雑記

【詐欺】「あなたのAmazonアカウントはセキュリティ上の理由で中断されました」というメールに注意!no-reply@accounts.google.com

ページ内に広告を含む場合があります

みなさんのメールフォルダーに迷惑メールは届いていますか?

わたしも毎日3件以上の迷惑メールが届いていますが、基本的に自動でスパムフォルダーに入るのであまり気にしていません。

しかし、先日以下のようなAmazonを装ったメールが届き、スパムフォルダーをスルー。危うくリンクをクリックしそうになりました。冷静に見てみると明らかな詐欺メールなので注意してください!

Amazon詐欺メール

あなたのアカウントは停止されました

こんにちは、(わたしのメールアドレス)

誰かがあなたのamazonアカウントで他のデバイスから購入しようとしました。そうでなければ、Amazonの保護におけるセキュリティと整合性の問題により、セキュリティ上の理由からアカウントがロックされます。

アカウントを引き続き使用するには、24時間前に情報を更新することをお勧めします。それ以外の場合、あなたのアカウントは永久ロック.

【確認用アカウント】←絶対に押してはいけないボタン

宜しくお願いします
Amazon Protection

まず初めに、「Amazon」のロゴが本物と全く同じだったので、パッと見て本当にAmazonから送られてきたメールかとヒヤッとしました。

ただ、漢字とひらがなの使い分けと文脈が絶妙なので、日本語には違和感がありますね。

それだけでは詐欺メールという確証は持ちにくいかもしれませんが、送信先のメールアドレスを見てください。

詐欺メールのアドレス

no-reply@accounts.google.com

というGoogleの名前が入ったメールアドレスから送信されています。Amazonほどの大企業ならフリーメールなど使うはずがありません。

ちなみに、@(アットマーク)よりも左側の文字列は自由に設定しやすい部分なので、ここにAmazonという文字が入っていたとしても全く信頼性はないのでご注意ください!

例えば、個人でYahoo!メールを契約して〈amazon@yahoo.co.jp〉というメールアドレスを登録するのはかなり簡単です。先客がいなければすぐに使い始めることができます。

 

それでは実際に、Amazonから届いた2種類のメールを見てみましょう。

 

おすすめ商品

こちらは、Amazonから定期的に配信されるオススメ商品のメールマガジンです。しっかりと、≪vfe-campaign-response@amazon.co.jp≫というAmazonの名前が入ったメールアドレスを使用しています。

 

Amazonから届くメール

こちらは、Amazonで実際に買い物したときに送られてくる荷物到着予定を知らせるメールです。実際に頼んだものが記載されているので信ぴょう性があります。

送信先メールアドレスは≪shipment-tracking@amazon.co.jp≫ということで、しっかりとAmazonの名前が入ったメールアドレスを使用しています。

このように、Amazon公式から送られてくるメールは全て、@(アットマーク)以降が『amazon.co.jp』という文字列から送られてきます。

それ以外のメールアドレスからAmazonの名前を使ったメールが届くのであれば、100%詐欺だと言えますね。「おかしいな?」と思ったら、まずは送信元のメールアドレスを見てみましょう!

そして、単純に「from」に表示されている名前だけでは判断できません。この表示名も設定すれば簡単に変えられるので、いくらでもなりすまし可能なんです。まったく信用できません!!

 

どうやら、この詐欺メールの目的は【確認用アカウント】のボタンをクリックさせ、リンク先まで訪問させることのようです。

リンクだけは絶対に押さないようにしてください!!(ダチョウ倶●部ではなくて真顔)

ABOUT ME
すえぽん
会社員を辞めて自転車で旅に出たのち、ブロガーや農業バイト・ライター生活して早5年。大分県佐伯市ではドーナツ屋を開業していました。趣味は写真撮影・文章を書くこと・長距離ドライブ。座右の銘は「明日は我が身」
次のおすすめ記事