【日本一周96日目】函館名物大もりそば「長寿庵」#青森へ帰還

2017.7.31(月)

昨日は夜遅くから結構雨が降ったようです。屋根があるって幸せだ(`・ω・´)

ちなみに、今日の予定は特に考えていません。

青森に渡るのか。それとも、函館を散策するのか。そこからスタートです(笑)

選んだ答えは・・・?

大もりそば「長寿庵」

結局、朝ごはんも食べずパソコンを触っておりました。こうなったら、動く気にもならない。

隣にも旅人さんがズラリと並んでいますし(笑)

久しぶりにパソコンにイヤホンを付けて聴いていましたが、スマートフォンと比べ音質が違いますね!
パソコンの方がクリアに聴こえましたよ( ^ω^ )

・・・暇人ニートめ。

お昼の空腹には敵わなかったため、近くの蕎麦屋さんへ行くことにしました( `ー´)ノ

やってきたのは「長寿庵」というお店。

実は、【94日目】にお会いした得猫さんから「あそこのそばの量は半端じゃない」との情報をいただいておりました(`・ω・´)

そ、それなら行くっきゃない・・・!

お店に入り、メニュー表を確認。「大もりそば」を発見。コレだな( `ー´)ノ

見よ!この量!

これで730円は安いぞヽ(´▽`)/

コンビニのそばでこの量を買おうとするなら、3パックは必要でしょう(; ・`д・´)
い、いや、それ以上?!

半分までは「余裕じゃん♪」と思って食べていましたが・・・。

残り3分の2になると、急に満腹感が来ましたね。
残せないプレッシャーを背負い、ズボンのチャックを緩め、ゆっくり食べ続けます。

普段はずーっとお腹空いているのに。。

・・・何とか食べ終わりました(*´ω`*)

しばらくはそばを食べなくて良さそうです(笑)

「大もりそば」ではなく、普通の「もりそば」もなかなかの量でした。通常のお店の1.5倍は固いでしょう!

そば好きな方は、是非、「大もり」をオーダーし嫌というほど食べてみてはいかがでしょうか(๑•̀ㅂ•́)و✧

雲の切れ間に

再びフェリーターミナルへ戻ります。歩くのも辛いです・・・。

お腹を触ると、ポッコリ出ているのがわかりますねー。

・・・

しばらくゆっくり。夕方になりようやく消化してきたようです。

あいにくの曇り空。少し肌寒いですね。。

本当は、函館山へリベンジを考えていましたが、まあ無理そうです(笑)

結局、ずーっと天気悪かったなー( ̄ー ̄)
普段の行いでしょうか?

10億円ねぇー。3割くらい欲しいかな(笑)

・・・10億円当たったにしては、ポスターの安物感。サラッとしています(”ω”)

青函フェリーで青森へ

えー、夜中になりますがフェリーで青森へ渡ることにしました。

このまま居たら、明日もだらけそうだしな(`・ω・´)

夜は歩いて散歩していたため、津軽海峡フェリーターミナルまで自転車を取りに戻ります。

自転車の量がすごいな!

ねぶたでお会い出来るかと。

・・・津軽海峡フェリーターミナルと、青函フェリーターミナルは2.6kmほど離れています。

そうしてまで行く理由は??

ズバリ、料金なんですよね!

青函フェリーだと自転車込みで3000円。
津軽海峡フェリーだと自転車込みで4960円。

同じ航路なのに、1960円も違うんです!
それなら青函フェリー、一択ですよね( `ー´)ノ

夜間ということもあり、一般のお客さんは10数人程。バスの運転手さんがメインのようです。

船内に売店はなく、自販機が数台あるのみ。船に乗るだけだったら問題ありません。

どっちにしろ、船の売店は高いですから。。

壁の端には枕が置いてあります。

(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)

ブログを書いていましたが、、、

眠気も限界を迎えパソコン抱えて、、

夢の中へ・・・

今日のまとめ

たまにはゆるーく行きましょう。

・翌日昼、青森市三好の橋の下にて。

今日のデータ

出発:函館フェリーターミナル(北海道函館市)
到着:青函フェリー内(津軽海峡)
走行距離:2.6km(合計5234.0km)
出発&到着時刻:20:30~20:50

家計簿

食費:1446円(大もりそば730円)(スムージー、パン×3、コーヒー、)

日用品:108円(剃刀)

交通費:3000円(青函フェリー、箱館ー青森間)

合計:4554円

 







 

たくさんの方に読んでいただきたいです!

2 件のコメント

  • 青函フェリーは料金が安く、閑散期はドライバールームが使えたりといろいろオイシイのですが、基本トラックメインでそれ以外の車両は乗れる台数が極端に少なかったりします。
    そのため、繁忙期はあっという間に予約が埋まり、飛び込みでは乗れないことが多いです。

    去年これを知らず、「お、こっちのフェリーが安い!」と乗るつもりで北上してきて、青森港に到着してから青ざめました(笑)

    • 同じ航路でここまで差があると、青函フェリーがいいですよねー!
      車の方は予約番号をおっしゃっていたので、事前予約が多いみたいです。割引もあるようですね(^^)

  • 力になるコメントをお待ちしております!

    関連する人気記事一覧

    ABOUTこの記事をかいたのは?

    一度きりの人生をアクティブに。20歳。高卒2年目の3月、会社を退社し自転車で日本一周!定義は、全都道府県県庁制覇。相棒はMIYATAのEigerさん【2017年4月24日出発】WordPressで「厳風〜Genfu〜」というブログ書いています。人生楽しく迷子っす(*´ڡ`●)