九州地方

【大分県竹田市】黄牛の滝(あめうしのたき)|滝の音に癒された!

黄牛の滝 アクセスや駐車場

大分県竹田市にある「黄牛の滝(あめうしのたき)」に行ってきました!

滝の真下まで行くことができ、滝を流れ落ちる水を見ていると時間を忘れてしまいそうになりました。

水量が多く、滝に近づくと「ゴォー」という轟音もかなり大きいのですが、それもまた心地よい自然の音色に聞こえ、癒されます。

400mほど離れた場所に専用駐車場とトイレが整備されているので、気軽に行くことができますよ!

末次ゆう
末次ゆう
ちなみに、「黄牛(あめうし)」とは、飴色の毛色の牛のことらしいです。昔は立派な牛として喜ばれたのだとか。縁起のよい名前ですね。

途中から岩場を歩かないといけないため、運動靴やスニーカーで行くようにしましょう。ハイヒールなど、歩きにくい靴は危険です💦

 

黄牛の滝へのアクセス・駐車場

あめうしの滝 駐車場

黄牛の滝は400mほど離れた場所に無料駐車場が整備されているので、車で気軽にアクセスすることができます。

駐車場までの道が一部狭くなっている部分があるので、ご注意ください!

近くに駅はないため、徒歩での訪問は厳しいです。車で訪問するのが基本でしょう。

車(レンタカー):大分駅から60.1km。1時間10分ほど。

高速道路:竹田ICから11.3km。15分ほど。(犬飼ICから無料区間)

▷Googleマップのリンクはこちら

黄牛の滝

駐車場はこちらの看板が目印です。若干、大通りから離れた場所にあり狭いので、安全運転でお願いします!

トイレ完備

トイレ

駐車場には男女別の立派なトイレが完備されています。近くにある稲葉ダムができた時に整備されたもののようです。

 

黄牛の滝まで歩く

入り口

駐車場からは400mほど歩いて黄牛の滝へ向かいます。看板に従って進みましょう!

「黄牛」ということだけあって、牛がモチーフになっていました。

 

滝へ進む

ここから滝まではひたすら下っていきます。蛇がいる可能性もあるので、気をつけてくださいね。

階段注意

階段

3分ほど歩くと、そこそこ急な階段に差し掛かりました。手すりがあるのでしっかり持ちながら降りていきましょう。

 

階段

この階段、訪問した日は朝から晴れていたにも関わらず、水で濡れていたので滑りやすかったです。

濡れている部分は特に慎重に。

 

滝

途中で小さな滝を見つけました。水しぶきがかかってきて気持ちいいです♪

ですが、カメラを首から下げていたため、濡らさないように一苦労でした(笑)

濡らしてはいけないものがある場合は注意しましょうね!

岩場を歩く

岩場を歩く

ここから先は岩場を歩いて滝まで向かうことになります。

本当に危ない場所はコンクリートで舗装されていますが、基本的にどの岩も滑りやすいので慎重に進んでいきましょう。

 

岩場を歩く

狭いところだとこんな感じ。苔は滑るので避けていきましょうね。

さあ、滝までもう少し!音が聞こえてきました!!

 

黄牛の滝へ!

黄牛の滝

黄牛の滝、到着です!

「ゴォー」という轟音がすごい!!

 

黄牛の滝

工事現場や地下鉄のような轟音ですが、こちらは嫌味のない自然が生み出した音。癒されないわけがありません。

 

水の流れ

滝だけでなく、稲葉川を流れる水を見ていても癒されます。

 

あめうしの滝川

360°どこを見てもみどり色が目につきます。

動画も撮ってみました

 

1分ほどの動画を撮ってみました。写真ではこの雰囲気が伝わりにくいので、ぜひ見てみてください!

でもやっぱり、自分の目と耳で体験するのが一番!

阿蘇からでも40分ほどの場所にあるので、観光地の一つとしてご検討ください〇

 

 

黄牛の滝の詳細・周辺情報

黄牛の滝の詳細と周辺情報をまとめます。

住所 〒878-0161 大分県竹田市上坂田 (地図はこちら
駐車場 あり 無料
営業時間 24時間
所要時間 ⌚20分
周辺情報 🗽大分県の観光情報はこちら

🏨周辺のホテル・宿はこちら

🚻駐車場にトイレあり

📷#黄牛の滝

▼車で25分ほどの場所に、滝幅120mを誇る「原尻の滝」があります。道の駅も隣接しているのでアクセス良好。こちらの滝もオススメです〇

滝
【大分県】原尻の滝へ行ってきた!道の駅隣接でアクセス良好!大分県豊後大野市にる「原尻の滝」に行ってきました! 「日本の滝100選」「大分県百景」にもあげられている名瀑。近くに行くことがあったら必見の観光スポットですし、県外からわざわざ訪れる方も多い観光名所。「道の駅原尻の滝」が隣接しているため、駐車場に困ることもありませんし、道の駅グルメやお買い物を楽しむことも出来ますよ!...

▼同じく30分ほどの場所には、「豊後のナイアガラ」と呼ばれている沈堕の滝(ちんだのたき)があります。

沈堕の滝(ちんだの滝)
【大分県豊後大野市】沈堕の滝(ちんだのたき)|豊後のナイアガラ大分県豊後大野市にある滝の名所、「沈堕の滝」へ行ってきました。 豊後のナイアガラとも呼ばれる沈堕の滝は、横幅なんと97mにもなります。 近くで見るのはもちろん、遠目から見ても圧巻ですよ!! 近くに無料駐車場が整備されているので、車でのアクセスも便利です〇 「奥豊後」と呼ばれるこの地域に行ったら必見の観光地!ぜひ、足を運んでみてください!!...
ABOUT ME
末次ゆう
佐賀県出身の23歳。月に7万回以上読まれているブログ『厳風~Genfu~』を運営しています。 2年間会社に勤めた後、『自転車で日本一周』を目指し旅立ちましたが、冬場に旅を中断した際、旅よりも大切なことに気づいてしまい、現在は無期限中断中です。その間、ゲストハウスのヘルパーをしたり、すいか援農したり、ドーナツ屋さんを運営したりしています。緊張するとお腹が痛くなるため、人が多いところは苦手。だけど、好き。 末次悠のプロフィール・経歴はこちら!
都道府県別日本一周記事
日本一周 ミスターバイシクルミスターバイシクルのマスターと(^^)

日本一周日記を都道府県別に見る

【北海道地方】北海道
【東北地方】青森 | 秋田 | 岩手 | 山形 | 宮城 | 福島
【関東地方】茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉 | 千葉 | 東京 | 神奈川
【中部地方】新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 山梨 | 長野
【東海地方】静岡 | 岐阜 | 愛知 | 三重
【近畿地方】滋賀 | 京都 | 大阪 | 奈良 | 和歌山 | 兵庫
【中国地方】鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口
【四国地方】徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
【九州地方】福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島
【沖縄地方】沖縄
日本一周準備

日本一周以外の旅行情報はこちら!

北海道地方】【東北地方】【関東地方】【中部地方】【東海地方
近畿地方】【中国地方】【四国地方】【九州地方】【沖縄地方