【日本一周32日目】千里浜なぎさドライブウェイを自転車で!そして、コスモアイル羽咋へ!

Profileこの記事を書いた人

一度きりの人生をアクティブに。21歳。高卒2年目の3月、会社を退社し自転車で日本一周!【2017年4月24日出発】定義は、全都道府県県庁制覇。相棒はMIYATAのEiger・カメラはRX100M3から盗難に遭いα6000を使用。WordPressで「厳風〜Genfu〜」というブログ書いています。思ったことは何でも書きます!人生楽しく迷子っす(๑•̀ㅂ•́)و✧

2017.5.28(日)

2日連続同じ道の駅で起床。
同じ場所で起きると、違和感を感じる。

本日は65kmほど進む予定!

さあ、行ってみようか!

千里浜なぎさドライブウェイ

今日はなんと、砂浜の上を走りますぜ!

なんでも、砂浜の上を走れるのは世界に3か所だけとか。

うぅ・・・。

しかしながら、規制は8時まで!

近くのファミリーマートでブログを更新しながら、規制情報を確認します。

 

・・・よし!規制解除!!

興奮気味にペダルを漕ぐのであった。

マジで砂の上を車が通っています!

走れると分かっていても、ためらいはあるもので(笑)

恐る恐る砂浜まで押していき、自転車に跨ります!

一部、動画も撮ってみました!
※相変わらず、ノイズと振動ありです。

いやー、海がこんな近くにありますよ(; ・`д・´)

不思議な感覚。。

・・・

「がんばれー!」とバイクの方から声援をいただきました。

ふと見ると、「日本一周」の文字が!!!

ペースを上げますが、追いつけるハズも・・・

あった。

というか、待っていただいていたようです( ^ω^ )

千葉県からご出発されているこうささん(@biketabi_nippon)です!

ブログフリーター、旅に出る。

今から九州を目指されているそうで、方向は逆ですが。

規制が解除されたのを知って、金沢からUターンされたとのことで。
運命を感じますね!

手に持ってあるのは「アニキ」という名前らしいです!!

マスコット、俺も欲しいな~

お互い頑張りましょう!

お別れし、また進みます。

日によるそうですが、砂が重く徐々に体力がなくなってくる・・・。

8kmほどの距離なので、大したことはないんですけどね!

タイヤがやられましたわ( `ー´)

しっかり落としておかないと、滑るから危険!

ほうほう(`・ω・´)

始めにこの道を走った観光バスの運転手さんは、どうかしているな!
まあ、ナマコを始めて食べた人も同じか!

砂で作られたモニュメントなんかもあった。
雨の日はどうするんでしょうか?

この日は快晴!

こんな不思議な感覚を味わえる場所は、日本ではここだけですし貴重な経験ができました!

コスモアイル羽咋

お次は、宇宙科学館コスモアイル羽咋へ向かいます。

なんでも、ここ羽咋(はくい)は『UFOのまち』として有名なんです!

見わたすと、この看板ばかり(笑)

UFO商品券なんてのもあるほど!

市外の人が貰っても、あまり使いどころがないけども(笑)

駅にもしっかりUFOがおりました。。

コスモアイル羽咋へ到着!

日曜日だし混んでいるかなと思っていましたが、そうでもなかったです。

本物のスペースシャトル

何でもここは、本物しか展示されていない宇宙科学館。
NASAをはじめとする、宇宙事業の方々に「宇宙を夢見る日本の子供たちのために」と頼み込んで借りてきたものだそうです。

通常は1年しか借りられないものを、100年借りているとか。

熱意を感じますよね!

 

入場料400円を払い、展示室のある2階まで向かいます。

・・・

エレベータで行くように言われたので、言われるがままに乗ったんですが。

扉を閉めた瞬間、まさかの停電!!

ではなく、演出だったようで。だまされた!

※この後楽しくて、エレベータで2往復しました。笑

実際に宇宙へ飛んで行った脱出カプセル。

大気圏の熱で溶けているのがよく分かります。

こちらも本物の月面車

実用性だけを追求すると、このような形になるらしい。

一見シンプルな形に見えますが、小型カメラやアンテナなどたくさんの装備が搭載されています。

上を見上げると人工衛星まで。

館内の方が説明してくださるのですが、左下のカメラで各国の様子をうかがっているそうです。
要はスパイだとか。

宇宙食も本物でした。

思ったよりもコンパクトで、こんなものでお腹いっぱいになるのかと疑問。

水を入れると実際の大きさまで膨れ上がるそうです。

宇宙服まで本物でした!

80kgもあるそうで私の体重の1.5倍以上ですからね、ええ。

この他にも、宇宙人へ向けた地球からのメッセージを聴くことができたり、UFOの目撃情報が展示されていたりと、宇宙についてしっかりと学ぶことができます。

宇宙人へ向けたメッセージの中に日本語も収録されていました。
機械的な女性の声で「こんにちは、お元気ですか?」と。

羽咋が「UFOのまち」と言われる理由が。

昔話って、信ぴょう性が高そうだなと思いますね💦
本当にUFOがいたのかもしれない。

なんと!

館長さんは宇宙人(笑)

アルバイトで『宇宙人サンダーくん』という方?がいらっしゃるのですが、館内でばったり遭遇!
名刺までいただきまして。笑

これは極秘なので、ここには載せませんよ!

私の名刺もお渡しすればよかったかな!!残念。

クイズにも挑戦でき、全て答えるとポストカードをいただきました!
まあ、8問中4問しか合っていなかったけど(笑)

一番大きいのは、本物を見れることかなと思いますね。
レプリカや写真だけでは伝わらないものが、しっかりと伝わってきます。

旧福浦灯台

この後も能登半島を北上していきます。

道中、気になる看板を見つけたので行ってみることに。

金毘羅神社

航海安全の神様が祭られている場所です。
私が、19日目にいただいたお守りも同じ神様のものでした。

旧福浦灯台

現存する木製の灯台で日本最古のものだとか。
1876年に造られたものらしい。

おそらく色は上塗りされているんでしょうけど、歴史を感じます。

ここから見える景色も最高ですね!!

お金を払って見る絶景も良いですが、このような穴場のスポットもまた違った魅力を感じます。

巌門

またしても、気になる看板を見つけたので向かってみることに。
行き当たりばったりの旅なので、こういうのが多いです(^^♪

何でも、松本清張さんの「ゼロの焦点」で有名になった場所らしいです。

・・・読んだことはないんだけども。

恐ろしく急な階段を下ります。

波が高い日は立ち入り禁止になるそうです。

いや~自然を感じますね!

一歩間違えたら海に落ちるくらい近づけます。

波の影響か、ところどころ水たまりがあります。
油断していると、ハマりますのでご注意を!

洞窟探検もできちゃいます!

中からは、ひんやりとした風が通ってきて、ちょっと怖いかも。

まあ、大した距離じゃないんですけどね!

まさか、寄り道した場所でここまで楽しめるとは思いませんでした( ^ω^ )

小説を読んでくると、また違った楽しみ方もできそうですね!

幸せのがんもん橋』を通って、道の駅へ向かいます。

昼間は出店や遊覧船も出ているようで、しっかりと楽しめそうですね!
事前に調べておけばよかった・・・!

道の駅とぎ海街道

道中、野焼きをされていました。。

いや、自転車だともろに煙を吸い込んで危険なんです!

おまけに登り坂だから、呼吸しないわけにもいかないし!

とはいいつつも、焼き終わるわけにはいかないため、押し歩きで対応。

 

道の駅に着いたころには、日も落ちてしまいまして。

世界一長い椅子』は、良い感じのカップルに占拠されていたので、早めに寝ることに。

今日のまとめ

最近、ブログが重くなっているようです。(特にモバイル端末)

対応策を探してはいるのですが、なかなか解決せず。

今日から写真を更に圧縮していますので、画質が荒いかもしれません💦
見にくい画像があれば、ご連絡いただければと思います。

・翌日朝、ファミリーマート志賀富来店にて。

今日のデータ

出発:道の駅内灘サンセットパーク(石川県河北郡)
到着:道の駅とぎ海街道(石川県羽咋郡)
走行距離:67.8km(合計1839.4km)
出発&到着時刻:7:30~19:30

家計簿

食費:856円

観光費:400円(宇宙科学館コスモアイル羽咋)

合計:1256円

次に読みたいおすすめ記事!


コメント欄