末次の脳内note
コラム

【萩ゲストハウスruco】ヘルパーの日常生活をまとめたよ!

ゲストハウスruco ヘルパー

どうも、放浪ブロガーの末次ゆう(@ysgenfu)です。

1月3日から3月31日まで、『萩ゲストハウスruco』でヘルパーをしていました。

日々、濃い時間を過ごし学ぶことばかり。良い意味でショックを受けまくる日常…。言いたいことはたくさんありますが、今回は3か月の様子を日記としてまとめていきます。

【関連記事】【萩日記】年始から山口県萩市にいます(‘◇’)ゞ

 

ヘルパーの1日

rucoのスタッフルーム3か月寝泊まりをしていたスタッフルーム

ヘルパーとしての仕事は主に、「清掃・ベットメイキング」「宿直」となります。わたし自身、全てが初めてのことでしたが、やり方は優しく教えてくださるので心配はいりませんよ!

朝は、8時に一階のセッティング。9時過ぎから清掃・ベットメイキングに入ります。ゲストさんの数にもよりますが、大体、11時30分~12時過ぎの間に終了。それからはフリー。

夜の宿直は22時から。もちろん、夜は寝られます。大体、0時から1時の間に寝ていました。たま~にゲストさんから問い合わせがあることもあります。ほとんど、鍵ナンバーを忘れたり、タオルの貸し出しについてでした。

22時に戻ればOKですが、わたしはチェックインが始まる16時からrucoへ戻ることが多かったです。

ヘルパーによっては、この間にバイトを入れる人もいるようですし、自身の今後を考えて計画するといいでしょう。ハッキリは言えませんが、おそらくどの時期にも求人はあるかと思われます。

 

ただ、これは実際に思ったことなんですけども…。

夜にバイトを入れてしまうとゲストさんとの交流がしにくいんですよね。ほら、早めに寝る人も多いですから。

これは個人の考え方次第ですけど、単にバイトでお金を稼ぐだけだったら、ヘルパーしなくてもいいんじゃないでしょうか?

それこそ、リゾートバイトでガッツリ稼ぐ方が効率いいですよ。少なくとも、一般的な萩のお店で働くより時給はいいですし。

せっかく、ゲストハウスに長期滞在できるんです。ゲストさんや地元の方々としっかり交流しておきたいところ。

萩にはオモシロイ人がたくさんいらっしゃいます!わたしもまだまだお会いできていない人ばかり。これからも萩にはお世話になるつもりです( `ー´)ノ

rucoヘルパーの1日
  • 9時過ぎから12時ごろまで掃除・ベットメイキング
  • 16時からチェックイン開始(ゲストさんと交流のチャンス!)
  • 22時から宿直(簡易清掃・稀に対応)

 

色んなことがあったよ!(rucoギャラリー)

午後からは、オーナーを始め萩の人々にいろんな場所へ連れて行ってもらいました!

そしていろんなことがありました。ごく一部ですが、写真付きで紹介します。

 

乾杯

防府のウミネコ酒店。地元の人々を繋ぐ貴重な場所。ここに行ってから、地域の見方が変わりました。

 

雪の萩萩市中央公園

そうそう、1月から2月中旬まで萩も寒かったですねー。全国的に見ても、今年は寒かったようです。福井とかやばかった…。

 

松田さん

スタッフの取材もありましたねー。わたしもチラッと出たみたい。前職の方から「見たよ!」と連絡がありました。

 

長門へ

長門へ行ったのも思い出の1ページ。みすゞ通りの「みんなちがってみんないい」、心に響きました。

 

ルコで乾杯

萩の方々とゲストさんの交流。これがゲストハウスの、rucoの魅力なんです。

 

萩ゲストハウスruco

ゲストさんに頼まれて夜のカフェスペースを撮ってみました。腕前関係なく、良い絵になってしまいます。w

 

三千坊お寺でマーケット

近くのお寺『三千坊』さんでは、毎月萩の人々の手によって「お寺でマーケット」が開催されています。似たようなイベントは各地であったとしても、毎月開催は驚きます。

運営されている方々の熱意と努力の賜物です。

【参考記事】【萩イベント情報】三千坊若婦人甘露会「お寺でマーケット」毎月開催!

 

 

だどこやま

萩を一望できる「田床山」へ連れて行ってもらったことも。夜景もオススメされましたが、ヘルパー中には行けませんでした…。いつか絶対に。

 

末次の送別会

3月中旬には、末次の送別会を開いていただきました。全員写っていなくてごめんなさい・・。でも、こんなに集まっていただき、幸せです。

 

桜の季節

そして、春。卒業の季節到来。

 

塩満さんと犬

オーナーの塩満さんと愛犬。秘密の海辺でキャッチボール⚾ナイスボールが多かった!

 

指月山

南明寺から眺める萩の市街地。お城が建っていた「指月山」の存在感を顕著に感じられます。

 

末次めし

最後の1か月半は、毎日夜ご飯を振る舞っていました。これは最後の晩餐。

カルビカレーとケーキ・アジの刺身。あ、もちろんケーキは市販ですよ!w

 

萩ゲストハウスrucoヘルパー募集中!

萩ゲストハウスrucoでは、定期的にヘルパースタッフを募集しています。

詳細はコピペ↓

【ヘルパースタッフ募集!】
ヘルパースタッフとして働ける方を下記条件で募集しています。

◇内容◇
業  務:清掃業務。ベットメイキング
*外国人のゲストさんとコミュニケーションをとる機会があります。必須ではありませんが、英会話できる方が望ましいです。
待  遇:無料で寝床を提供。
     休暇など都度相談にのります。
給  与:お給料は発生いたしません。フリーアコモデーション形態です。(場合により、応相談)
労働時間:約4~5時間
採用人数:1名
その他:ゲストハウスのスタッフルームに住み込みで働いていただきます。

◇応募方法◇
興味のある方は、下記メールアドレス宛にご連絡ください。
メール:hagi@guesthouse-ruco.com
<記載内容>
・お名前
・顔写真(表情がわかる写真。)
・ご連絡先番号
・志望動機
・希望期間(開始日~終了日)
・その他質問等

当ゲストハウスのコンセプトは『人と街とを繋ぐ宿』です。
宿泊者だけでなく、萩の街の人と接する機会、萩の街を見る機会も多くあります。
ゲストハウス開業を考えている方はもちろん、
地方のあり方に興味をお持ちの方、萩市に興味をお持ちの方など
是非お気軽にお問い合わせください。

参照元:ヘルパー募集

「人と街とを繋ぐ宿」、間違いなくrucoの立ち位置はこの言葉通り。毎日、面白いくらい顕著に町とのつながりを感じられます。

rucoに集まってくる人々は、UターンやIターンで移住してきた方。個人でカフェやパン屋・お好み焼き屋などを経営している方。自分の夢に向かって行動中の方々などなど…。本当に個性のある方々ばかりが集まってきます。

日常的に、ブログに書けないような濃い会話もできる。なかなかそんな日常ってないでしょう。

一旦、萩を離れてこの記事を書いているのですが…。ヘルパーをしていた3か月は、とても貴重で勉強になる特別な時間だったと断言できます。

 

ぜひ、少しでも興味のある方は萩へお越しください。特別な時間になることは間違いなしです!

萩ゲストハウスrucoヘルパーに応募する
↑Facebook

または、『hagi@guesthouse-ruco.com』まで

ABOUT ME
末次 ゆう
佐賀県出身の22歳。高卒2年目の3月に会社を退社し自転車日本一周の旅へ。放浪しながらブログを書いています。頻繁にくる腹痛が悩み…。