沖縄地方(離島含)

古宇利島てぃーぬ浜のハートロック「絶景駐車場」は300円

古宇利島をレンタカーで一周していると、「ハートのエンジェル絶景駐車場」と書かれた看板が目につきました。

 

絶景駐車場

特に下調べもしていなかったため、ハートのエンジェルとは何なのかも調べずに看板の差す方向へ行ってみることに。

ちなみに、今回の駐車場はハートロック付近の駐車場では一番値段が高いようです。

付近には、無料から300円までの幅があるので、お金をかけたくない方は事前に調べておきましょう!(その代わり遠くなります)

駐車場は300円

駐車場まではすれ違いが厳しそうな細い道になっていました。対向車が来ないか心配でしたが、後から確認すると一方通行になっていたのでそこは問題ないようです。

それでも慎重に進みましょう。

駐車場

駐車場へ近づくと、「300円」と書かれた小さな看板が目につきました。

これまでの看板には一切料金が書かれていなかったので、無料なのかなとちょっとした期待もありましたが、まあ観光地ですから仕方ありませんね。

まだこの位の額なので問題ないとしても、1000円とかだったらUターンします(笑)

お金を渡すと駐車する位置を指定されるので、指示通りに停めましょう。駐車場は広いので停めにくいということはありません。

 

トイレやアイスクリーム屋

トイレ

駐車場には男女別のトイレと手洗い場・足洗い場がありました。ここで小休憩できそうですね。

アイスクリーム

また、かき氷やブルーシールアイスクリームのお店もありました。10月も後半というのに、沖縄は本当に暑いです……。

アイスがよく売れていましたよ!

 

ハートのエンジェル

ハート

駐車場への看板に書いてあった「ハートのエンジェル」とはこれのことらしいです。

このハートの中に入ってカップルで写真を撮るのでしょうか?わたしが行ったときは、そういった人たちは見かけませんでしたが…。

駐車場から目立つ位置にあるので、恥ずかしいというのもあるでしょうけどね(笑)

 

シーサー

沖縄と言えばシーサー!いたるところで見かけます。

ハートロック

この駐車場では、ハートロックのことを「ハートのエンジェル」と呼んでいるみたいですね。さっそく、行ってみましょう!

 

ハートロックへ

ハートロックへの道

シーサーが置いてあった入り口をまっすぐ進みます。けもの道のようにも見えますが、危なくないように整備されています。

途中からもっと狭くなり、急な坂もあります。手すりはありますが、注意して進みましょう。ハイヒールとかだと危険かも……。

また、とても狭いので片側一方通行になっています。焦る気持ちもわかりますが、譲り合いの心を大切に!

 

人が多い

ハートロックが見えるてぃーぬ浜へ着くと、人が多いこと多いこと。駐車場の車の数としては多いような気もします。

どうやら、てぃーぬ浜付近にはいくつか駐車場があるようです。目指す場所は同じなので、必然的に人は多くなるんですね。

 

ハートロック

こちらが目玉の「ハートロック」。ハート型に見える岩が2つ並んでいますね!

古宇利島は、「沖縄版のアダムとイブの伝説が残る恋の島」とも言われている、ロマンチックな島。

JALのCMで嵐が出演したことで、爆発的に人気が上昇したんだとか。(YouTubeはこちら

テレビの効果ってすごいですよね~!わたしはここに着いてから知りましたが(笑)

 

下に降りる

砂浜へ降りることもできます。しかし、普通の靴だと波が高いときに濡れてしまうので断念……。

てぃーぬ浜だけでなく、沖縄の海を見ようとしている方はビーチサンダルの持参をオススメします!

沖縄では、色々なところで「島ぞうり」も見かけましたね!持ってこなかった方は、買っておくといいかも。

 

ハートのエンジェル駐車場詳細

戻ってきた

料金:300円(車1台)

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利今帰仁村2371(島一周道路沿いに看板あり)

※詳しくは公式サイトをご覧ください。http://nowonair1.wixsite.com/heartrock

今回の駐車場はハートロック付近の駐車場では一番値段が高いようです。

付近には、無料から300円までの幅があるので、お金をかけたくない方は事前に調べておきましょう!(その代わり遠くはなります)

以下の記事がおすすめです!!

【ハートロック駐車場の全景】

ABOUT ME
末次ゆう
佐賀県出身の22歳。 高卒2年目で会社を退職し『自転車で日本一周』を目指し旅立つ。 冬場に旅を中断した際、旅よりも大切なことに気づいてしまい、現在は無期限中断中。 緊張するとお腹が痛くなるため、人が多いところは苦手。だけど、好き。 末次悠のプロフィール・経歴
都道府県別日本一周記事
日本一周末次悠

日本一周日記を都道府県別に見る

【北海道地方】北海道
【東北地方】青森 | 秋田 | 岩手 | 山形 | 宮城 | 福島
【関東地方】茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉 | 千葉 | 東京 | 神奈川
【中部地方】新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 山梨 | 長野
【東海地方】静岡 | 岐阜 | 愛知 | 三重
【近畿地方】滋賀 | 京都 | 大阪 | 奈良 | 和歌山 | 兵庫
【中国地方】鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口
【四国地方】徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
【九州地方】福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島
【沖縄地方】沖縄
日本一周準備

日本一周以外の旅はこちら

北海道地方】【東北地方】【関東地方】【中部地方】【東海地方
近畿地方】【中国地方】【四国地方】【九州地方】【沖縄地方