【日本一周51日目】やる気がでない重症~長野県生坂村の絶景と歴史を知る~

2017.6.16(金)

朝は日の出と共に目が覚めました( `ー´)ノ

道の駅にてブログ更新!夏場は7時に開店するという、早朝開店。

昨日夜にお会いした、熊本から旅をされている男性ともお話をして1日の始まりです。

その前に、コンセント付きイートインがあるファミマで充電(`・ω・´)

やる気がないのでイオンへ

う~ん。いまいちやる気が出ない・・・。

ちょっと自転車を漕ぐと休みたくなるんです。ええ。

近くにイオンがあったため、しばらくお世話になることに。
買い物もしたかったし。

百均やアウトドアグッズを眺めて、椅子に座る。
「〇日目」と書きたくなってきたので、マーカーを購入。

甘いものを無性に食べたくなり、ミルクティーと割引の大福を食す。

それでも、体調は万全でないようですね( ̄ー ̄)
頭が働かないし、体も動かない。

一気に長野市へ行こう!」だなんて昨日は考えていましたが、今日は諦めます。

12時頃に動き出しまして(; ・`д・´)

三脚

少しは進むんですが、やっぱり休みたくなるんです。
歩道橋の下でしばし休憩。なぜか眠い・・・。

すると、昨日まで大変お世話になった「奥山さん」からお電話がありまして。。

昨日のブログで「三脚が欲しい」と書いていたのを見て、「うちに使わないのがあるから持ってくるよ」とのことで。

本当に、お世話になりすぎています。

さすがに、歩道橋の下で待ち合わせは出来ないので少し進むことにしまして。
(後でこれが仇となる)

上り坂はあるけれど、スイスイ上っていく自分が怖くなる(`・ω・´)

乗鞍で培った技術がありますから!!

トンネルの先に駐車場がありそうなので、そこで待機することに。

自転車は日向において、しっかり発電してもらおう( `ー´)ノ

景色も、なかなか綺麗な場所です!

奥山さんからお電話があり、場所を説明するも地名が分からず・・・。
Googleカレンダーで調べてお伝えすると、どうも読み方を間違っていたご様子( ;∀;)

わざわざ持ってきてくださっているのに、地名を間違えたせいで松本市まで戻られたとのことで・・・。

その間、温泉博士を読んでルート決めを。

生坂村」という地名がようやく分かり、合流することが出来ました。

小さいものと迷いましたが、「大は小を兼ねる」というありがたい諺から大きいほうをいただきました。

奥さんからと、カステラまでいただきまして・・・。

本当にここまでしていただき、ありがとうございました。大切に使います!

生坂村

奥山さんも、「この辺りは綺麗な場所だよ」とおっしゃっていましたが、本当にそうだと思います。

田んぼが見えて、山が見える。自然豊かな道路。

・・・

途中で車の中から、男性に話しかけられまして。運転中だったもので、先にある駐車場で停まってお話を。

市役所の所長さんでした!

何でも、「生坂村」には絶景が見える道路があるのに、最近のチャリダーはそこを通らないで国道19号線を走るから不満なんだそう。
まあ、きついのヤだし~(ゆとり)

いつか日本一周している奴を捕まえて連れて行くのが目標だったとか。
完全に捕獲されちゃいまいした。

しかしね。
乗鞍岳に上ったことをお話しすると、「そこには負ける」とおっしゃりまして。笑
車で連れて行ってくださりましたヽ(´▽`)/

・・・

危なかった。高低差200mといえども、なかなか危ない道路ですよ。急すぎる。

松本市まで続く平野を見渡せます!

これは絶景です!地元の方でないと知らないでしょう。

振り返ると、生坂村を見渡すことができます。

人口1800人程度の小さな村。

米を作りだしたのも大正時代からで、それまでは小麦が主食の村だったそう。
水を引けなくて、大正になってようやく電動モーターで引き揚げられたらしい。

だから、この辺りは「うどん」や「おやき」が郷土料理になっているらしいです。

最近は、高齢化が進んでいるため空いている土地が多いんだとか。
役所でそれらを借り上げ、都会の若者を呼び教育して「ぶどう」の生産に力を入れているんだそう。

中には、年収200万円から2000万円にまで成長した方もいらっしゃるとのことで。
大変だけど、やりがいを感じている若者も多くなったと。

生坂村スカイスポーツ公園

パラグライダー場で、車いす用のトイレが整備された日本初の公園らしいです。

所長さんも、パラグライダー歴30年以上の強者。
空を飛ぶってのも良いですよねぇ(*’▽’)

一通り、村のご説明と案内をしていただきまして。

お土産までいただいちゃいました!!

ありがとうございました!

・・・観光地になるとみんな立ち寄るんだろうけど、こういう小さな村って素通りしますよね。

でも、地元の人が知る絶景スポットや食べ物もあるんだなと実感。
もっと視野を広く持って旅をしたいです。

道の駅 長野市大岡特産センター

かれこれ1時間は案内をしていただきまして。

目的の道の駅まで約20kmといったところ。

時間にも体力にも余裕はあるんだけれども・・・。

やる気がない。どうしちゃったんだろう?

近くにあった、『道の駅長野市大岡特産センター』で野宿することに。

芦ノ尻の道祖神

長野オリンピックにもご出場されたんだとか。
悪霊を追い払う他、縁結びの神様としても有名らしいですよ!

 

夜ごはんの写真を撮ろうと準備をしていたら、道の駅の方から「これも食べて」とトマトをいただきました!

左上から時計回りに、「かりんちゃん湖沼味」「生坂村ドーナツ」「おやき野沢菜&ミックス」「トマト」

おやき以外、全ていただきものです(`・ω・´)

長野県なのに、東京の看板を発見!

遠くないのか??

トイレの裏にテントを張っておやすみなさい。虫が多いぞ。。

やる気はぼちぼち出します。

今日のまとめ

やる気がない一番の原因は、風邪です。

鼻水出るし、のども痛くなってきた。。

・翌日朝、道の駅長野市大岡特産センターにて。

今日のデータ

出発:道の駅アルプス安曇野ほりがねの里(長野県安曇野市)
到着:道の駅長野市大岡特産センター(長野県長野市)
走行距離:37.6km(合計2942.9km)
出発&到着時刻:7:30~17:20

家計簿

食費:1017円(おやき130円×2)(メイプルシロップ、パン×2、おにぎり、お茶、ミルクティー、大福)

日用品:108円(ホワイトボードマーカー)

 

合計1125円

 







 

力になるコメントをお待ちしております!

関連する人気記事一覧