美瑛の丘・名木巡りの旅@蜂の宿【日本一周117日目】

Profileこの記事を書いた人

一度きりの人生をアクティブに。21歳。高卒2年目の3月、会社を退社し自転車で日本一周!【2017年4月24日出発】定義は、全都道府県県庁制覇。相棒はMIYATAのEiger・カメラはRX100M3から盗難に遭いα6000を使用。WordPressで「厳風〜Genfu〜」というブログ書いています。思ったことは何でも書きます!人生楽しく迷子っす(๑•̀ㅂ•́)و✧

2017.8.29(火)

今朝は蜂の宿にある電車の中で起床しました。

というか!!起こされたんですよね!例のサイレンに。

 

久しぶりの布団の感覚はたまりませんね( ^ω^ )
小さな旅の博物館では、布団があるのに床で寝てしまいましたし・・・。

とほ宿『小さな旅の博物館』道央のゲストハウスならここで決まり!【日本一周112日目】

2017.08.24

基本は蜂の宿停滞

北海道三大沈没スポットの一つ「蜂の宿
旅人なら必ず訪れるべきと言っても過言ではない場所です!秘密基地的な雰囲気がたまりませんし、隣接するオーナーさんが切り盛りする居酒屋も安くて美味しい!しかも、ボリュームたっぷりなんですヽ(´▽`)/

そして、1500円以上食べたら、宿代500円が無料になるというシステム素敵すぎます(*´ω`*)
居酒屋目当てに沈没する人も後を絶ちません。これは犯罪的なライダーハウスだ。。

その居酒屋の外見もロマンがあります!!

まさかの電車の中が居酒屋なんです( `ー´)ノ

ということで、昼頃までは蜂の宿でゆっくり過ごしていました。久しぶりに3度寝した気がする(ノД`)・゜・。

美瑛の丘、木を巡る!

午後からは、昨日知り合ったチャリダーさん、元チャリダーさんと美瑛の丘&名木を巡る旅へ出発!!

というか、美瑛と言えば丘らしい。そんなことも知らず旅をしていましたからね・・・。

始めは、「ケンとメリーの木

1972年~1977年に、日産のスカイラインのテレビCMに使われたことから有名になったポプラの木です。平日にも関わらず、見に来るお客さんが後を絶ちません。記念写真を撮るのも一苦労です(笑)

・・・

真ん中の「ひっきーさん」は八戸出身の日本一周チャリダー。本州・九州も終わり、残り一カ月ほどの旅です。各地の絶景スポットを周られています。北海道の見どころもライダーハウスなどで積極的に仕入れられているので、マイナーな絶景スポットも詳しいお方。私も色々教えていただきました!!

隣の「もゆさん」は埼玉出身のチャリダー&ライダー。現在は大阪で働かれていますが、長期休暇が取れたため思い出深き蜂の宿へ来られた、何ともフットワークの軽いお方。4年前に北海道を自転車で一周。その他、車を始めとした色々な手段で日本を旅されていたんだそう。チャリダー目線でも会話が出来て、ライダーさんとも深くバイクについて語れる。羨ましいです(*’▽’)

お昼過ぎていたので、一旦お食事タイム♪

よくもコイツは飽きないなと言わんばかりの、恒例セコマ飯。

ぺペロンチーノと焼きうどんという味のあるバッテリーで、日替わりのおにぎりを迎え撃つスタンスです(”ω”)ノ

北海道へ行ったらこれを試して欲しい!コンビニの革命はセイコーマートから起きていくと信じています(笑)

絶賛曇り空な天気が少し残念ですが、見渡す限りの絶景でございます!!

ここ「美瑛町」は、「日本で最も美しい村連合」にも加盟している町。発足もここ美瑛町からとなっているほど、全国でも有数な絶景が見られる町。

富良野市と美瑛を周る観光バスが多く、外国人観光客も多いようです。
有名なスポットのほとんどが、丘や丘の上にある木のため、車やバスで周る人がほとんど。
私たちのように自転車で(しかも旅装備積載)周るのは、クレイジーだと言われそうですね(笑)

丘の上はそこそこ標高があるため、飛行機が下から上ってくるという奇妙な光景も目にすることが出来ました( ^ω^ )

親子の木、マイルドセブン・・・

エネルギーを補給したところで後半戦!雨が心配なところですが、晴れ女なもゆさんがいらっしゃるので安心です(^o^)丿

なかなかの傾斜。ギアを落としても、なかなか辛いものです。。

しかし、丘の上には見たことのない絶景が広がっいる。そう思うと、自転車を漕ぐ脚も楽に感じてきます!

親子の木を撮影・・・するひっきさんを撮影。

広大な自然に思わずはしゃぎたくなる気持ちはわかりますが、道路以外全て私有地。特に農園が多いため、絶対に立ち入り禁止です!

年々、規則を破る観光客が後を絶たないらしく、徐々に規制が厳しくなっています。これは本当に悲しいこと。

ただの木と思えばそこまでですが、テレビCMやたばこなどのパッケージに使われたとあって、知っている人からすると『聖地』となりうるわけです。

途中の路上販売でトマトをゲット!こういう地元の食材が、安くて美味しいんだとか。

たまに見かけますが、買ったことがありませんでした(`・ω・´)

名もなき丘にて、某大人気アニメを真似する。

アップでパシャリ。三脚が車に煽られて、ヒヤリ。。

もうカメラは壊せません。そして、盗らせません。

詳しく知りたい

【速報】札幌でカメラを盗まれたので、新規でカメラを購入します。

牧場を発見。みなさんだらけたご様子。この曇り空では仕方ありませんね(‘Д’)

いつも美味しい牛乳をありがとう。

たばこでおなじみ『マイルドセブンの丘

今はメビウスに名称変更されているらしいです。それでも人は多いんですねー。

白黒も似合いますな(*´ڡ`●)

まさに美瑛時間が流れております。

撮る人を撮るの巻。こっちも面白い。

自転車もたまには撮ってあげましょうね( `ー´)ノ

人の自転車を見るのは楽しいです!装備品やら積載方やら勉強になります。

羊も発見!本当に群れるんですね(笑)

人に慣れていないようで、すぐに逃げられました。動物を観察するのも面白いですねー!

蜂宿帰宅

ということで、晴れ女なもゆさんのおかげで雨に降られることなく蜂宿へ帰宅することが出来ました!!

もゆさんが乗っていた自転車がパンクしたため、サクッと修理。・・・実は1時間近くかかったなんて言えない(小声)

蜂宿ではオーナーさんとライダーさんで麻雀大会が行われているようですね(`・ω・´)

駅前で売っていた「ピュアホワイト

白いトウモロコシですが、とにかく甘い!そして、生でも食べられるんだとか。

お土産屋さんでは500円というお値段で売ってあり手が出ませんでしたが、駅前の直売店では250円。そして、ひっきーさんの交渉のおかげで100円という驚きの値段で売ってくださりました\(^o^)/

ひっきーさんから奢ってもらいました。ありがとうございます!!

人生初のピュアホワイト。甘い!甘すぎる!
昨日、道路上に現れた女神様からトウモロコシをいただきましたが、さすがにピュアホワイト。一味違います!

北海道へ行ったら是非お召し上がりください!

美瑛神社

蜂の宿の目の前には神社があります。ひっきーさんの提案により、3人で参拝することに。

これまで北海道の神社を覗いてきましたが、ここまで立派な神社は初めてです。
まさか美瑛にこんな神社があったとは・・・!

恐らく穴場だと思います。

ここまで安全に来られたことに感謝。そして、素晴らしい出会いに感謝です。

美瑛町は本当に綺麗な町。それも造った綺麗さではなく、自然を必死に守った「綺麗」だと感じました。

アポロを食べたくなりますねぇ。・・・失礼かな(笑)

蜂の宿居酒屋

一通り見て帰宅!とは言っても、徒歩1分ですが(笑)

居酒屋の開店が18時からのため、しばらくグダグダ過ごします。これも蜂の宿だと有意義な時間に思えてくるから不思議です。

夜は居酒屋で罰ゲーム式のジェンガ(; ・`д・´)
抜いたジェンガの指示に従うんですが・・・。指示が鬼畜すぎぃ!

全員からキスをされる」「半年髪を切らない」なんて、完全に合コンネタですわ!!

あまりにも指示がブラックすぎて、途中でルール変更する始末(笑)

今日も1500円分食べるべく、たくさんの料理を頼みました!
ぶっちゃけ、一人で1500円分食べるのは大変です。みんなでシェアしないと!!

日替わりのチャーハン!日替わりどころか、一品ごとに違うらしい。

今回のチャーハンは、常連の方でも見たことがないらしく、みんなで撮影タイムとなりました(笑)

楽しい時間は早く過ぎていくもので・・・。今日もゆっくりおやすみなさい。

今日のまとめ

蜂宿での出会いがなければ、美瑛の丘を見ることなく進んでいたと思います。

誰かと一緒に行動、思い出を共有することこそ旅の醍醐味。久しぶりに思い出しました。

・2日後昼、イオンモール旭川駅前店にて。

今日のデータ

出発:蜂の宿(北海道川上郡美瑛町)
到着:蜂の宿(北海道川上郡美瑛町)
走行距離:24.0km(合計5808.3km)
出発&到着時刻:12:00~17:00

家計簿

食費:2023円(蜂の宿居酒屋1580円)(ペペロンチーノ、焼きうどん、おにぎり、カツゲン)

宿泊費:0円(蜂の宿居酒屋特典)

合計:2023円

1日1回タップorクリックで応援!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

厳風~Genfu~のブログランキングです。1日1回タップorクリックしていただけると、ブログの順位が上がります。他の旅人さんのブログもこちらから!

 







 

たくさんの方に読んでいただきたいです!

関連する人気記事一覧

2 件のコメント

  • 皆さん「拓真館」には行かれていないのかな?
    「拓真館」は世界的に有名な風景写真家の前田真三氏(故人)が、美瑛や富良野周辺で撮りためた写真のギャラリー。美瑛がこれほど有名になったのは前田氏の影響でもあります。
    館内には素晴らしい美瑛の風景がいっぱい。誰もがカメラを新調してまた美瑛に来たくなります。

    美瑛の裏情報。有名な「親子の木」ですが、実は「家族の木」もあります。木の種類は白樺で配置も小さいのを真ん中に背丈の違う木が3本並んでいます。場所は拓真館から南東に数キロ離れた丘の上。探してみてください。

    蜂の宿から程近いところに「藤野」という地区があります。ここは町の観光マップにも載っていない場所。砂利道がほとんどなので自転車は難しいかもですが、観光客やカメラマンも皆無。みんなの知らない美瑛が撮れるかも。

    • 「拓真館」聞いたことがありませんでした。
      それほど素晴らしい場所があったとは・・・!少し後悔が残ります

      社会人に戻ってからも休日を利用して北海道へ来られたもゆさん同様、フットワーク軽く北海道を楽しんでいきたいと思います( ^ω^ )

  • コメント欄