コラム

ウィキペディアで暇つぶし!「周辺情報」検索って知っていました?

ウィキペディアで暇つぶし!「周辺情報」検索って知っていました?

誰しも一度は『Wikipedia(ウィキペディア)』を使ったことありますよね?

一度といわず、「何か調べものをするときはとりあえずウィキペディア!」という方も多いでしょう。わたしもその一人です。

そんな便利過ぎるウィキペディアですが、調べものするとき以外にも「暇つぶし」のツールとして優秀なんですよ!

今回は、意外とみなさんが知らない『ウィキペディアの暇つぶし機能』&『賢く暇をつぶせる方法』をご紹介します!!

末次ゆう
末次ゆう
ボーっと過ごしたという虚無感よりも、達成感を得られますよー!
 

トップページには「新しい記事」が表示されている

ウィキペディア

おなじみウィキペディアのメインページ(トップページ)です。

ウィキペディアの記事はGoogle検索にも上位に表示されることが多いので、意外とこのページを開く方も少ないかもしれませんね。

このウィキペディアメイン―ページには、リアルタイムで「新しい記事」が表示されています。

とは言っても、最新の出来事についての記事が並んでいるというわけではなく、『新しく作成された記事』が並んでいるので、過去の内容が多いです。

ちなみに、ウィキペディアを書いている人は「ウィキペディアン」と呼ばれるボランティアの方々なんですよ!

詳しいことは、毎日新聞の記事に漫画で説明してあるので、気になった方はこちらをご覧ください!

ウィキペディアって誰が書いてるの?の巻(https://mainichi.jp/articles/20111220/mul/00m/300/022000c)

次からが本題です!

 

ウィキペディアのメニュー

メニュー

「ウィキペディア」と書かれた画面上部の左側に、漢字の「三」に似たメニューバーがあります。

そちらをタップしてみましょう。

 

メニュー機能メニュー機能

ウィキペディアのメニュー機能が出てきました。

おまかせ表示」と「付近」と書かれた2つの機能が、暇つぶしにもってこいなんですよ!!

 

おまかせ表示で記事をランダム表示

ランダム表示

おまかせ表示」をタップすると、ランダムに記事が表示されます。

今回は『丸亀簡易裁判所』についての記事が表示されましたね。まったく関係ない(笑)

こんな感じでおまかせ表示をタップしまくれば、いずれは自分の興味のありそうな記事にたどり着きます。

どうです?暇なときには使えそうじゃないですか?!

 

「付近」で現在地周辺の記事を表示

show nearby articles

もう一方の「付近」をタップすると、上記の画面が表示されます。

「show nearby articles(和訳:近くの記事を表示)」をさらにタップ。ここでスマートフォンの位置情報をオフにしているとエラーになるのでご注意を。

 

周辺の記事が表示された

数秒後、周辺のウィキペディアに掲載されている記事が表示されました。

先ほどの「おまかせ表示」よりは興味のありそうなタイトルが多いはずです!

この機能、意外なことに旅行先でも使えるので、「どこに行くか迷うな~」と思ったらウィキペディアを開いて周辺の記事を検索してみても面白いですよ!!

 

地元の情報を調べる

みなさん、地元の歴史って詳しくご存知ですか??

意外と知らないことも多いのではないかと思います。学校でも地元の歴史について習うことありませんしね。(小学生の時に少しだけ学ぶ機会はあったかも)

検索窓

ということで、ウィキペディアの検索枠に地元の地名を入れ、地元の歴史や地理・経済や産業について調べてみてはいかがでしょうか?

どこの市町村でも、じっくり読み始めたら20~30分はかかるボリュームがあります。

地元の歴史について知っておくと、また違った目線で日々を過ごせますよ!

 

日本の歴史を調べる

日本の歴史について書いてある記事も面白かったです!

▷日本の歴史(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2

学校で習う以上の歴史が延々と書かれており、さらにわからない言葉が次々と出てくるので、「新しいタブを開いては読んで戻る」を繰り返していました。

暇だなと思ったら、『日本の歴史』について調べるのも楽しいですよ!

 

 

ウィキペディアで暇つぶし・まとめ

ウィキペディアに掲載されている記事数は、2018年3月22日午後8時31分の時点で「110万記事」を突破したそうです。

▷参考:日本語版ウィキペディアが110万記事を達成

もちろん、現在も記事が増え続けており、一生かけても読み切ることはできないでしょうね。

暇な時間にウィキペディアを読むことで、知識も蓄えられ、文章を読むので脳も良い刺激を受けます。

新しい観光地も発見できるので、休みの日にやりたいことが増えるかもしれません!それってステキなことですよね!

ぜひ、暇なときはウィキペディアを開き、記事を読み漁ってみてください。きっと、虚無感ではなく、達成感を得られるはずです!

ABOUT ME
末次ゆう
佐賀県出身の23歳。月に7万回以上読まれているブログ『厳風~Genfu~』を運営しています。 2年間会社に勤めた後、『自転車で日本一周』を目指し旅立ちましたが、冬場に旅を中断した際、旅よりも大切なことに気づいてしまい、現在は無期限中断中です。その間、ゲストハウスのヘルパーをしたり、すいか援農したり、ドーナツ屋さんを運営したりしています。緊張するとお腹が痛くなるため、人が多いところは苦手。だけど、好き。 末次悠のプロフィール・経歴はこちら!
管理人オススメのモバイルWi-Fiランキング!
どんなときもWiFi
LTE回線、月のデータ容量無制限。日ごとの通信制限もないのに月額4,000円以内と、文字通りの無制限を実現した、現状、コスパ最強のモバイルルーター!クラウドsimを用い、大手3キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)の電波をどれでも使えるので、電波が入るエリアも広い!悩んだらどんなときもWiFiで決まり!
総合評価
月額(契約金) 契約から24カ月間3,759円・以降4,299円(契3,240円)
プラス面 〇データ容量無制限、通信制限なし、大手3社の電波が利用可能、コスパが良い、端末レンタル式
マイナス面 △2年契約で違約金20,520円~10,260円かかる、2年目以降月額が540円上がる

口コミ公式ページ

FUJIWiFi
25GB、50GB、100GB、200GB、無制限の中から好きなプランを選ぶことができる!いつ解約しても違約金がかからないので、気軽に利用可能。一人で利用するなら25GB・2,700円(税込み)がおすすめ。先払いすることでずっと月額料金が安くなる「おまとめプラン」も魅力的!!
総合評価
月額(契約金) 50GBプラン:3,348円 100GBプラン:4,104円 (契2,160円)
プラス面 〇容量ごとのプランがあるのでライトユーザーでも安く利用できる、解約手数料がかからない、おまとめプランでさらに安くなる、端末レンタル式
マイナス面 △使い放題プランが比較的高い

詳細ページ公式ページ

縛りなしWiFi(縛りなしプラン)
「縛りなしプラン」だと、初期費用が無料で契約期間の設定もないため解約しても違約金がかからない。データ通信量も無制限で月額3,564円は業界最安値!ただし、どの端末が届くかわからないうえ、端末弁償金が42,984円とかなり高い。安かろう悪かろうなプラン。とにかく、目先の安さを求める方は良いかも。
総合評価
月額(契約金) 縛りなしプラン:3,564円(契0円)
プラス面 〇契約金・違約金のどちらもかからない、業界最安値
マイナス面 △通信制限が1日3GBなので月換算90GB、端末弁償金が高すぎる(42,984円)

口コミ公式ページ