【日本一周88日目】せたなへ来たなら岩シューを!~立象山展望台から見る夕日~

2017.7.23(日)

旅88日目の朝は道の駅こことまーれ寿都(すっつ)の軒下にて起床しました。

実は、朝4時に起きて昨日お世話になった釣り人さんを見送る予定だったのですが・・・。
間に合わず、爆睡しておりました。

下書きは済ませていましたが、最終確認を済ませブログ更新。
札幌市内では電源ポイントが豊富にあったため、リアルタイム更新できていましたが、田舎の方になると昨日のように電源交渉する以外充電ができません。

キャンプ場も電源が使えない場所が多く、なかなか困ります。

とは言っても頑張れば4日は持つんですけどね。
万が一のために20%は残しておきたいので、やっぱりこまめに充電しておきたいところです。

昨日の釣り人さんにいただいた朝ごはん。
気になっていたセコマのカツ丼をいただいてしまいました。

本当に何から何までお世話になりっぱなし。
このご恩を「恩送り」出来るのか。どうやって送ればよいのか。考えます。

道の駅の方にお声がけしていただき、ゴミまで預かっていただきました・・・。
ありがとうございました!

弁慶像

まずは昨日野宿を考えていた「弁慶像」まで向かいます。

右足の痛みはまだ残っており、6kmほどしか進んでいないにも関わらずなかなか厳しいところ。

この先お店も少なく、道の駅も離れているため体調に合わせ慎重に進むことにします。

こちらが弁慶像。この岬も「弁慶岬」という名がついています。

何でも、奥州から逃げてきた義経・弁慶一行が蝦夷(北海道)に渡り、この地に滞在していたことからこの名がつけられているんだとか。
毎日この岬から常陸坊海尊(人の名前)を待っていた姿を見て、アイヌの人々が名付けたらしいです。

昨日の道中も「弁慶の刀掛岩」があるほどですから、弁慶と北海道の結びつきも深いものがあったのでしょう。

広い駐車場とトイレ・東屋がありますが、貼り紙をみると確かに熊が出没したご様子でした。

R229

一昨日までの天気予報からすると考えられないほどの快晴です!なんたって、本来は雨でしたからね(`・ω・´)

一つ残念なのは、反時計回りで回っていることになるため、海が対向車線側になることくらい。
交通量は少ないため、ときおり道を横断して景色を見ておりました。

しばらく休憩。何もお店がないです( ̄ー ̄)

しかしまあ、セコマのカツ丼は凄い!!
490円というお値段で、昼過ぎまで空腹になりません!

今度からお昼はカツ丼にしよっかな~ヽ(´▽`)/

「さすが北海道!」と特別視するわけではありませんが、雄大な自然を感じられますね。

札幌のような大都会もあり、この地域のように自然が残っている。
道北へはねぶた後に行く予定ですが、更なる大自然が待ち構えていることでしょうね!

道の駅よってけ!島牧

ようやく道の駅へ到着!!

「こことまーれ」だの「よってけ!」だの、名前で猛アピールしていますねぇ(笑)

お昼はどうするか迷いましたが、この先にお店もないようなので道の駅でいただくことにしました。

・・・一番安くて「かけうどん・そば」トッピングすると900円とな。
カレーは600円だけど、昨日食べたしなー(; ・`д・´)

シンプルにかけうどんをいただきます。あっという間に汁まで飲み干しましたが、ここで睡魔が。

椅子に座って5分ほど寝ておりました。

トンネル多いよー

補給も済ませたところで、せたな町までまっしぐら!!

相変わらず景色は綺麗です( ^ω^ )

と思っていたら、この先はトンネルの連続でした。

しかも、1~2kmほどの長いトンネルばかり。日曜日ということもあってか、トラックが走っていなかったことが救いです!

車もほとんど通らないため、いつもより大きめに車道寄りを走ります。
相変わらず右足は痛いのですが、路肩寄りを走るよりだいぶ楽に進めるんですよねー(๑•̀ㅂ•́)و✧

補給食は、もちろんセコマのペペロンチーノとデミパスタ!!

ほぼ毎日食べている気がしますが、まだ飽きてきません(笑)
きっと本州へ帰るころには飽きてくると思いますが、1週間もしないうちに恋しくなるんでしょうね(*´ω`*)

あと一息。私にしては珍しく追い風なんですよね!

せたな町へ来たな!

朝は右足の痛みでどうなることかと思いましたが、なんとか目的地のせたな町へ到着しました。

トンネルばかりでしたが、アップダウンがなかったので助かりましたね。
アップダウン地獄だったら、本日中に着けなかったかも・・・。

自転車は公園に置いて、せたな町を散策してみます。

甲田菓子店「岩シュー」

まず向かったのは、ネットで大評判の甲田菓子店さん。

何が人気なのかって?

岩シュー」という、賞味期限1時間以内というシュークリームなのであります!!

しかも曜日限定。火・木・土日祝日と幅は広いのですが、意外とみなさん他の曜日に来られた方も多いようで(笑)

今日は日曜日。下調べしていたわけではありませんが、運よく買うことが出来ました。

外はカリッとした薄い生地。中は溢れんばかりのクリームが入っております!!
クリームは甘さ控えめ。大人の味ですな( `ー´)ノ

うっかり半分近くクリームを落としてしまったことはブログに書かないことにします。

これで130円。かなりお得です!!

これ以外のシュークリームは食べません!!嘘です!

立象山展望台から見る夕日

本日のクライマックスは、立象山展望台。せたな町が一望できるとのことです!

なかなか立派な展望台ですが、無料で入ることが出来ます。

せたな町と聞いてもピンとこなかったのが本音ですが、なんとも落ち着いたお洒落な町なんでしょうか。

風車の存在感も大きく、この町に合っていると思います。

風力発電はエコな発電方式ですが、低周波の問題などから反対する方も多いと聞きます。
今まで通ってきた場所でも、「風力発電反対」の看板を幾度となく見てきました。

ただ、この町に至っては、町の景観をより良いものにする効果もあるんだと実感。
特にこの位置から見ると、風車がないのとあるのでは印象が違うと思います。

360°どこを見ても綺麗な景色が広がります。

奥に見える雲も幻想的ではありませんか!

夕暮れまで時間があるので、空からせたなを見てみます(笑)

奥尻島までのフェリーターミナル。

見えにくいですが、自転車は茶色の屋根の下に置いてきました。

盗難されていないか見張ることが出来ますね!
まあ、盗まれたらどうしようもないけど(笑)

徐々に日が暮れて、全体が紅に染まります。

「お前どんだけ風車好きなんや!」と思われるかもしれませんが、本当に美しいんです。
今日だけはご勘弁を。

うーむ、上手く撮れませんでしたが、久しぶりに綺麗な夕焼けを見ることが出来ました!!

何十枚も撮った中から、ベストショットそうなものを選ぶのも難しいですね💦

どういう構図が良いのか。他の人の作品を見て学ばないとな(`・ω・´)

不思議な雲も、空を綺麗に彩ってくれます。

この後、公園に戻りましたが・・・。急激に寒くなりテントに潜って就寝。

明日は奥尻島だ!

今日のまとめ

足の痛み次第では、1日20km程度に抑えるかもしれません。

・翌日朝、瀬棚港公園にて。

今日のデータ

出発:道の駅こことまーれ寿都(北海道寿都郡)
到着:瀬棚港公園(北海道久遠郡)
走行距離:68.7km(合計4938.4km)
出発&到着時刻:10:00~19:00

家計簿

食費:1284円(岩シュー&岩シューレモン260円)(かけうどん500円)

合計:1284円

 







 

たくさんの方に読んでいただきたいです!

関連する人気記事一覧

ABOUTこの記事をかいたのは?

一度きりの人生をアクティブに。21歳。高卒2年目の3月、会社を退社し自転車で日本一周!定義は、全都道府県県庁制覇。相棒はMIYATAのEigerさん【2017年4月24日出発】WordPressで「厳風〜Genfu〜」というブログ書いています。思ったことは何でも書きます!人生楽しく迷子っす(๑•̀ㅂ•́)و✧