2018年福岡ソフトバンクホークス開幕スタメン徹底予想!

福岡ヤフオク!ドームライトスタンドより

2017年クライマックスシリーズ@福岡ヤフオク!ドームライトスタンドより

野球がない冬場は1オクターブテンションが下がる末次(@ysgenfu)です。

ようやく本格的にプロ野球の話題が出てきましたね。キャンプも終盤!

これからオープン戦が始まり、開幕に向けて選手の絞り込み&調整が始まります。

ということで、開幕スタメンを考えてみました!後半には、末次ヘッドコーチ流スタメンも☆



キャンプ中盤時点での情報

ホークスの開幕スタメン情報は、結構メディアに取り上げられています。工藤監督がメディア出身なことも関係するんでしょうね。

これまでの情報をまとめると・・

 

スタメンは6人決定済み

スタメン予想!なんて張り切ったタイトルですが、実は6人も決まっちゃっています。ファンとしては嬉しいことなのですが、選手の心境は計り知れません…。

決まっている選手・ポジション

内川聖一(ファースト)

松田宣浩(サード)

今宮健太(ショート)

中村晃(レフト)

柳田悠岐(センター)

アルフレド・デスパイネ(指名打者)

残りの、キャッチャー・セカンド・ライトの3ポジションを争うことになります。

 

開幕投手は千賀滉大

参考記事:ソフトバンク千賀が育成初の開幕投手、工藤監督通達

 

2017年のWBCでは見事に活躍して「世界の千賀」と言われている千賀投手。しかし、開幕投手はメンタル面やこれまでの実績を考慮して選出されるのが普通です。

もちろん、千賀投手も昨年に「勝率第1位」という立派なタイトルを取りました。ただ、それで十分な実績かというとそうではないのがホークス。

 

ダイエー時代からホークス投手陣を引っ張ってきた左腕『和田毅』

昨年の最多勝右腕、安定感抜群の『東浜巨』

 

両名とも、開幕投手にふさわしい存在で予想が難しい面がありました。

しかし、ここで工藤監督は「開幕投手は千賀でいく」と明言。お化けフォークでチームの流れをつくってほしいですね!

 

キャッチャー2名が怪我で離脱(高谷・栗原)

参考記事:ソフトB課題の捕手陣に緊急事態 高谷が関節炎、栗原は脱臼 工藤監督「痛くて仕方ない」

 

間違いなく開幕ベンチ入りだった『高谷裕亮』、期待のホープ『栗原陵矢』の両捕手が怪我で離脱しました。

これで甲斐拓也捕手が正捕手に近づいた、いや、ほぼ決定。

しかし、昨年の実績を考えると不安な面もあります。特にリード面。

千賀・東浜両投手との相性は十分でしょう。昨年も年間通してバッテリーを組んでいました。

一番懸念されるのは、キング・オブ・クローザー『デニス・サファテ』投手との相性。毎回150キロ越えの速球を投げられるとはいえ、配球も大切になってきます。

高谷選手は、選手の意表を突くカウント球にカーブを有効に使ってきた印象が強いです。この辺は、プロ同士なので素人がどうこう言う話じゃないですけどね…💦

 

2018年予想開幕スタメン

それでは、上記の決定事項を含めた2018年開幕予想スタメンを考えました。どうぞ!

2018年開幕予想スタメン

  1. 明石健志 セカンド
  2. 今宮健太 ショート
  3. 柳田悠岐 センター
  4. 内川聖一 ファースト
  5. デスパイネ DH
  6. 中村晃  レフト
  7. 松田宣浩 サード
  8. 福田秀平 ライト
  9. 甲斐拓也 キャッチャー

先発投手ローテ:千賀→東浜→和田→バンデンハーク→武田→中田

控え野手:九鬼(高谷)、本多、川島、西田、上林、吉村

控え投手:石川、森、モイネロ、嘉弥真、岩嵜、サファテ

以上、1軍登録28名

 

1番セカンド

1番の明石選手は、レギュラーというよりは『川島慶三』選手との併用になるでしょう。

相手先発が右なら明石選手、左なら川島選手という感じ。

今年の開幕戦の相手はオリックス・バファローズ。開幕投手の候補は、『金子千尋』『西勇輝』『ブランドン・ディクソン』の3名。全員、右投手です。

よって、明石選手がスタメンと考えます。

 

8番ライト

ライトは最後の最後まで競争が激しいことでしょう。上林、福田、城所、江川、塚田・・他球団ならレギュラーを取れる選手ばかりです。

この中での有望株は間違いなく『上林誠知』選手。日本代表にも選出されました。しかし、ここでは『福田秀平』選手をスタメンに入れます。

キャンプから絶好調ですし、ホークスの課題は「走力」。特に昨年のデータで盗塁数を見ると、今宮選手の15個が最大。福田選手が出塁すると、単独スチールも可能です。

8番に入ることで、二盗→送りバントの流れもできます。ワンアウトランナー3塁、バッター1番。理想的なチャンスメイクを実現できます。

 

9番キャッチャー

正捕手は甲斐選手で間違いないでしょう。甲斐キャノン(バズーカ)の威力は半端じゃありません。肩力だけでお金を取れます。

高谷選手が復帰するまでは、九鬼選手がベンチ入りしそうですね。ただ、復帰後は2軍落ちかも。

キャッチャーは3人体制でいきたいところですが、1軍選手枠を考えると守備要因だけで2人入れるのはもったいない気が。曽根選手が3番手候補か?と一部報道では出ていますけど、私は案外冷ややかな目で見ています。

控え野手

九鬼・・控え捕手要因。ただし、ほとんど試合には出ない。

本多・・代走、守備固め要因。

川島・・対左投手時スタメン、同代打、代走、守備固め要因。

西田・・代打要因。サードでの出場も松田の調子次第であり。

上林・・シーズンが進むにつれ8番ライトに定着する予想。準レギュラー。

吉村・・代打要因。

 

【ベンチ入りの可能性がある野手】※可能性順

城所・・外野守備はチームナンバーワン!ぶっちゃけ、開幕ベンチ入りの可能性は高い。毎年、春から夏にかけて調子が下がるのがネック…。

高田・・本多と変わる可能性中。代走、守備固め要因。

曽根・・やや劣るがセカンド候補の一人。報道通りにキャッチャーもこなせるなら、一気に開幕ベンチはあり得る。

塚田・・昨年、いきなりホームラン。調子次第では代打1番手の可能性も。

江川・・吉村、塚田、西田と勝負になる。代打要因。

牧原・・高田と勝負。外野も守れるのは大きい。

長谷川・・代打枠を吉村、江川と勝負。左で長打を打てる存在は貴重。

グラシエル(外)・・松田が不調になった場合にスタメンの可能性も。外国人枠が埋まっているため、代打要因としてのベンチ入りはないと考える。

真砂・・打力に関しては認められている。ハマればクリーンナップ候補。

川﨑・・活躍できなくてもベンチワーカーとして活躍して欲しい。が、所在不明…。

 

グラシエルは外国人枠に阻まれそうです。

 

投手陣

先発は、『中田賢一』以外確定。和田投手の肩の違和感が懸念材料。

 

石川・・中田次第では先発ローテ入りの可能性大。

森・・不動の中継ぎ投手。

モイネロ・・不動の中継ぎ投手。2年目の今年は勝負どころ。

嘉弥真・・左のワンポイント。右打者も打ちにくそうにしているので、ここ一番では右打者も相手にして欲しい。

岩嵜・・ついに日本代表へ。8回は完全に任せたい。

サファテ・・歴代最強のクローザー。彼が打たれて負けても悔いはなし。

 

【ベンチ入りの可能性がある投手】※可能性順

寺原・・先発、中継ぎ、両方こなせる器用な投手。コントロール難さえなければ。

田中正義・・工藤監督もイチオシの投手。まずは中継ぎから活躍を期待。

飯田・・貴重な、実績のある左腕。先発左腕が和田だけなので、復活を期待。

攝津・・かつての大エース右腕。沢村賞など実績が十分なだけに、もう一度復活して欲しい。

川原(育成)・・育成だが、支配下登録の可能性大。いきなり1軍もありえる。タイプは違うが、嘉弥真と争うことになるだろう。

高橋礼・・球界全体を見ても貴重なアンダースロー。持ち味の内野ゴロを打たせる投球をプロでも活かせるか。

二保・・あえて言えば、森とポジションを争う存在。

笠谷・・昨年は見事な一軍デビュー。調子次第ではベンチ入りの可能性はあるだろう。

 

川原、長谷川宙、両育成左腕投手の話題が増えています。いきなり大活躍はなくとも、ぜひ支配下登録して欲しいですね。

 

末次ヘッドコーチの進言

2017年のクライマックス、日本シリーズは達川光男ヘッドコーチ(元カープ)の進言でオーダーを入れ替え、ドはまりしたということが話題になりましたね。

ということで?末次ヘッドコーチの進言オーダーを考えました。

 

2018年末次ヘッドコーチ進言スタメン

  1. 柳田悠岐 センター
  2. 今宮健太 ショート
  3. 中村晃  レフト
  4. 内川聖一 ファースト
  5. デスパイネ DH
  6. 松田宣浩 サード
  7. 明石健志 セカンド (川島と併用)
  8. 甲斐拓也 キャッチャー
  9. 上林誠知 ライト

先発投手ローテ:千賀→東浜→バンデンハーク→和田→武田→石川

控え野手:九鬼(高谷)、高田、明石、西田、城所、吉村

控え投手:飯田、森、モイネロ、嘉弥真、岩嵜、サファテ

1番、柳田悠岐

一番の注目ポイントは、柳田悠岐を1番で起用する点。

相手先発投手からすれば、いきなりまっさらなマウンドでパワーのある柳田選手に投げるのは並大抵のプレッシャーではないでしょう。

ホームランでなくとも塁に出したら、単独スチールや犠打、エンドランの可能性を考えなければなりません。

素直に送った場合も、ミート力のある中村晃と内川でランナーを返せます。デスパイネの3番も考えましたが、ここは左打者の中村に分があります。引っかけてもランナーを3塁まで進められますからね。

得点圏打率を見ると、デスパイネがはるかに高いので迷いますが…。無駄に逆方向へ意識させて当てるだけになるよりも、5番に置いて思いっきり引っ張って長打を期待したいところです。

 

9番、上林誠知

上林の9番は、横浜DeNAの倉本を意識しました。9番打者が打てるとやはり怖いです。一昔前の金子誠(元ファイターズ)然り。

特に、このオーダーでは1番が恐怖の柳田です。捕手の甲斐よりも塁に出る確率が高い野手が9番に座ることによって、柳田の破壊力はより活かされます!

 

投手陣

先発ローテは、石川投手に任せたいところ。あのパワーカーブはわかっていても打てないでしょう。

しかし、現状をみると左先発投手が和田毅のみ。ここで一気に若手左投手が出てきて欲しいところです。

マスコミのスポットは、育成左腕の『川原』『長谷川宙』に当てられていますね。2軍戦の動画を見ましたが、特に長谷川投手は変化球もキレていて素人目線からでも期待が高まります!

まずは、今年中に支配下登録されるか。将来の投手王国に向けて頑張ってほしいです。

 

飯田投手は中継ぎ要因としてベンチ入りとしています。しかし、ここは石川投手と変則ローテも組めるのかな、と。

 

ホークス投手陣の課題は、〈完投数〉の少なさ。クローザーのサファテ投手が工藤監督に苦言を申し立てたのは記憶に新しいですね。(参考:サヨナラ被弾のサファテ「何か感じて」先発陣に苦言

千賀、東浜、武田の若手投手は完投ペース。和田、バンデンハークは8回目安。石川、飯田、中田、寺原といった中継ぎも兼任する投手は7回目安。これが現実的でしょう。

なんだかんだ言っても、ホークスの中継ぎ陣は鉄壁です。ここで有効に使わなければ、完投しても負けてしまってはいけません。

 

まとめ

ごちゃごちゃと言いたいことが多すぎて長くなってしまいました。以上、末次流の予想スタメン&工藤監督への進言でした。

答え合わせまで約1か月。これ以上けが人もなく、無事に開幕を迎えて欲しいです(っ ` -´ c)





日本一周ブログを応援しています!

いやみブログ広告 ちーだ日本一周広告