【日本一周62日目】乙宝寺と血の池…。名勝『笹川流れ』を眺める君の名は?

Profileこの記事を書いた人

一度きりの人生をアクティブに。21歳。高卒2年目の3月、会社を退社し自転車で日本一周!【2017年4月24日出発】定義は、全都道府県県庁制覇。相棒はMIYATAのEiger・カメラはRX100M3から盗難に遭いα6000を使用。WordPressで「厳風〜Genfu〜」というブログ書いています。思ったことは何でも書きます!人生楽しく迷子っす(๑•̀ㅂ•́)و✧

2017.6.27(火)

今朝は道の駅加治川さくらの里にて起床。
ここの道の駅は車がウロウロすることが多いようで、夜中も車の音で何度起こされたことか・・・。

表の駐車場にいれば良いものの、裏の砂利道にわざわざ入ってくる意味が分からない。

なんて不満を思いながら、昨日のブログ更新を( `ー´)ノ

やる気が出ない重症、再び

テツオ先輩と最寄りのセブンに寄った後、別々の行動をとることにしました!

私は道の駅を巡る気がないですし、道路から見える風景を撮ることが多く迷惑かけてきましたからね・・・。

人それぞれ旅のスタンスがあるので、一人が良い時が多いのです(*´ω`*)

別れていきなり、アクエリアスの差し入れをいただきました!

息子さんが同世代らしく、道路で見かけて感激したとおっしゃっていました。

ありがとうございます!!美味しくいただきました( ^ω^ )

胎内市

胎内って「子供が生まれてくるお母さんのお腹の中」って意味だと思うんですけど、そんな地名があるのが驚きですよね!
調べてみると、市内を流れる『胎内川』が地名の由来だそう。うーん、由来が気になる。。

とりあえず前には進むものの、いまいちスピードが出ない・・・。

というか、やる気がなくなってきたぞ(`・ω・´)

公園を見つけてしまい、少しだけ休憩を。・・・少しですよ(笑)

最近、移動がメインすぎて旅の楽しみが薄れてきたのが原因かも。

前に進めば何かあるだろうと、とりあえず進みます・・・。

乙宝寺と血の池

道中、裏道に入ったところで『乙宝寺』というお寺を発見!

こういう時は、自分の直感を頼るのですが今回は・・・?

ゆう
GO!

真言宗智山派の寺院らしく、(おっぽうじ)と呼びます。

平安時代の『今昔物語集』に載せられている、由緒正しき寺院。

仁王門』は1745年に改修されたもの。

奈良時代当時の古材が使われているそうです。

仁王像。こちらは左側。

右側はこんな感じで。

破損しているのが、逆に恐ろしく思えます。

新潟の名水『独鈷水』(とっこすい)

お茶や健康薬用として用いられてるそう。心も洗われる清涼感を感じられるとの看板もありました。

三重大塔』国指定重要文化財に登録されています。

1620年に竣工され、辰巳年生まれ守りの本尊だとか。

説明書きがるのですが、内容が難しいです(笑)

人の名前を言われても、誰かわからないのが本音。

千体ものお地蔵さん。

本殿を参拝します。

736年、聖武天皇の勅願(天皇の祈願のこと)によって開山されたのが始まり。
毎日、厄除開運・家内安全・新車加持・合格成就・良縁成就など多くの祈願が随時行われています。

ここからの説明は、看板をご覧くださいませ(; ・`д・´)

六角堂

どの角度から見ても六角になっていました。

親鸞聖人が使ったお箸を地に刺したら根付いたという大葉樫

斜めに伸びているところを見ても、神聖な雰囲気を感じます。

・・・

感想が微妙ですね(`・ω・´)

ぶっちゃけた話、お寺の雰囲気は好きだけど由来なんかを言われてもサッパリなんです。。

そろそろ次へ行くかと思ったところで・・・。

福島からいらっしゃったご夫婦に話しかけられました!

御年75歳には見えないほどお若いし、お元気なご夫婦( ^ω^ )
こちらも元気をいただきました!!

どうせ死ぬ時はひとりだから、とことん楽しんだ方が良いよ!」と人生のアドバイスをいただきました。

・・・

その後、好奇心から『血の池』という場所にも向かいましたが、霊的なものが苦手な人は飛ばしてください。

本当に恐ろしい場所で、今でも鳥肌が立っています。

 

 

 

血の池

まず、ここに向かうまでが怖い。
山の中のお墓が並んでいる、けもの道を歩かないといけません。

雰囲気だけも恐ろしいです。

ぶっちゃけ、写真撮りたくなかったのですが、この雰囲気を伝えるには写真しかないですから・・・。

昔、赤ちゃんが生まれてすぐに死んだときに、この池で船に乗せて葬ったんだとか。
その時に、3日間池全体が真っ赤な血の色に染まったことから、この名前が付けられています。

池は干上がっていましたが、なんというか。

とにかく異様な雰囲気。

写真をササっと撮って、逃げるように池を後にしました。

鮭公園

荒川が海と合流している地点。

平成15年の調査では、「日本一きれいな一級河川」という評価がなされたんだそうです。

地吹雪を防ぐシャッターが、こちらにもありました。

その後は特にイベントなし。

お寺を見つけたときは興奮しましたけど、やっぱり旅が下手な末次氏。
下調べがなっていない・・・。

ここ、村上市は「鮭のまち

三面川という川で鮭が取れて生計を立てていたそうなのですが、取りすぎて川の鮭が少なくなったのだとか。
皆が困っている時に、青砥武平次(あおとぶへいじ)という侍が「鮭には回帰性があります。今まで獲れるだけ獲っていたから鮭が激減したのです。鮭を保護してやってください」と助言をし、当時の村上市を救ったそうです。

サーモンハウスや、鮭博物館を発見!

観光客で賑わっていますヽ(´▽`)/

中は大きな公園といったところ。

長くいるとダラダラ停滞しそうなため、近くのイオンで軽くご飯を食べて進みます。

夜はテツオ先輩と待ち合わせしているのであります(”ω”)

笹川流れ

R345の海岸線沿いは、『笹川流れ』と呼ばれる国の名勝および天然記念物に指定されている地域になっております。

ちなみに、「笹川」はこの地域の集落名だとか。

海を眺めると、遠くに粟島が見えます。

自然がそのまま残されており、道路から見える景色全てが絶景です。

遊覧船も出ており、この一帯を海から眺めることもできます。

いやー、絶対キレイですよね( ^ω^ )

まだ太陽は高い時間帯に通りましたが、夕暮れ時なんて最高でしょうね!!

海水浴シーズンになると、大渋滞になる日もあるそうで人気なスポットとなっています。

今日は平日でしたが、ライダーさん3組ほど見かけました。

うーむ、ずっと見ていられる景色ですよね。ホント。

この地域に住んでいる方々が羨ましく思います。。

・・・テツオさんとは道の駅で待ち合わせしていたのですが、私が午前中ダラダラしていたせいでかなりお待たせしております。

急ごうにも、向かい風+左足がつりそうというダブルショックを食らってしまいまして(笑)
急ぐのはやめました。

途中、原付で日本一周しているおじいさんに話しかけられ、同じ道の駅だったので先に行ってもらうことに。

景色を楽しみながら、ひたすら前進!笹川流れ、本当にきれいでしたよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

日本一周ヒッチハイカー

山形県へ入りました!!
県庁は北海道で折り返してから行きます(`・ω・´)

約束の時間よりも2時間遅れて、道の駅あつみへ到着!

なんと!ヒッチハイクで日本一周中の「ヒロシマ」さんとお会いました( `ー´)ノ

名古屋から出発し、九州・沖縄は制覇。残り東北と北海道を1ヶ月で周るとのことでした。

いや、チャリダーは自分でどうにかすればどうにでもなるけども。
ヒッチハイクとなると、運の要素も高いでしょうし・・・。

何より、コミュニケーション力が半端なく必要じゃないですか。

現に、ヒロシマさんと話してて会話が途切れることがありませんもん。

日本一周が終わった後は、世界にも旅立つそうです。

昨日道の駅で出会った自転車で日本一周してる鉄尾君と末次君 これから共に北海道へ 色々話せて楽しかったし北海道のどこかでまた会えたらいいな〜 . #山形 #鶴岡 #自転車 #自転車日本一周 #日本一周#ヒッチハイク #旅 #一人旅 #バックパッカー #backpacker #trip #travel #journey #旅好きな人と繋がりたい

Yukimi Hiroshimaさん(@carp5314)がシェアした投稿 –

・・・

ここの道の駅は、24時間開放の畳が敷いてある休憩室で休むことが出来ます。

でね。出会いは続きます。

原付で日本一周中の60台男性。
バイクで日本一周中の29歳男性。

しかも、バイクの方は世界一周も経験済みの方で話のレベルが違います。

銃を突き付けられた話を聞きましたが、聞いているだけで鳥肌立ちました・・・。

今日の道の駅は、日本一周人が5人。なんだこれ(笑)

皆さんの経験談。特に世界での出来事を聞いていましたが、日本一周なんてどうでもないんですね。
それにしても、もの凄い刺激になります。

夜は、テツオ先輩・ヒロシマさんと語り合い。

それにしても、旅人同士の会話ほど勉強になるものはないなと思います。

話のレベルが別次元ですもん。

ここでの出会いを大切に、これから自分を見つめなおす良い機会にしたいと思います。

今日のまとめ

ショックの大きすぎるお話を聞きすぎて、とにかく混乱しております。

・翌日昼、ファミリーマート鶴岡宝田店。

今日のデータ

出発:道の駅加治川さくらの里(新潟県新発田市)
到着:道の駅あつみ(山形県鶴岡市)
走行距離:78.9km(合計3612.6km)
出発&到着時刻:9:00~18:20

家計簿

食費:1170円(細巻き×2、アップルジュース、シリアルバー、袋めん×2、うどん麺、うどんスープ、もやし、食パン、栗アイス、かりんとう、ラーメン、飲むヨーグルト、チョコバー、ブラックサンダー)

合計1170円

次に読みたいおすすめ記事!


4 件のコメント

  • 同じ家紋の神社が有り、たまによっていた所、ここの神社は裏にこんこん様が奉ってあり狐つきにあった人がいるよ!と言われ気持ち悪くなりました。なるほど、霊位の低い獣に憑かれたら困る。と思い神社巡り、減らしました。やる気の出る場所にいくようにして下さいね!

    • 神社やお寺はエネルギーをいただけますが、場所によっては怖ろしい場所もあるのだなと実感しました。
      取り憑かれるなんて…。怖すぎます。。
      やる気が出ない原因というか…。早く北海道に行きたいのです(笑)

  • 山形の日本海側や秋田や青森の津軽等いいとこ沢山有るので、ゆっくり楽しんで。
    北海道は盆明けでもまだまだ大丈夫、鮭の遡上も見れるのではないでしょうか。夏至も終わり佐賀に比べると、日の入りが早く感じると思いますが、折角なので日本海側も見て下さいね。

    • おすすめ情報ありがとうございます(^^)
      なるほど!盆明けの北海道にはそんな魅力もあるのですね!
      盆明けは寒くなるということでしたが、寒さ対策をして周る予定でいます。
      しっかり旅を楽しみたいと思います!!

  • コメント欄