末次の脳内note
日常の便利&快適情報

2018年のおみくじ結果を公開!また、年末振り返りましょう

新年も始まってもう10日が過ぎましたね。1年の3%が終わってしまいました。残り97%しかありません。やばい…。

2018年の年始め、初詣には行かれましたか?

わたしは年末年始実家を離れ、高知県と島根県で初詣に行ってきましたよ!

その2か所で「おみくじ」を引いてきました!その内容を公表して、今年の年末に振り返りたいと思います。

 

おみくじ内容は公表してよいのか?



おみくじの内容は人に言ってよいのか?」一番気になるところですよね。

「幸運が逃げそう」「罰が当たりそう」など、諸説ありますが……。

 

調べてみると、公表しても問題ないようです。なんならSNSに載せてもOKらしい。ブログも必然的に問題なしでしょう。

 

おみくじをSNSやツイッターに載せることも、縁起的には問題ありません。

おみくじの内容を人に話しても大丈夫なのと同じで、ネットに公開したからといって何か悪いことがあるわけではないです。実際にフェイスブックやLINEのタイムライン、ブログなどに自分のおみくじを載せている人は大勢います。

ネットに載せることで、自分も気を引き締めて今年一年がんばろうという気になるなら、おみくじの内容や写真を自由にアップしてもいいのではないでしょうか。

(引用:おみくじの内容を人に話すのはダメ?SNSに載せる?結ぶか持ち帰る?

 

ということで、さっそく公開します!!

 

あ、ちなみにおみくじの順位は諸説ありますが、

「大吉・吉・中吉・小吉・凶」

というのが一般的らしいです。

高知かとり神社のおみくじ

高知県かとり神社高知県かとり神社

まずは、カウントダウンを過ごした『高知県かとり神社』のおみくじから。新年一発目の運勢は……?

 

おみくじ

中吉』でございました。ちょうど真ん中の運勢ですね。

「青柳に春の淡雪あけ初めて 梅にさえずる鶯の声」

 

  • 願望:気運が下降して叶いにくい。待ちなさい。
  • 待人:差障のため来ないでしょう。
  • 恋愛:甘言に迷わず誠実な人柄を求めなさい。
  • 縁談:遅れますが御神助(しんじょ)によりよい縁談が訪れます。
  • お産:神様のお護を受け安し
  • 進学:遊びほおけていると駄目になります。勉学に励め。
  • 就職:難しい時期を待ちなさい。
  • 家庭:夫婦不仲はいじめの元です。家庭円満第一に。
  • 病気:祈願をこめなさい治る。
  • 旅行:日時を改めればよし。
  • 事業:辛抱の時です。御助けあり。
  • 訴訟:負ける憂いあり。祈れ。
  • 転居:時期を待ちなさい。
  • 失物:出ますが役に立たない
  • 相場:負ける。今は止めなさい。

 

恋愛」…。誘惑に惑わされるなってことでしょうか?!ところで、誘惑とは…!笑

それと「遊ひ呆けない」こと。これは薄々感じていましたが、おみくじでスッパリ言われちゃいましたね…💦肝に銘じます。

日本一周人からすると気になるのが「旅行」。日時を改めろということですが、春にただ自転車で再出発するだけではいけないという風に捉えることにします。これは色々と検討中…!

失物」は、札幌で盗まれたカメラのことでしょうか?見つかっても、うーん。自転車で行くので待っててくださいというわけにもいきませんからね(笑)

相場(賭け事)」は負けるとズバリ。競馬・競艇・TOTOなどなど。2018年は賭け事を控えて投資に力を入れようと思います。勉強しなきゃだ。

 

出雲大社のおみくじ

出雲大社出雲大社

1月3日に行った出雲大社でのおみくじも公開します!縁結びということで、その辺が気になりますね…。

 

出雲大社おみくじ

何吉か明確に書かれていませんが、「幸運が巡り来る年」のようです。ただ、「定見なく進めば凶」とも。

「定見」とは?

他人の意見に左右されない、その人自身の意見。一定の見識。(参考:コトバンク

「発奮」とは?

これから大いに励もうと精神をふるいおこすこと。(参考:Google先生

難しい言葉が多いですね…!さすがは出雲大社☆

  • 願望:叶う。
  • 土木:よい。
  • 結婚:よい。
  • 病気:なおる。
  • 移転:よい。
  • 失物:見つかる。
  • 売買:大いに利あり。
  • 方位:南よい。
  • 旅行:よい。

というか、悪いことが書いていないですね!実質『大吉』でしょう!!

売買」とは商売のことでしょうか…?大いに利があるということですが、まずは何かに挑戦しないことには始まりませんね。

方位が「」とあります。鹿児島?沖縄?おそらくこの辺りで縁があるのでしょうか?!期待できますねぇ( °̀ロ°́)ง

 

おみくじの正しい作法

おみくじをよく木に結び付けているところを見かけますが、これは「結果に気に入らなかった場合のみ」なんだそう。結び付けたら、新しいおみくじを引き直すのが通常なんです!

 

要は、

「凶」や「末吉」などのときに木に結び付ける→再度、「大吉」が出るまで引き続ける。

ってな感じ。大げさですけど。

 

引いたおみくじは、財布などに保管して1年間お守りとして持ち歩くとよいんだとか。その後、翌年の初詣で返納する流れが正式な作法らしいです!

結果を鵜呑みにはしませんが …

おみくじは、結果を鵜呑みにせず一種の娯楽として受け止めることにしましょう。

答え合わせは1年後ですね。12月末に結果発表の記事を書きます(リマインド済)

みなさん、よい1年になりますように☆

ABOUT ME
末次 ゆう
佐賀県出身の22歳。高卒2年目の3月に会社を退社し自転車日本一周の旅へ。放浪しながらブログを書いています。頻繁にくる腹痛が悩み…。