【日本一周89日目】佐藤義則野球展示室へ行きたいから奥尻島へ渡る

2017.7.24(月)

89日目の朝は瀬棚港公園にて起床です。

昨晩はなかなか冷え込み、テントを設営してご飯も食べずに眠りました。
以前はテントの中でブログを書いていましたが、どうしても変な体勢になってしまい腰をやられた経緯があります💦

それ以来、ブログは公園や道の駅などの椅子に座って書くようになりました。

せたな町・三本杉

ということで、朝はサクッとブログ更新タイム。
今日の分のブログを書く充電がないけれど、おそらくフェリーで充電できるだろうと推測します(`・ω・´)

せたな港から奥尻島へ出港するフェリーは14時発なんです!
まだまだ時間があるんです!

この辺りはスーパーもなく(後から調べるとAコープがあったけれど)とりあえずセイコーマートへ向かいます。

1993年7月12日「北海道南西沖地震」が発生。

震度6という大きな地震で、北海道の日本海側・奥尻島で津波や火災による大きな被害を受けた大災害。

これから向かう奥尻島にある「津波館」で、この地震については深く学んできたいと思います。

当時の津波は、川を逆流して被害を拡大させたんだそう。

万が一、同じような状況になった際、川をせき止める水門が整備されていました。

海水浴場の名前にもなっている「三本杉

確かに岩が杉のような形をしていますね( ^ω^ )

せたなフェリーターミナル

特に散策する場所もなくなったため、早めにフェリーターミナルへチェックイン!!

窓口横の券売機で人間のチケットを購入し、自動車やバイク・自転車のチケットは窓口で購入します。

片道自転車込みで3110円かかります。
距離を考えるとちょっと割高でしょうかね?!

再度、窓口へ向かい、電源交渉を行いました。
快くOKをくださり一安心(笑)
フェリーが1時間30分ほどなので、それだけだと満タンには出来ないと思いまして・・・。

しばらくkindleで読書タイム。
それにしても、電子書籍って便利ですよね!

私が今読んでいる本(いちばんやさしい新しいSEOの教本)は、現物だと240ページもあるんです。

その他にも6冊ほどkindleには入っています。それをこのサイズで持ち運べるんですからね( ^ω^ )

本もわざわざ本屋さんへ行かずに、ネット上で買うことが出来ます。

じゃあ、試し読みできないんじゃないか?

大丈夫なんです!!
ネット上で買う前に、試し読み出来ます!

そして、全てとは言えませんが、紙の本よりkindle版の方が安い場合が多いです。
私が今読んでいる本も、400円ほどお安く購入できました(๑•̀ㅂ•́)و✧

期間限定で、奥尻島フラッグをいただきましたヽ(´▽`)/

かっこいいし、しばらく飾っておきますね!

カランセ奥尻

出港時間30分前になったため、車両待機所へ移動です。

カランセ奥尻」というフェリーに乗っていくわけですが、2017年5月1日に就航したばかり!!

まだまだ出来立てホヤホヤなフェリー。こりゃー、運がいいぞ(笑)

帰りは「江差町」行きのフェリーに乗る予定のため、ここでせたな町ともお別れです。

さらば、風車(どんだけ好きやねん)

自転車の利点は、一番乗りで船内に入れることですね(*´ω`*)

それにしても、このフェリーの電源は凄い。

USB専用コンセント×2・通常のコンセント×1
これが各2等席に3つずつ付いています。

お言葉に甘えて、ガジェット類のほとんどを充電!

船内はちょっとした売店があるだけ。

自動販売機もあります。

途中で「クジラの群れが右側に見えます」というアナウンスが!

ササっと見に行きましたが、どれがそうなのか分かりませんでした・・・。

その後、ダラダラしているとあっという間に奥尻港へ到着!

自転車はしっかり固定していただいております!

はじめまして、奥尻島

奥尻港を後にして、とりあえず時計回りに進みます。

少し進むと「なべつる岩」が見えてきました。

うーむ、これを自然が作ったとは考えられませんねぇ。

鍋の取っ手を「つる」と呼ぶらしく、それに似ていることが名前の由来なんだそう。

ここで食料がないことに気が付き、Uターンして島唯一のセイコーマートへ。

この先もしばらく何もなさそうなので、ここで買いだめしておきます。

・・・個人商店にも行けば良かったなと今さらながら後悔。。

佐藤義則野球展示室

私を奥尻島に向かわせた場所。

それは、ホークスファンとして。いや。
プロ野球ファンとして、行かなければならない場所があったのです。

ということでやってきたのが「佐藤義則野球展示室

厳風~Genfu~の読者様は、18~34歳までの方が6割越えというデータが出ています。

活躍されたのは1977年~1998年の間ですから、現役時代を知らない方が多いのでは?と思います。

なんて言っている私も、現役時代のことは何も知りません。

では、なぜ有名なのか?

今や知らない人はいないであろう「ダルビッシュ有」「田中将大」を育成した名コーチなのであります!
そして、現在は福岡ソフトバンクホークスの投手コーチ。WBCで大活躍し、日本で唯一のベストナインに選ばれた「千賀滉大投手」の指導をされています。

投手コーチとして阪神、日本ハム、楽天、ソフトバンク4球団全てで優勝していることから、「優勝請負人」との呼び名があるほどの方。

現役時代も阪急ブレーブス(現:オリックス・バファローズ)で新人王を獲得。

1995年8月26日には、NPB史上初の40歳以上でのノーヒットノーランを達成されている凄すぎる選手。

前述した北海道南西沖地震で実家も被害に遭い、阪神淡路大震災で球団も被害に遭うという過酷な状況下、ここまでの活躍をされたというのは本当に大変なことだったと思います。

ノーヒットノーラン達成時のスタメンを見てみると、イチロー選手の名もあり時代を感じました。

この他にも当時の写真や新聞・雑誌などが数多く展示されていましたが、ご覧のように反射がすごいので割愛させていただきます。

館内には延々と、当時(今も使われている?)の球団応援歌が流れていました。

ちなみに、館内は無料で入ることが出来ます。

募金箱が設置してあったので、気持ちだけ入れて後にしました。

うにまる公園

展示室はうにまる公園の施設の一部として開放されています。

うにまる」とは何か気になったので調べてみると、奥尻島のマスコットキャラクターらしいです( ̄ー ̄)

何でもフェリーターミナルで送り迎えしてくれるんだとか!

さっきはいなかったっじゃないか( `ー´)ノ

奥尻島で食べるウニはさぞ美味しいんでしょうね・・・。

お財布が全力で拒否していますけども。

今回は、うにまるモニュメントを見るだけにしておきましょうか。

(実はこの後、再度セイコーマートへ向かった)

今日はほとんど動いていませんが、うにまる公園で野宿することにします。

今日のまとめ

またしても、歯ブラシを落としたようです。。

・翌日朝、うにまる公園にて。

今日のデータ

出発:瀬棚港公園(北海道久遠郡)
到着:うにまる公園(北海道奥尻郡)
走行距離:10.1km(合計4948.5km)
出発&到着時刻:9:30~17:30

家計簿

食費:1394円(アイス、パスタ×2、飲料水、野菜ジュース等)

交通費:3110円(せたなー奥尻)

合計:4504円

 







 

たくさんの方に読んでいただきたいです!

2 件のコメント

  • 毎日のコメントや写真を楽しみにしています。

    この島が大津波に飲み込まれ、大きな被害を出しました。佐藤さんを覚えてるのは、奥尻出身の佐藤さんは1000万円を災害復旧に寄付したことですね。当時話題になりました。

    • ありがとうございます( ^ω^ )
      昨日(25日)津波館へ行ってきました。
      なんと、1000万円ですか…。それは知りませんでした。本当に悲惨な状況でしたね。これからも風化させることなく、次の世代にも伝えていくことが必要だと感じました!!

  • 関連する人気記事一覧

    ABOUTこの記事をかいたのは?

    一度きりの人生をアクティブに。21歳。高卒2年目の3月、会社を退社し自転車で日本一周!定義は、全都道府県県庁制覇。相棒はMIYATAのEigerさん【2017年4月24日出発】WordPressで「厳風〜Genfu〜」というブログ書いています。思ったことは何でも書きます!人生楽しく迷子っす(๑•̀ㅂ•́)و✧