沖縄旅の様子はnoteで!
語り合いから学ぶこと

伊達なくらしセミナー備忘録「東京は何も生産しない」

東京は生産しない

どうも、管理人の末次ゆう(@ysgenfu)です。

今回、 東京のNPO法人ふるさと回帰支援センターで行われた「伊達なくらしセミナー」に参加してきました。

本当はnoteにでも纏めようとしていたのですが、今回のことは公開した方がよいと判断したので書いておきます。

※個人的備忘録ですが、みなさんにも通ずるものがあれば幸いです。また、内容はわたしなりの解釈ばかりを含んでいます。

 

講演者のプロフィール

もぎたてフルーツ工房 土里夢(ドリーム)

渡辺信雄さん 妻:生子さん

もぎたてフルーツ工房 土里夢(ドリーム)」のオーナー。

岐阜県出身。大学卒業後、東京で公務員として定年まで働く。

定年間近で奥さんが先に宮城県栗原市へ移住。試行錯誤を重ね、栗原氏の山奥にシャーベットを提供する土里夢を運営。

同時に、コメ作りなどの農業にも励み、老後を充実できるよう、日々行動しながら現在に至る。

 

「余生」はおまけの人生

定年近くになり、老後のことを考えると軽く20年あることに気づいた。

「余生」という言葉は、「おまけの人生」という意味に聞こえてならなかった。せっかく頑張って仕事をしたのに、それではつまらない人生になってしまう。

この余生は、人生の浪費。一番もったいない時間だ。

 

東京が住みやすいという単純な価値観

「東京は便利だ」

「東京は住みやすい」

こんな、誰が決めたかわからない価値観に人は踊らされている。考えることを辞めている。

電車の本数が多いから便利?それは本当なのか?

単純な価値観だけで、人生を決めたくない。そう思った。

 

農業の実態

昔から代々引き継いだ農地だけど、自分たちの代でおしまい。ご先祖さんには恥ずかしいけど、仕方ない。

息子に継げとは言えない時代。2017年だけで近くの農家さんが3件辞めた。高齢化が著しい。

農業こそが、人間のあるべき姿だと考えている。生産なくして発展はない。

農業の衰退は国の衰退。日本の危機。

 

田舎の行動力

「誰かに始めて欲しいと期待しているが、自分でやろうとはだれもしない」

こういう時こそ、若い力が欲しい。

しかし、よそ者は嫌われる傾向があるのも事実。人と人のつながりが難しい現状。

 

都会と田舎の老後

都会だと、お金を払って老人ホームで暮らすだけ。すべてが受動的で終わってしまう。

田舎だと、草刈りやゴルフなどイベントがたくさんある。人付き合いも大変だが、人と関われるので元気になる。

年をとっても、何らかの役割があることが生きがいになっている。

 

人と人の結びつき

都会は、「個」だけのつながり。深く立ち入ることはない。

田舎は、集落全体で結びつきが強い。都会ならプライバシー違反になりそうなところまで知っている。

しかし、田舎の人は「限度」を知って思いやりがある。これ以上のことは何があっても言わない「ヤサシサ」がある。

 

移住には課題がある?




どこに住んでも何らかの課題はある。

ただ、都会の課題は大きく取り上げられないだけ。

東京に住んでいたら、南海トラフ地震がくるかもしれない。そっちの方が大きな課題では?

 

娯楽の違い

都会の娯楽は、「見る」こと。歌舞伎や映画などなど代表例。

田舎の娯楽は、「自分たちでやる」こと。定期的にイベントがあるため、逆に忙しい。いい意味で遊ぶ暇がない。

 

東京は生産しない

東京にある会社は全く生産性がない。上手く横に流してお金を多く取っているだけ。

コメは作らないし、発電所もまかなえていない。(東北に東電の原発があったこと然り)

そんな場所に人が集まっても衰退するばかり。

 

末次が考えたこと

面白いお話だと思いませんか?

自然と、講演に対して頷いていました。

 

「農業の衰退は国の衰退」

まさしくこの通り。衣食住に関する仕事は絶対に外せません。特に、「食」ほど大切なものはないですよね。

 

ただ、いきなり農業を始めるとなると壁があります。金銭的なものだけでなく、人間関係も大きいようで…。

わたしも田舎育ちなので、その感覚はよくわかります。よそ者は嫌われるんですね。最初は。

うーん、難しい…。いきなり答えはでません。まだまだ色々なものが足りていませんから。

 

セミナー参加者同士の交流も行い、刺激をうけてきました。すぐに行動したいところですが、焦るのもよくないようで…。日本一周も終わっていませんしね。まだまだ迷い続けます。

どうぞ、これからも末次を見守ってやってください。

あわせて読みたい

【予告】行きたい場所へ行く旅in東京&石川

ABOUT ME
末次 悠
佐賀県出身の22歳。高卒2年目の3月に会社を退社し自転車日本一周の旅へ。放浪しながらブログを書いています。頻繁にくる腹痛が悩み…。