチョイス!

特に、塩パンの塩加減に感動しました。素朴な味わいの生地にジュワっと広がる塩。もう最高。

あんバターパンは、甘すぎないあんこに分厚いバター。この組み合わせがこれまた絶妙。一度は食べて欲しいです。

 

店主、中原昌代さん

中原昌代

店主の「中原昌代(まさよ)」さん。常に穏やかな口調で話され、その声を聞いているとこちらも心が安らぎます。

さっそくですが、ご自身の経緯とyuQuriについてお聞きしました。

 

開店までの経緯

萩市の隣町、長門市で生まれ育った中原さん。

京都のカタログ製作会社に就職しますが、母親のご実家がある故郷、萩へ戻ることに。その後、就職先は障碍者福祉施設。パンとなんのゆかりもないように思えますが、これが分岐点でした。

 

ある時、障害のある方の仕事として自主生産を行うことになります。少しでも楽しく仕事ができるように…。中原さんは考え抜いた末、ある答えをひらめきます。

パンやお菓子を作ろう!

中原さん自身も月に一回、パン教室に通いパンの基礎から技術を勉強。利用者さんにパン作りを教える立場になります。

その日々に不満はありませんでした。

 

ゆくり店内

yuQuriの店内 とてもオシャレ

 

しかしある時、塩満さん(のちのゲストハウスrucoオーナー)を始めとした、萩で独立している方と出会い、自分も独立してみたい。パン作り追求したい。そう考えるように。

一度思い立ったら止まらない中原さん。福祉施設を辞めることを決意し、現在の物件をリノベーション。独立・開業にいたります。

 

人と人が結ぶ縁を大切にしたい

人々が気軽に来れる・集まるパン屋さんを作りたい

 

その強い思いを胸に、今日もパンを作られています。

 

「yuQuri」名前の由来とデザイン

yuquri

「yuQuri」という店名の由来。アルファベットですし、Qですし何か気になります。聞いてみると、やはり深い理由がありました。

 

まずは、「ゆくり」という読み方について。

「ゆかり」という言葉はよく耳にするでしょう。「縁」と書いてゆかりと読みます。

実はコレ、「ゆくり」を変態化した言葉なんです。要は、ゆかりの原型が「ゆくり」という単語。
(参考…ゆくりの意味

プラス、「ゆっくり」という意味も。こちらは発音が似ているのでわかりやすいでしょう。

縁を大切にしたい・ゆっくりして行って、という中原さんの思いを込めて付けられた店名です。

 

こだわりはそれだけではありません。

「K」ではなく「Q」。そして、それが大文字なのにもパン屋さんらしい理由がありました。

Qの部分に「お皿」と「スプーン」を連想させるためにQにしたそう。なるほど、確かにそう見えますよね。

 

ユクリ

そして最後は、yとiの部分。どちらも意図的に「点(円)」で書かれています。

これは、「縁と縁が繋がりますように」という中原さんの思いを込めたデザイン。全てに意味があるのです。

 

2階はイベントスペースにも

イベントスペース

yuQuriの2階はお洒落なイベントスペースになっていました。

たまにゲストさんを呼んで、様々なイベントを開いているとのこと。このような取り組みも積極的に行い、「人と人の縁」を大切にされています。

 

和室

隣には和室も。城下町、萩らしい「和」の心も忘れていません。

 

小和風

リノベーションとは感じられないほどの完成度。この場所で、また新たな人と人が縁でがつながっていくんですね。

この町になくてはならないスペースです。

 

売り切れ…

おっと・・こうやってお話をしている間に、あれだけあった「あんバターパン」が売り切れていました。

オススメの商品を買われる際は、どうぞお早めに。

 

yuQuriの営業時間・住所

営業時間

営業時間

水、木、金、土曜日の11:00~売り切れまで。

日、月、火曜日は定休日。

 

住所・電話番号

住所:山口県萩市唐樋町9(萩バスセンター徒歩1分)

電話番号:0838-21-7789

 

Facebook・ホームページ

※ホームページにて、毎月10箱限定の地方発送受付(yuQuri便)も行われています。

 


ちーだ日本一周広告