「阿武町暮らし支援センターshibano」開所式に行ってきた!

阿武町暮らし支援センターshibano

どうも、先週から阿武町でお世話になっている末次ゆう(@ysgenfu)です。

阿武町と言えば、地域おこしに盛んなことで全国的に有名な町なんですよね。

人口3300人規模の町ですが、「選ばれる町」を作るため、役場住民が一丸となって地域おこしに取り組まれています。

その取り組みの一つである、「暮らし支援センターshibano」の開所式に行ってきました。とてもワクワクする場所が完成しましたよ~!

県庁からの来賓もいらっしゃるなど、期待の大きさも肌で感じました。詳細と式典の様子を現場からどうぞ。

 

旧「奈古薬局」をリノベーション

旧奈古薬局

阿武町には3つの地区があり、今回の舞台は「奈古」という地区。有名な、道の駅阿武町も奈古地区にあたります。

 

奈古薬局の看板

この奈古で昔から営業されていた「奈古薬局」をリノベーション。町の歴史ある景観を守りつつも、新しい風を吹きこめる素晴らしい取り組みと言えますね。

リノベーション中の様子は、『21世紀の暮らし方研究所』というページで記事にされていました。阿武町で行われている地域おこしの様子を、鮮明に知ることができますよ!

関連記事

ラボ15回目:旧奈古薬局の解体ワークショップを行いました-21世紀の暮らし方研究所

 

開所式の様子

では、開所式の様子を写真でどうぞ(^o^)丿

 

阿武町奈古shiBano開所式の様子

shibano前の駐車場を貸し切り、阿武町長・県庁からのご来賓の方々、地元の議員さんなどがご覧のようにズラリといらっしゃいます。

これだけの方が集まるのは、shibanoへの期待の表れでしょう。

あ、shibanoって名前の由来は「薬局時代に経営されていた方の名前が柴野さんだったから」だそう。ちょうど気になっていたところで説明がありました。

町長・役場担当者・祝辞・ご来賓の方々のお話の後、みんなで建物前へ移動。

 

テープカット前待機中

記念式典には欠かせないテープカット。

個人的な意見で申し訳ないけど、生で見るのは初めて☆

 

テープカット後

無事に(?)カット終了!拍手喝采ッ!!

 

餅まきもあったよ!

阿武町の住民が待機しています

無事に式が終わりましたが、地域の方々が集まってきました。なにやら殺気を感じるが‥。

 

もちまき準備中

おっと。祝い事に欠かせない「餅まき」が行われるようです!

そう言えば、餅まきを行わない地域もあるらしいですね。佐賀県はやってますよ~。小さい頃はワクワクして拾っていた記憶があります(‘◇’)ゞ

 

もちを拾う阿武町住民

お、ワクワクしているのは小さい子どもだけじゃないですね!

どちらかというと、おじちゃんおばちゃん方が本気すぎぃ。殺気はこちらから感じたようです!w

 

もちまき、えーい!

小さい子供からご高齢の方まで、幅広い年代の方々が集まって笑える機会。

とても素敵なことだと再認識させられます。

 

高齢者の笑顔

「こっちこっちー!」

みんな、大きな声を出して餅をGETしていきます!私も負けてられないぞ…💦

あ、最後の餅も投げ終わった。。

 

餅を袋に入れた

大量の紅白餅を手に入れてみなさん上機嫌♪

(てか、みんな袋持参してて本気すぎる)

 

阿武町の子供

あまりお餅取れなかったのかな?次があるさ!

 

阿武町暮らし支援センターshibanoの役割

shibanoの前で名刺交換

阿武町暮らし支援センターshibanoの主な役割。それは、

阿武町の玄関口になること

 

奈古の写真

建物内に飾られている写真

町の人々が集まる場所を提供するとともに、他の町からきた人々を阿武町に繋ぎとめる場所をつくる。

その意思が集まり行動し、本日実現しました。もちろん、大切なのはこれからですが!

 

移住者のための朝ご飯会

移住者の受け入れにも積極的な町。イベントなどの様子も写真で見ることができます。

 

祝shibano

町の人々の写真。どれもステキでずっと見ていられます☆

 

1階では団らんとワークショップ。2階では、プログラミング教室が行われていました。

これからも、様々なイベントを企画・実行されていくことでしょう。

 

中から見える風景

shibanoから見える風景。この瞬間にも、新しいツナガリが生まれていました。



まとめ

* 阿武町に新たな情報・交流の拠点が完成しました! 空き家となっていた旧薬局をみんなでリノベーションして完成した、阿武町暮らし支援センター。 その名も『siBano』✨ ネーミングの由来は、薬局時代に住まわれながら経営しておられた方が「柴野さん」であり、地域の方が昔から呼んで来た名前を活かす狙いです。 * そしてここに常駐する「看板娘」が、阿武町出身の吉岡風詩乃(ふしの)さんです! 住まいや仕事の相談窓口でもあり、なんでもない時間のちょっとした話し相手にもなり…素敵な笑顔で迎えて下さいます☺ * これからの阿武町の期待感の象徴となる場であり、今日の模様もいっぱい撮ったのですが、確認すると管理人カメラのデータが破損しているというアクシデント😱 てことで今日現地にいらしていた皆様からの写真でもって、追い追いお伝えしまーす! #田舎暮らし#阿武町#阿武ノーマル#移住#定住 #写真好きな人と繋がりたい#ファインダー越しの私の世界 #Lovers_Nippon#lovers_nippon #team_jp_#team_jp_西 #icu_japan #japan_of_insta

山口県阿武町(あぶちょう)公式アカウントさん(@abutown_official)がシェアした投稿 –

具体的な事業内容としては、

  • 仕事と住まいの情報提供
  • 貸しスペース
  • 貸しキッチン

の3項目が発表されています。詳細はFacebookページをご確認ください。

※ページに「いいね!」をすると最新情報が手に入ります。

 

外の様子はステキ

地元の方々が気軽に集まって団らんできる場所。そして、外からも人が集まれる場所。あなたの町にもありますか?

 

阿武町暮らし支援センターshibanoに問い合わせ