【日本一周】旅に持っていく常備薬を大公開!下痢は勘弁して欲しいです

日本一周予備軍の(@ysgen)でございます。

本当は薬なんて飲まない方が良いのですが、万が一の常備薬は必要ですよね。
生まれて一回も薬に頼ったことがない!という方なら問題ないでしょうが、一度薬に頼ってしまうとなかなかそれ無しでは厳しいです。

要は蚊に刺されて、ムヒを塗らずに治るまで我慢できるかってコトです。
私には我慢できません。薬に頼ります。

たくさん持っていく必要はありませんが、自身の体質や万が一の不調に備えて薬を常備したいと思います。

社会人になってからの2年間でも、薬には結構助けられました。主に口内炎ですが…笑

現地で買うのもアリですが、急きょ必要になる可能性が考えられます。
出来るだけ常備しておきましょう!

※薬に対する効能はあくまで個人の意見です。




口内炎パッチ

体質なのか野菜不足なのか口内炎ができやすいです。
一度できると痛くてたまりませんし、1日中気になります。声を出すたびに痛いです。
当然、飲食時も痛くてたまりません。

ストレスが主な原因でしょうが、栄養不足も考えられます。
よくよく考えたら、小学生くらいのときからしょっちゅうなっていましたし…。

今のような、季節の変わり目にも口内炎ができやすいです。

話す時も痛いうえ、食べ物も満足に食べられないという苦痛。なるべく早く治したいですよね。

塗り薬や飲み薬もあります。しかし、個人的にも貼り薬が一番だと気づきました!

これだと、患部も痛くないし治りも早いです。
ぜひ日常の常備薬にもおすすめします。

ガロール

地元のドラッグストアにある広告を見たのががきっかけで購入しました。

それまでは正露丸やビオフェルミンを使用していましたが、飲んだ瞬間スーッと軽くなる感覚があるのがこの「ガロール」

正露丸の独特なにおいを嗅がなくてすみますし、即効性がないビオフェルミンより安心感があります。

本来は胃薬に当たるのですが、腹痛全般に効きます。

腹痛だけは本当に勘弁してください…(´;ω;`)

ストッパ下痢止め

腹痛関連でもう一つあります。

バックに常備しているサラリーマンの方は多いのではないでしょうか?
私も危険を感じたら水無し1錠です。

高校在籍時から持ち歩いていました。「過敏性胃腸炎」といったやつです。
メンタル的な要素が主なので、薬でどうこうする問題ではありませんが…。

日本一周中は使う機会がないと思いますが、お守り代わりに持っておきます。

葛根湯

考えたくもありませんが、旅先で万が一風邪を引いたらのことを考えると必要な薬です。

変な市販の風邪薬は具合が悪くなるので避けています。
副作用は本当にきついです。ええ。

私は葛根湯でじっくり治します。

熱が出るまでの勝負になるため、異変があったら要注意ですね。
風邪だけは本当に怖いです。

目薬

普段はコンタクトなのですが、仕事以外はメガネで行動しています。
それでもドライアイのため、目薬はあった方が良いです。

口コミによると、目薬は値段に比例して効能も上がるそうで…。
本当にピンキリですね。

私個人のお財布事情からいきますと、大体800円程度のものがオススメかなと思います。

コンタクトの方は、「コンタクト専用」の目薬があるのでお間違いのないように!

PCをよく使う方は特に、目を大切にしましょう!

【コンタクト用】

ムヒ

「ムヒ」ってすごいネーミングだと思いませんか?
気になって調べてみたら面白い由来がありました!

【ムヒの由来】

「唯一無比」「天下無比」など、比べるものがないほど優れた効き目の商品という意味を込めた「無比」からつけられた

うむ。最強ですね!
その最強なムヒですが、夏場に大活躍します。
特に今年は、今まで生きてきた20年の中で、一番刺されるかも…。

これを切らすと大変な目に合うでしょうね!

まとめ

【応援クリック!】

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

意外と常備薬が少なかったので良かったです。薬も持っていくか迷うところではありますが、バックの底には眠らせておきたいですよね!

ムヒだけは夏場よく使うことになるでしょう。
刺されないのはまず無理です(笑)

とにかく、栄養を摂ってしっかりと寝れば日本一周だって健康に終われるはず!
『健康』も意識した旅にしていきます。

よろしかったらコメントお願いします(手動承認)

関連記事