早めに取っておきたい一生涯使える5つの資格-教養は一生の財産

“勉強”

しないといけないと思いながらも、中々ペンが進まないですよね…。しかし、人生は勉強の積み重ねです。

いくつになっても、自己啓発を怠ってはいけません!

私は主に4つの資格を持っています。(H29年2月現在)

  • 第3種電気主任技術者
  • 第1種電気工事士
  • 乙4類危険物取扱者
  • 普通自動車第一種運転免許

自動車免許は持っている方が多いと思いますが、その他は工業系の資格です。

やはり、勉強をするなら「資格」という目標があった方が良いですよね!

ここでは、私も目指している人生に役立つ資格を紹介します。

【派遣サイトPR👇】


 

ファイナンシャルプランナー(FP)

たまに耳にする有名な資格です。日本生命や第一生命など、保険屋さんは必ず持っています。

人生設計、資金計画、リスクマネジメント、資産運用、税金、相続についてなど幅広い分野を学習します。

優先して取得したい資格です。

【受験に向いている人】

  • 株やFXに少しでも興味のある人
  • 少しでも保険の在り方に疑問を持っている人
  • 税金に不安がある人
  • 世の中の仕組みを理解したい人
  • 20代の学生・社会人

 

 

 

公式サイト

 

全日本マナー検定

マナーは人として重要なスキルです。ビジネスマナーから、冠婚葬祭まで広く深く学ぶことができます。

特に冠婚葬祭は、人によってはなかなか縁がない場合があるため、直前にバタバタしてしまいますよね。

事前に勉強しておきたいところです。

また、受験をすることで、自分のマナー知らずに気づくことになります。一度身に付くと、生涯忘れることはありません。

積極的に受験・取得しておきたい資格です。

 

【受験に向いている人】

  • 営業職
  • 冠婚葬祭に今まで縁がない人
  • マナーは何より大切と思いっている人
  • マナーに自信がない人

 

公式サイト

 

ITパスポート

「IT力」は現代社会において、欠かせないものになっています。

しかし、パソコン操作とは違って、なかなか自然と身に付くものでもありません。

情報モラルやコンプライアンスといった、法令に関すること。
経営戦略やネットワークの基盤の知識といった、管理者・経営者側の考え方を知ることができます。

すでに社会人の方はご存知かと思いますが、現在会社は情報モラルについて非常に厳しいです。
学生の方も就職前に取得しておいて損はありません。

あくまで基本的な部分を学習する資格のため、ここから深く応用的な資格を取得することをオススメします。

 

【受験に向いている人】

  • 内部監査をする部署に在籍中・または在籍したい人
  • パソコンの基本を学びたい人
  • 経営に少しでも興味がある人

 

 

公式サイト

 

TOEIC

英語は現在社会において、重要な言語になってきました。

少し街中に行くと、留学生や観光客から道やホテルの場所を質問されます。(筆者も3回以上経験あり)

仕事の面でも、英語を話せる人は重宝されます。グローバル社会において、まず逃げられない英語。

最近は、英検よりもTOEICが重視されるとのことです。点数制なので、自分で目標を決めて学習しましょう!

 

【受験に向いている人】

  • 受付など人と接することが多い業種に携わる人
  • 英語が苦手な人
  • 常に向上し続けたい人
  • 英語を話せるようになりたい人
  • 海外旅行が好きな人

 

 

公式サイト

スポンサードリンク




第3種電気主任技術者 (電験三種)

あまり耳にすることがない資格かもしれません。

コンビニをはじめ、大きなビルやスタジアムまでたくさんの電気を使う需要家があります。

電気をたくさん使う需要家は、一般の家庭と違い高圧(6600V)ないし特別高圧(22000Vや66000Vなど)で電気を受給しています。

当然使用する電圧は、100Vないし200V(一部エアコン・エレベータなどの動力源)です。

そこまでは変圧器というもので電圧を落としているのです。

それ以外にも、負荷開閉器や各種継電器(保護装置)・進相コンデンサといった現場にあった設備が必要になってきます。

それを管理するために「電気主任技術者」を各現場に選任することが法律で定められています。

高圧に関しては、「〇〇保安協会」といった委託機関に委託されている会社が多いです。

しかし、特別高圧(7000V以上)になると委託することもできず、毎年要員不足が問題になっています。

「取得すれば、職を失うことはない」とまで言われています。

合格率は毎年10%を切りますし、私の体験談からしても非常に難しい資格です。

しかし、だからこそ取得した時の達成感は格別です。

※3種では5万ボルト未満(出力5千キロワット以上の発電所を除く)の工事、維持及び運用の保安の業務に携われます。

【受験に向いている人】

  • 電気を幅広く学習したい人
  • とにかく難しい資格を取りたい人
  • 電気主任技術者になりたい人
  • 電気に関する業種の人
  • 定年後の仕事に悩んでいる人

 

 

 

 

公式サイト

 

まとめ

今回は、仕事において活用できる資格を紹介しました。直接関係なくとも、持っていると一目置かれること間違いありません。まだまだ、数えきれないほどたくさんの資格があります。

私も、今回ご紹介した資格は全て受験します。


~人生を豊かにしてくれるのは、教養です~

 







 

たくさんの方に読んでいただきたいです!

力になるコメントをお待ちしております!

関連する人気記事一覧

ABOUTこの記事をかいたのは?

一度きりの人生をアクティブに。20歳。高卒2年目の3月、会社を退社し自転車で日本一周!定義は、全都道府県県庁制覇。相棒はMIYATAのEigerさん【2017年4月24日出発】WordPressで「厳風〜Genfu〜」というブログ書いています。人生楽しく迷子っす(*´ڡ`●)