日本最北端の地「宗谷岬」到達!【日本一周126日目】

2017.9.7(木)

いつもはカラスに起こされることが多いのですが、今日は聞いたことがない鳴き声に起こされました。

キツネ?リス?それとも・・・クマ?
少しヒヤリとしましたが、恐る恐るテントから顔を出してみると、鹿が3頭こちら側を睨んでいました。

時刻は4時。今日は早起きする予定だったので、問題ありません。むしろ感謝したいですね(*´ω`*)
と言っておく

白い貝殻の道

朝一で向かいたかったのは、最北端宗谷岬ではなく、「白い貝殻の道」と呼ばれる場所です。

実は、美瑛の蜂の宿でお会いしたひっきーさんに「超オススメスポット」と紹介していただきました!

さすがに傾斜がきついので、自転車は麓に置いておきます。全長10kmもあるらしいので、この判断が正解でしょう。

少し進むとご覧の通り、アスファルトではなく白い貝殻で舗装されていました。

遠くに鹿の群れが見えました。写真に写っているのはほんの一部。

10頭以上の群れが、リーダーを先頭にしてものすごいスピードで移動していきます。しかも、その群れが2つも・・・。

この地区は、人間の数より鹿の方が多いなんて地元の方もおっしゃっていますが、間違いではなさそうです。。

丘の真ん中に一本だけ白い道が突っ切っています。車1台分の広さなので、一般車両は進入禁止なのでしょうか?

私が見た限りでは看板などなかったのですが・・・。離合する場所がないですもんね💦

風車は当然ながら人工物。「景観が損なわれる」という理由で反対する人も多いと聞きます。

確かに理解できますが、その逆の効果もあるのではないかと思いますね。

オロロンラインでも「オトンルイ風力発電所」が一つの名所になっています。民家に遠い場所で、特に自然環境にも影響がないのであれば、逆に絶景を生み出すクリーンなエネルギーになります(`・ω・´)

それにしても、すごい数です。

そして、ここから見える景色が何とも幻想的。ここは日本か?と錯覚します。

朝焼けも綺麗ですが、昼間の青空の下歩くのも楽しいことでしょう!思わず寝そべりたくなります!!

知る人ぞ知る北海道の絶景ポイント。ここは本当におすすめです(๑•̀ㅂ•́)و✧

途中、トイレや補給ポイントがないので、しっかり準備して行きましょう☆

最北端「宗谷岬」

それでは、本命の宗谷岬へ向かいましょう( `ー´)ノ

おなじみ、鹿注意の看板。まさか、日本の最北端に鹿がいるなんて・・・。出発する前には考えられません。
何も知らないままここまで来ましたし( ̄ー ̄)

・・

・・・

日本最北端の地「宗谷岬」無事に到着です\(^o^)/

何なのでしょう?最北端に来た事実は間違いないのですが、まだ信じられない感じ。

佐賀からおよそ6200km。我ながらよく走りましたわ。

途中で、ねぶた祭りのために折り返した部分もあり、本当はもっと短かく済んだんですけどね(笑)

近くには綺麗な神社がありました。ここまで無事に来れたお礼を。

旅の定義や道なりは、人それぞれ違って当然ですし、それが旅だと思います。別に、最〇端に行く理由なんてありません。

それでも、最北端に行く人は圧倒的に多いのではないかなと・・・。

宗谷岬から50km北に行くと、樺太に着くわけです。外国が目と鼻の先。孤島「日本」に住んでいると、外国は遠いというイメージがどうしても染みついてしまいますよね。

丘を登ると「宗谷岬公園」があります。

これはあくまで直線距離ですが、東京まで1106kmの標識が。自転車でも「それほど遠くないよな」と感じてしまうようになりました。

宗谷岬公園にも、たくさんのモニュメントがありました。

こちらは「あけぼの象

北海道の牛乳生産量100万トンを突破と、飼育乳牛50万頭突破を記念して建立されたようです。若い男女の力強さを感じられます。

祈りの塔

昭和58年に発生した、大韓航空機撃墜事件被害者を追悼するため。そして、世界平和のために遺族を中心に設立されています

折り鶴がモチーフになっているようですね。

世界平和の鐘

世界に3つの鐘があるそうで、1号鐘が国連本部。2号鐘が宗谷岬。3号鐘が沖縄県石垣島に置いてあります。

国連本部に設置されている鐘が、日本に2つもあるのは何か誇らしい気がしますね。

子育て平和の鐘

こちらは、稚内市民の誠意で行われた「10円玉募金」によって建立されたそうです。

少し奥には、「ゲストハウスアルメリア」というお洒落すぎる建物が。一瞬、ゲストハウスと聞くと宿泊施設と思いがちなのは、我々旅人だけでしょう(笑)

それにしても、この景観にこの建物は反則技です(`・ω・´)

今日は白くもやがかかっていて、樺太が見えませんでした。天気が良い日はここから樺太が見えるようです。

道路沿いのお土産屋さんへ!普段は見るだけなのですが、今日だけは特別です。

日本最北端の地到達証明書」と「宗谷岬ステッカー」を購入!

これだけは旅人には欠かせないアイテムなんです( `ー´)ノ

到達時刻は7:01となっています。朝早くからお店も開いているので助かりますね♪

他にもぶらぶらしていると、時間がどんどん過ぎていきます。朝早いというのに、最北端モニュメントはお客さんだらけ。早起きして大正解でしたね(^^ゞ

最北端食堂で食事をするのも感慨深いものがあるでしょうね。

間宮林蔵」名前すら聞いたことがない方だったので、調べてみました。
樺太が島であることを確認し、間宮海峡(樺太とユーラシア大陸の間)を発見したことで知られているんだとか。江戸時代後期の人物のようです。

何故横を向いているのか気になりましたが・・・。このアングルから見ると、かっこよすぎますわ(*´ڡ`●)

最北端を後に猿払へ向かう

最初の目的地だった、最北端に到達。次の目的地は?と考えてしまいますが、1日1日ゆっくりと進んでいくのが私の旅です。

気の向くまま、直感を頼りに(^^ゞ

宗谷岬を通り過ぎると、またしても自販機一つすらない道路になります。やはり、ある程度の備蓄がないと自転車旅は危険です。徒歩ならなおさら・・・!

見よ!この景色!一つ確認してきますが、これは日本の北海道という場所で撮った写真です。

オロロンラインの景色も確かに素晴らしかったのですが、こちら「オホーツクライン」も素晴らしい!

遂に、日本海でも太平洋でもないオホーツク海へ来てしまったんですね。特に何か変化があるわけではないでしょうけど、海の名称を見ても北へ来たんだなと実感させられます。

これが噂のオホーツク海。カニのイメージが強いのは私だけ?!

ちょっとした山道を越えましたが、道中の路肩にリスがいてビックリ(; ・`д・´)

旭川の公園でも見かけましたが、まさか道路にも出没するとは・・・。北海道は、本州の感覚とやはり違うようです。。(でもリスはかわいい)

インデギルカ号

猿払村へ入りました。カントリーサインが不思議すぎますわ(‘Д’)

猿払村から樺太へ点線が伸びていますし、右側にはエヴァンゲリオンを彷彿とさせる生き物?らしき像が。(個人的な意見・偏見です)

「この町には何があるんだ?」先ほどのカントリーサインを見てしまっては、あれが何なのかを探るしかありません。

答えはすぐにあったようです。国道沿いを進むと、「インデギルカ号遭難者慰霊碑」の文字が。

そして、先ほどの特徴的な像もありました。

インデギルカ号は、旧ソ連(ロシア)の貨客船。途中で暴風雨に見舞われ、ここ猿払村の浅瀬に座礁してしまいます。猿払村の住民総出で救出に当たり、429名もの命を救いましたが、それでも700名以上の死者が出てしまった事故。

その追悼のため、猿払村は1971年にこの慰霊碑を建立し、村のシンボルになったということです。

道の駅さるふつで休憩

向かい側には道の駅さるふつがあります。

・・・ここで足に異変が。最近ずっと違和感を訴えていた左足が、ここで限界を迎えたようです。
歩くのすら痛い。とにかく座って休むしかありませんので、道の駅で休憩することに。

しばらく座っていると歩ける程度には復活しました!

気分転換に「コケモモソフト」をいただきます。

モモという名前ですが、別名は「リンゴベリー」というそうで。確かに甘酸っぱかったです(”ω”)ノ

道の駅で昨日のブログ更新。椅子と机があると気分的にも楽で捗ります。

ただし・・・

ということで、温泉に浸かってライダーハウスで休むことにします。甘えではない。旅のために必要なことだ(`・ω・´)

道の駅に隣接するホテルの温泉は、日帰り300円!これは安くて助かりますねぇヽ(´▽`)/

キャンプ場も道の駅の敷地内にあり、400円と安い値段で泊ることも可能です。道の駅内にコインランドリーもありますし、旅人にはオススメのキャンプ場&道の駅&温泉地でしょう!

さすがはホテルの浴場。300円とは思えない高級な作りです。露天風呂なんかはありませんが、サウナ付大浴場だけで充分!ゆっくり浸かれました。

夕方になり、ライダーハウスへ向かいます。道の駅から2kmと近くて便利です。

牛さんたちもお食事タイムのようですね( ^ω^ )牛乳飲みたいす。。

ライダーハウスやませ

ライダーハウスやませ」へ到着!ここに来る途中、3回はこの看板を見ました。宣伝にも力が入っていますね!

素泊まり1000円でマット&布団付きの部屋に泊ることが可能。療養にはちょうど良いですわ(”◇”)ゞ

今晩は、ライダーさん3人と同じ部屋になりました。隣のバンガローには、大学生チャリダーさんが数名いらっしゃるようです。

札幌在住の方、島根から来られた学生の方、徳島からレンタルバイクで北海道を周っている方。
札幌在住の男性は、今年徒歩で北海道一周されたんだそう。しかも2ヶ月で。すごすぎます!

夜は日付が変わる寸前まで、語っていました。いやー、楽しい\(^o^)/

札幌の方は礼文島、島根の方は知床半島、徳島の方は美瑛(私が蜂の宿を宣伝したため)へ行くとのこと。みんなバラバラなのも面白いですね(笑)

今日のまとめ

しばらく、1日走る距離を減らします。甘えではない(と言い聞かせる)

・翌日朝、ライダーハウスやませにて。

今日のデータ

出発:宗谷公園(北海道稚内市)
到着:ライダーハウスやませ(北海道宗谷郡)
走行距離:44.8km(合計6243.3km
出発&到着時刻:7:30~18:00

家計簿

食費:820円(コケモモソフト310円)(パン、おにぎり)

観光費:380円(最北端到達証明書100円)(宗谷岬ステッカー280円)

入浴費:300円(さるふつ温泉)

洗濯費:200円(ライダーハウスやませ)

宿泊費:1000円(ライダーハウスやませ)

合計2700円

1日1回タップorクリックで応援して欲しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

厳風~Genfu~のブログランキングです。1日1回タップorクリックしていただけると、ポイントが加算され順位が上がります。他の旅人さんのブログも、ぜひご覧ください(๑•̀ㅂ•́)و✧

 







 

たくさんの方に読んでいただきたいです!

関連する人気記事一覧

ABOUTこの記事をかいたのは?

一度きりの人生をアクティブに。21歳。高卒2年目の3月、会社を退社し自転車で日本一周!定義は、全都道府県県庁制覇。相棒はMIYATAのEigerさん【2017年4月24日出発】WordPressで「厳風〜Genfu〜」というブログ書いています。思ったことは何でも書きます!人生楽しく迷子っす(๑•̀ㅂ•́)و✧