九州地方

【大分県豊後大野市】沈堕の滝(ちんだのたき)|豊後のナイアガラ

沈堕の滝(ちんだの滝)

大分県豊後大野市にある滝の名所、「沈堕の滝」へ行ってきました。

豊後のナイアガラとも呼ばれる沈堕の滝は、横幅なんと97mにもなります。

近くで見るのはもちろん、遠目から見ても圧巻ですよ!!

近くに無料駐車場が整備されているので、車でのアクセスも便利です〇

「奥豊後」と呼ばれるこの地域に行ったら必見の観光地!ぜひ、足を運んでみてください!!

沈堕の滝までのアクセス・駐車場

ちんだの滝駐車場

沈堕の滝は周辺に無料駐車場が整備されているので、車で気軽にアクセスすることができます。

滝に一番近い駐車場はやや狭いので、県道26号線からすぐの場所にある駐車場が確実でオススメです。(写真はそちらです)こちらの駐車場から3分ほど歩くと、滝への道の入り口に到着します。

徒歩の場合は、「豊後清川駅」から3.5kmほど。46分くらいで到着する距離感です。国道502号線は歩道がないので注意してください。

徒歩:JR豊後清川駅から3.5km。46分ほど。

高速道路:大野ICから7.5km。12分ほど。(犬飼ICから無料区間)

▷Googleマップのリンクはこちら

看板

近くに行くと、「沈堕の滝」と書かれた看板が数カ所に設置されているのでわかりやすいです。

トイレあり

トイレ

滝の入り口にある広場に、男女別のトイレがあるのでご安心ください!

 

沈堕の滝へ行ってみた

広場

沈堕の滝の入り口に到着しました。トイレはこちらの左奥にあります。

滝へは中央左側に見える、赤色の鳥居をくぐって近くまで行けますよ!

 

沈堕の滝

沈堕の滝についての説明看板が設置されていました。

十三条の流れを持つ名瀑。雄滝の横幅は97m、高さ17mという迫力満点のスケール!

ちなみに、日本で一番横幅の広い滝は、鹿児島県にある「曽木の滝」のようです。

 

周辺地図

周辺地図も確認しておきましょう。県道26号線側にもフォトスポットがあるようですね。

今回はこの地図を見て、「雌滝⇒雄滝⇒発電所跡」の順で巡ることにしました。

 

神社

滝へ行く前に、杵神社を参拝しました。小さな音ですが、滝の音がここまで聞こえてきます。

 

雌滝

雌滝

神社の裏側に雌滝がっ!

ただ、残念ながらこのアングルでしか見ることができないので、落差や滝の全貌を見ることはできません。

 

雄滝

雄滝

雄滝へ向かうために遊歩道へ出ました。既に奥には滝が見えています!

この位置からでも水の音がよく聞こえます。

 

滝への遊歩道

遊歩道は手すりがしっかりと取り付けられていおり、足場もしっかりしているので、小さなお子様連れでも安心です。実際、この日も子連れのご家族を3組くらい見かけました。

木々に覆われているので途中は滝が全く見えないのですが、音が徐々に大きくなっていきます。話声も聞こえにくい。

そんなかんなで3分もかかることなく「滝見台」へ到着!

 

雄滝

ででん!こちらが幅97mを誇る雄滝!!

 

滝

流れていく水を見ているだけ。でも、それが楽しくて、ただただ時間が過ぎていきます。

 

滝

数えてみたら、本当に十三条ありました。奥の小さな滝も含みます。

 

十三条

思わずため息が出ます。それほど圧巻でした。

少しでも臨場感が伝わるように、動画も撮ってみました(真ん中の再生ボタンを押すとスタートします)

絶えず水が流れ落ちている姿に、ついつい見とれてしまいます。

沈堕発電所跡地

発電所跡

雄滝を見終わったあと、雄滝と雌滝の間にある「沈堕発電所跡地」を散策してみました。

1909年にはこの雄滝を流れる水の力を使って発電していたんだとか。沈堕の滝に流れる水は、日本の近代化にも役立ったわけですね…!

現在では景観を守るために発電所は廃止され、その跡地が近文化遺産に登録されています。

 

降りる

階段を使って少しだけ下に降ります。蛇がいる可能性もあるので、注意しましょう。

 

建物

外壁しか残っていないので、どこに何があったかはわかりません。思ったよりも小さい?

 

滝

発電所から沈堕の滝を見てみると、ちょうど正面から見ることができました。

滝からそこそこ離れてはいますが、さすがの迫力ですね!

 

レンガ

それにしても、建物のレトロ感がたまりません。ただただ、映えます。

 

大野川

こちらの大野川は、このまま40kmの旅を経て別府湾に注ぎ込んでいきます。

 

発電所

最初の広場から少し離れた場所に、水車発電機(水力発電)についての説明板と、実際に発電で利用されていた機械が展示されていました。

 

沈堕の滝の周辺情報

沈堕の滝の周辺情報をご紹介します。

住所 〒879-6423 大分県豊後大野市大野町沈堕 (地図はこちら
駐車場 あり 無料
営業時間 24時間
所要時間 ⌚30分
周辺情報 🗽大分県の観光情報はこちら

🏨周辺のホテル・宿はこちら

🚻広場にトイレあり

📷#沈堕の滝

道の駅きよかわ(4.4km・車6分)

▼車で約12kmの場所に、沈堕の滝よりも大きな滝幅120mを誇る「原尻の滝」があります。道の駅も隣接しているのでアクセス良好。あわせて行くのがオススメです〇

滝
【大分県】原尻の滝へ行ってきた!道の駅隣接でアクセス良好!大分県豊後大野市にる「原尻の滝」に行ってきました! 「日本の滝100選」「大分県百景」にもあげられている名瀑。近くに行くことがあったら必見の観光スポットですし、県外からわざわざ訪れる方も多い観光名所。「道の駅原尻の滝」が隣接しているため、駐車場に困ることもありませんし、道の駅グルメやお買い物を楽しむことも出来ますよ!...

 

ABOUT ME
末次ゆう
佐賀県出身の23歳。月に7万回以上読まれているブログ『厳風~Genfu~』を運営しています。 2年間会社に勤めた後、『自転車で日本一周』を目指し旅立ちましたが、冬場に旅を中断した際、旅よりも大切なことに気づいてしまい、現在は無期限中断中です。その間、ゲストハウスのヘルパーをしたり、すいか援農したり、ドーナツ屋さんを運営したりしています。緊張するとお腹が痛くなるため、人が多いところは苦手。だけど、好き。 末次悠のプロフィール・経歴はこちら!
都道府県別日本一周記事
日本一周 ミスターバイシクルミスターバイシクルのマスターと(^^)

日本一周日記を都道府県別に見る

【北海道地方】北海道
【東北地方】青森 | 秋田 | 岩手 | 山形 | 宮城 | 福島
【関東地方】茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉 | 千葉 | 東京 | 神奈川
【中部地方】新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 山梨 | 長野
【東海地方】静岡 | 岐阜 | 愛知 | 三重
【近畿地方】滋賀 | 京都 | 大阪 | 奈良 | 和歌山 | 兵庫
【中国地方】鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口
【四国地方】徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
【九州地方】福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島
【沖縄地方】沖縄
日本一周準備

日本一周以外の旅行情報はこちら!

北海道地方】【東北地方】【関東地方】【中部地方】【東海地方
近畿地方】【中国地方】【四国地方】【九州地方】【沖縄地方