事件とか

【北海道美瑛町】ライダーハウス蜂の宿が閉鎖‥

ライダーハウス蜂の宿

Twitter上に急遽、旅人界隈を悲しませる大ニュースが飛び込んできました。

北海道を旅するライダー・チャリダーさんから「北海道三大ライダーハウス」と言われている有名な『ライダーハウス蜂の宿』が急遽閉鎖することに。

わたしも2017年の8月に2泊3日でしたがお世話になりました。本当に悲しいです。

 

旅人はなぜ美瑛に集まるのか?

それは、ライダーハウス蜂の宿があるから。

それは過言ではなく、実際に数多くの旅人が口コミで知り、集い、素敵な出会いに繋がっていました。

そんなライダーハウスが本日付けでいきなり閉鎖。
なんとも言えない虚無感。今年一番のショックです。

あえて過言しているのではなく、これは事実です。実際、わたしも蜂の宿がなかったら美瑛に停滞する予定はありませんでした。

美瑛町は「丘巡り」が有名なのも、実は蜂の宿で仲良くなった旅人さんから聞いて知ったんですよね。翌日はその方々と一緒に巡りました。よき思い出です。

以下、Twitterの埋め込みが多くなりますが、著作権については『Twitterサービス規約』中の「3. 本サービス上のコンテンツ」にありますように、Twitterの埋め込みに関しては問題ないことを確認しております。

ライダーハウス蜂の宿

ライダーハウス蜂の宿は、美瑛町にある「1泊500円」で泊まることができるライダーハウス。

 

しかも、夜にマスターが一人で営業する居酒屋で1500円以上飲み食いしたら宿泊費は無料という神設定。マスターの旅人に対する愛情を感じられる場所でした。

 

ザンギ丼、ボリューム満点で美味しすぎました。

他の旅人さんとお酒を飲んでお話しながらワイワイガヤガヤ。この日は、10人以上旅人が集まっていたので本当に賑やかだったことを覚えています。

https://twitter.com/ysgenfu/status/998571402885132289

しかも、時給1000円~1500円ほどのバイト情報も集まってくるので、蜂の宿を拠点にして毎年稼ぎに来ている方もいるほど。

1泊500円ですから、1カ月15000円でやりくりできますからね……。田舎でもこんな破格の家賃はなかなかないですよ。

こんな感じであまりにも居心地が良すぎることから、『北海道三大沈没スポット』とも呼ばれています。

 

蜂の宿閉鎖の経緯

第三者がとやかく語るものではありませんので、こちらのツイートだけ貼っておきます。

 

ライダーハウスが全てとは言いませんが、消防法や保健所的にグレーゾーンを攻めている建物は存在します。

実際、わたしも有料ライダーハウスに5カ所ほど泊まっていますが、「法令的に布団は貸せない」という感じの場所がありました。

お世辞にも綺麗とは言えませんし、中には知らずに「宿泊施設」と思って泊まられた方もいらっしゃることでしょう。

 

Twitter上の反応

Twitter上の反応を一部、貼り付けていきます。

マスターのツイートから3時間ほどで、リツイート140越え・いいね100越え。それだけ愛されていたことがわかりますね。

まだまだたくさんツイートがありましたが、キリがないのでごめんなさい。

関連ツイートはこちらのリンクから見ることができます!

 

美瑛はいいとこ!

美瑛の思い出の地が一つ無くなってしまいましたが、マスターもおっしゃっているように、美瑛はとても自然がきれいでいいところです!

観光の目玉は何といっても「美瑛の丘めぐり」でしょう。「日本で最も美しい村連合」にも加盟している町。しかも発足は美瑛町なんです。でも、それは伊達ではありません。

 

美瑛の丘全てが見どころですし、「ケンとメリーの木」・「セブンスターの木」・「親子の木」といった、CMで有名な木も風情があって最高ですよ!

お隣の『富良野市』は全国的に有名ですが、美瑛町は知らない方もいらっしゃることでしょう。

 

蜂の宿はもうありませんが、ぜひ観光の選択肢の一つとして検討してみてください!

そして、セイコーマートのペペロンチーノは最高です(←結局こうなる)

ABOUT ME
末次ゆう
佐賀県出身の22歳。 2年間会社に勤めた後、『自転車で日本一周』を目指し旅立つ。 冬場に旅を中断した際、旅よりも大切なことに気づいてしまい、現在は無期限中断中。ゲストハウスのヘルパーをしたり、すいか援農したり、ドーナツ屋さん開いたり。 緊張するとお腹が痛くなるため、人が多いところは苦手。だけど、好き。 末次悠のプロフィール・経歴