大人になるということは、何かを「諦める」ということ【シカマル秘伝】

『大人』ってなんでしょう?

 

鉄道の運賃は中学生以上。結婚が可能な年齢。お酒を飲める20歳以上……。少年法では、満20歳以上のものを「成人」と呼ぶようですね。

辞書には、「十分に成長した人。成人。」「考え方や態度が十分に成熟していること。思慮分別があること」とあります。



大人になる

その定義は、考え方によって全くことなるため答えがありません。そして、答えがないものを考えても仕方ありません。

 

私自身、昨年9月で20歳になり完全に「成人」です。今年で21歳となり、誰も文句のつけようがない「大人」になったと思っていました。定義上は。

ただ、何か心の中で「自分はまだ大人になりきれていない」というしこりがあったのです。

 

人に、親に甘えてばかり。やろうと思ったことも中途半端。これからの人生についても考え中…。

積み重ねることは出来たのは「年齢」だけ。それ以外、高校生の頃からほとんど成長していないのではないか?周囲の同級生を見ていると、みな雰囲気が違うように見えて焦ります。

別に、私が現在無職だからとかではないしょう。それ以前の精神的な成長がありません。これではただの『子供』のままです。

でも、『大人』ってなんでしょう?どうやったらなれるんでしょう?

 

シカマル秘伝

今回は、その答えに近づくヒントを得ました。漫画で、ラノベで。

 

 

大人気漫画「ナルト」のライトノベル(小説のこと)。自己啓発の堅苦しい本ばかりではつまらないので、息抜きにkindle版を購入して読んでいました。

 

今回の登場人物。主人公はナルトではなく、奈良シカマル。

 

今回、あらすじは関係ありません。無事にハッピーエンド。感想は、「シカマル、デートの約束出来てよかったね!」とでも言っておきましょうか。

 

なにかを諦めて、もっと大事なモノを見つけること……。

戦いが終わって終盤、六代目火影はたけカカシが今回の主人公、奈良シカマルに問います。

 

「大人になるってどういうことなのかなぁ?」

 

なにかを諦めて、もっと大事なモノを見つけること……。なんて感じじゃないスかね」

「ナルトみたいに子供の時からひとつのことに真っ直ぐにむかってゆけるヤツもいるが、大半のヤツは悩みながらになにかを諦め、それでも歩き続けて、そうやって最後にはなにか大事なモノを見つけてそれにむかって生きるんじゃないっスかね

 

この言葉にビビッときました。息抜きの本だからと油断していましたが、すぐにこの言葉をメモ。

 

諦めるは悪だと思っていた

「諦める」と聞くだけでマイナスなイメージがあります。小さいころから、「諦めるな!」という励ましの言葉を受けて生きてきましたから。

私が好きな歌の中に、Continueというタイトルがあります。夢をかなえるゾウというドラマの主題歌になったもの。その歌詞の中には、「負けたら終わりじゃなくて やめたら終わりなんだよね」というフレーズが。

かの有名なナイチンゲールも、「諦めなどという言葉は私の辞書にはない」と名言を残しています。

やっぱり、諦めてはいけません。夢は追い続けるべき。継続は力です。

 

 

が、念のため「諦める」という意味を調べました。

 

 

そこには、「明らかに見極める」という意味があるらしいです。しかも、仏教用語が由来に。〈参考:一郷 正道(教授・仏教学)

例を挙げるのが難しいので、引用させていただきます。

 

我々は、自分の苦悩は、社会が悪いから、あの人のせいだからしょうがないといって、「あきらめる」ことでよしとする。逆に、それは自分の欲望、無知に基因すると「諦める」ことができれば、現状を受け入れ、解決の方法をみつけやすい。

 

先ほどのシカマルが放った言葉が、このことを伝えたかったのかはわかりません。しかし、私はこう捉えることにしました。

 

どうしても達成できないことが人生にはたくさんあります。ひたすら、あきらめずにがむしゃらにもがくのも良いでしょう。しかし、「大人」になるには諦めも肝心。なぜ、達成できなかったのか?納得して断念する。そうしているうちに、本当に大切なものが見えてくる。

 

 

まとめ

何を諦めるか?これを見つけるのにも苦労することでしょう。人間、そう簡単には諦めきれませんから。

『大人』になるということは、そのような決断を下せる人間になるということではないでしょうか。

 

もし、諦めるべき局面に出くわしたときは……。しっかりと納得して断念し、シカマルのようにこう言ってやりましょう。

「めんどくせー」

 

\関連する人気記事/