釧路湿原でタンチョウの恩返し【日本一周145日目】

2017.9.26(火)

昨日の夜は、ソフトクリームを3杯食べ、たまたま夢中になった漫画を3冊読んだところで寝落ちしていました。少しでも食べ物で取り返さないと、気がすみませんからね(笑)

朝は快活CLUBからスタート!昨晩も霧が目立ちましたが、朝になると一段と濃くなっていました。

自転車もびしょ濡れ。この状況でテント泊は嫌ですね・・・(;´・ω・)

イオン偵察

近くの公園で恒例の食パンを食べ、ラジオ体操をしているおじいさん・おばあさん方をボーっと眺めていました。

「今日は何しようか?」

とりあえず停滞なのですが、こんな晴れた日に一日籠るのは罪悪感があります(`・ω・´)

公園でボーっとしている間に霧が晴れました!うーむ、もったいないほどの快晴ではないか(; ・`д・´)

・・・インターネットで近くの観光地を探してみると、「釧路湿原」なる場所を発見!自然とも増え有れる場所のようですし、晴れている日にはピッタリな場所ですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

そして、今日の停滞場所として睨んでいた「イオンモール釧路昭和店」を偵察(笑)

昨日お世話になった「イオンモール釧路店」よりも大きい!そして、無料Wi-Fi有り!ここなら半日はつぶせそうです☆

イオンにこだわる必要もないんですけどねぇ。

シカだけでなく、鳥にも注意しろとな。あ、危ないぜ北海道(”Д”)

釧路湿原を見渡す展望台!

12キロほど走り、釧路湿原展望台へ到着!

愛とロマンの・・・と脳内変換をしていました。「霧とロマンの街釧路」のようです( `ー´)ノ

この展望台から、釧路湿原を見渡せるみたい。有料のようですが、この場所以外に一帯を見渡せる場所もありません。

470円支払って、チケットを購入。展望台へ向かいます。

その前に、2階の展示室へ。「知る」ことが先でしょう( ^ω^ )

この釧路湿原では、「タンチョウ」と呼ばれるツルの仲間を見ることが出来るようです。

漢字で書くと、「丹頂」
ツルの仲間と書きましたが、日本昔話に出てくる鶴はタンチョウのことなんだとか。

だから、『鶴の恩返し』の正式名称は、「丹頂の恩返し」なのでは?なーんて、ひねくれものの私は思うわけであります( ̄ー ̄)どうでもいいね。

一時は、絶滅の危険もあったそうですが、1970年代から再び増加傾向にあるんだとか。その理由は分かっていないそうです。

ぜひ、実物を見てみたいですよね!

ちなみに、タンチョウは冬場に釧路湿原で越冬するため、それ以外の季節では見ることが出来ません。調べてみると、それ以外の季節はロシアにいるようです。

そして、伝説の魚も生息しているそうな。「イトウ」という、魚の名前らしくない魚。北海道だけに生息しているそうです。

こちらが、伊藤さん。ではなく、イトウ。大きさ2mのイトウが捕獲されたという伝説が残っているらしく、展示されている模型の大きさはその言い伝え通りの大きさです。

これは、いくら何でも大きすぎませんかねぇ(”◇”)ゞ

そんな伝説の魚ですが、展示室の水槽で堂々と泳いでいます!

確かに、他の魚より二回りは大きい!!存在感抜群ですが、本人はかなり臆病な性格で、普段は気の後ろなどに隠れて過ごすんだとか。ガンバレ!!

これが2mになるのかな?伝説ではなく、誰かに釣りあげてもらいたいところです(^o^)丿

屋上の展望台から見た景色。もやがかかっていて、絶景とは言い難いかも。

確かに、これが湿原なんだろうな程度は理解できますが、うーむ・・・。

これに470円というお金をかけられるかというと、話は別ですな。曇っていたという補正もありますが。

360°のうち、湿原らしいものが見える範囲は約90°ほど。それも遠くにうっすらと見えるだけです。

後は道路や森だけですし、そこまで高くもなく絶景という感じもなし。個人的にはこの展望台、久しぶりのガッカリスポットでした。

悪気はないんですけどね。湿原を守るための募金と思えば大丈夫!!

釧路湿原散策路

このままでは、釧路湿原に悪いので、散策路を歩くことに。もちろん、無料です( `ー´)ノ

途中までは車いすも通れるよう、木の板でフラットな設計をしてあります。これは嬉しいですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

ひたすら森の中を歩けますし、マイナスイオンも感じられます☆

北斗展望台園地へ着きました。ここからの方が、よりハッキリと湿原を見渡せますよ!

大昔は乾いた陸地だった場所が、気温の変化により海面も変化。2~3mの変化らしいのですが、それによってこのような湿った土地が出来あがったそうです。

現在、地球温暖化の影響で海面上昇が危惧されています。もしかすると、この湿原も海になってしまうの可能性が・・・。たった2,3mですが、自然界のスケールで見ると、大きすぎる変化のようですね。

1935年には、タンチョウの繁殖地として「天然記念物」になっています。その後、1952年には釧路のタンチョウ及びその繁殖地として「特別天然記念物」に指定変更。

それまでは、農地へ開拓するという話もあったようですが、現在は保全を優先して取り組まれています。危うく、また一つ生き物の住処が奪われるところでした。

佐渡のトキを思い出します。

あわせて読みたい

【日本一周60日目】『トキの森公園』でトキが絶滅した理由を学びショックを受けた

環境破壊は許されません。

パノラマ撮影も試みましたが、ブログだと見にくいですね・・・。スマホだとなおさらです。

さすがは北海道スケール!どこまでも自然に包まれています。

遠くには、知床半島の手前にある斜里岳も見えました!!

グラグラ揺れるつり橋を渡らせられました。恋人と行けば、「つり橋効果」が期待できそうです( ..)φメモメモ

つり橋の上から写真をパシャリ。深い深い森の中。けもの道を渡ってみたいという好奇心もありますが、度胸がありませんので(笑)

・・・おばちゃん、遊びで揺らさないで( ̄ー ̄)

つり橋の後は、ひたすら階段を上らされます。

えー、ぶっちゃけ、普段から自転車を漕いでいるヘタレチャリダーでもなかなかきつかったです。老人会の方と思われるグループとも出会いましたが、この階段になかなか苦戦されていました。

散策される際は、ちょっとした覚悟が必要かと。

なんと、ゴール寸前にこんな看板がっ(^▽^;)

ヒグマが出たんかいっ!

ひとりでの遊歩道の散策は避けてください」とのこと。すれ違う方々が熊鈴を鳴らしていたのは聞こえていたのですが、こういう看板があったからなんですね💦

この散策路は2.5km程度の円形になっているのですが、私は時計回りでスタートしました。このような看板がなかったことから、本来は反時計回りが推奨なのでしょう。

ま、人がいっぱいいたから助かったんだな(´・ω・`)

釧路サイクリングロード

帰りは、湿原へ向かっている最中に見つけたサイクリングロードへ!

市街地まで続いているようで、歩行者の方も結構見かけました。

気持ちいいですねー!最高だ\(^o^)/

サイクリングロードを突っ走り、朝のうちに目を付けていたイオンへ向かいます。

イオン停滞

イオン内のお店を一通り見た後は、ベンチに座ってブログを書いていました。

いや、もっと観光しようと思えば出来るのは間違いないのですが。なんというか、ねぇ(言い訳に困る)

女性の店員さんに察され、バナナとパンをいただいてしまいました!

更にイオンびいきになりそう(笑)

ありがとうございます!!

この後は、本屋さんで数冊立ち読みしていました。特に、資格関係の本。そして、カメラ本。ガジェット関係の本などなど。

興味のあることは、全力で取り組みたいですね。英語もその一つ。壁は厚いぜ( ˘•ω•˘ )

夜の半額セールまで粘り、朝のうちに目を付けていた公園でおやすみなさい。

今日のまとめ

モバイルバッテリーを早いうちに購入したいところですが・・・。

今のところ、⑤なんてどうかなと思っています( ^ω^ )

モバイルバッテリー5選!長旅におすすめなのはACコンセント付き?

2017.09.26

・翌日夕方、マクドナルド釧路貝塚通り店にて。

今日のデータ

出発:快活CLUB釧路木場店(北海道釧路郡)
到着:柳町公園(北海道釧路市)
走行距離:35.0km(合計6908.5km
出発&到着時刻:6:00~22:00

家計簿

食費:1686円(パン大量、巻き寿司、飲料、野菜ジュース、ピルクル、アイス、ソーセージ)

観光費:470円(釧路湿原展望台)

宿泊費:1543円(快活CLUB釧路木場店)

合計3699円

1日1回タップorクリックで応援して欲しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

厳風~Genfu~のブログランキングです。1日1回タップorクリックしていただけると、ポイントが加算され順位が上がります。他の旅人さんのブログも、ぜひご覧ください(๑•̀ㅂ•́)و✧

 







 

たくさんの方に読んでいただきたいです!

2 件のコメント

  • 「イトウ」はね、むかーし、「釣りキチ三平」というので、読んだことがあるよ。幻の魚だったはず。釧路湿原は、内田康夫の「釧路湿原殺人事件」で読んだよ。野田圭祐というカヌーイストがいてね。カヌーで釧路川を下る写真エッセイ集を読んだことがあるよ。釧路川には丹頂のねぐらになっているところがあって、冬になると川から湯気が立ち上る中に丹頂が立っているのが、カメラマンには有名なシーンです。それまでいたら凍死の危険があるね。頑張って。

    • 遅くなりました。
      昨日、「イトウ」を狙って旅をされている釣り人さんにお聞きしました。
      伝説の魚・・・。釣ってもすぐにリリースし、来年さらに大きくなってくれていることを願うそうです。
      北海道の寒さは、日に日に厳しくなってきています。真冬にも数人チャリダーさんがくるそうですが・・・。
      私には信じられません(;´・ω・)

  • 関連する人気記事一覧

    ABOUTこの記事をかいたのは?

    一度きりの人生をアクティブに。21歳。高卒2年目の3月、会社を退社し自転車で日本一周!定義は、全都道府県県庁制覇。相棒はMIYATAのEigerさん【2017年4月24日出発】WordPressで「厳風〜Genfu〜」というブログ書いています。思ったことは何でも書きます!人生楽しく迷子っす(๑•̀ㅂ•́)و✧