【日本一周46日目】乗鞍スカイライン制覇!~初心者乗鞍ヒルクライム~

乗鞍岳ヒルクライム

2017.6.11(日)

今日は一世一代の勝負の日・・・!
完走出来るかどうかで、今後の人生が変わるかもしれない!!

って、そこまで深く考える必要もないんですけどね(笑)
でも、挑むからには完走しなくちゃ( `ー´)ノ

乗鞍スカイライン

昨日同様、平湯キャンプ場から乗鞍スカイラインの入り口まで向かいますが・・・。

いやー、相変わらずきついですな(笑)
ここで体力をごっそり消耗。そんなんで大丈夫なのか?!

どうです?やる気なくしません?笑

こんな感じのカーブ&坂道を越えて、いざ乗鞍へ!

昨日説明したように、長野県に向かっている『乗鞍エコーライン』は通行止めになっており、岐阜県の『乗鞍スカイライン』のみ開通しております。
マイカー規制のため、通れるのは観光バスやタクシー、そして自転車のみ。

登山』の扱いになるため、スカイラインの手前で簡単なアンケートと説明を受けなければなりません。

管理人さん
何県から?観光?練習?
末次
佐賀県からです。観光目的です。
管理人さん
佐賀ってどこ?何地方?
末次
(イラッ)九州ですね。
管理人さん
あ、そう。上は寒いから気を付けて。そのソーラーパネルいいね~。

はい、通常通り佐賀県のマイナーさを痛感しまして。
3秒後に乗鞍アタックモードに切り替えます。

うーむ。マジできついぞ、これは。

登るたびに景色は綺麗になっていくけれども。楽しむ余裕など、一切なし。

途中、「Twitter見たよ」と声をかけていただきまして。
驚きながらも手を振りました(”ω”)ノ

・・・きつくて声が出ないのよ。。

乗鞍スカイラインは全長14.4kmと大した長さではありませんが、そのほとんどが登り道。
「ほとんど」と言いましたが、全てと言っても良いほど妥協点がありません。

2002年の10月末まで有料道路だったそうですが、実質的に無料開放されたと同時に「マイカー規制」が始まったとのこと。
有料道路とはいえ、日本一の高さを走ることの出来る道路として人気だったらしく、渋滞などが絶えなかったそう。環境保護の観点から規制が始まったらしいです。

そんなこともあって、自転車ヒルクライムの聖地に変わったみたい(`・ω・´)

バスがたまに通りますが、音で近づいているのがわかるため、そこまで警戒する必要もありません。

それにしても、日本一周装備で登る道路じゃないよな(笑)
後ろから、我が道具たちが引っ張ってくる感覚っす( ;∀;)

でも、そんなことが出来るのもこの旅の間だけ。
それならやってやろうじゃないの!

日曜日ということもあり、自転車が多い!

沢山の方々に声援をいただきながら、休み休み進んでいきます。

・・・50~300mに一回は休んでおります(笑)
すぐに息は切れるし、のども乾く。深呼吸と水分補給をしながらマイペースで。

こんなんで大丈夫なのか??

道中、高山市からいらっしゃったご夫婦とお話を。
乗鞍専門らしいっす(; ・`д・´)

おにぎりまでいただいちゃいまして。

頂上でまたお会いします!

私の身長をも遥かに超える雪の壁。

太陽光は当たっていますが、標高が高くものすごく寒いです。
それでもよ~く見ると、雪が解けているんです。神秘的だと思いませんか?

九州人には見慣れない風景。興奮を隠せない(*’▽’)

振り返ってみると道路の状況が分かりやすいですね!平行感覚を失いますよ( ^ω^ )

ただね、振り返ると諦めたくなっちゃうこともありまして。
自分との闘いなのです( `ー´)ノ

目的地の『乗鞍岳畳平』まで2kmほど。

頂上近くなると、風が強くなってきますねぇ。(冷や汗)

頂上でゆっくりいただこうと思いましたが、このタイミングで補給を。

先ほどのご夫婦にいただいたもの。美味しかったです( ^ω^ )

最初の10kmはとにかく必死に登っていましたが、4kmを切ってくると余裕が出てきました。

振り返って景色も楽しみながら進もうか!

それにしても凄い道路ですね(笑)
何度自転車から降りようと思ったことか・・・。

日本アルプスが目の前に広がります。富山県に入って真っ先に目についた景色。
それがこんな目の前に広がっているなんて・・・。

写真だと伝わりにくいんですが、生で見るとすごい迫力を感じます。

乗鞍エコーラインはこんな感じで通行止めに。

もう少し早かったら、雪の回廊も見れたそうです。さすがにこれじゃ、回廊とは言えませんねぇ…💦

乗鞍岳畳平

そんな感じで地道に登りまして・・・

乗鞍岳畳平』へ到着!!

標高2702mですよ!これを自転車で登ったなんて・・・!

やったぞー!!(他に言葉が見つからない)

写真は、富山からお越しの大学生の方に撮っていただきました( ^ω^ )

約4時間かけてゆっくりと。時間は関係ねぇ!

先ほどのご夫婦も無事に到着!

健康のために自転車を始められたそうで、「どんな登山よりも乗鞍岳ヒルクライムは安全」とおっしゃっていました。

確かにそうですよね!滑落はまずないし、道路が整備されているため遭難もありません。
もちろん、100%とは言いませんが通常の登山と比べてという意味で。

先ほどの大学生の方と4人で上まで登ることに。

いやー、素晴らしい景色。ずっと見ていられます。

寒く無ければの話だけども(笑)
ダウン着ていても寒いんです( ;∀;)

乗鞍岳には山頂が8峰あるらしく、全てを周るのは厳しそうです。

それ以前に、私にやる気がありませんし(笑)

権現池』という、コバルトブルーの火口湖。

日本で2番目に高い湖沼らしく、キラキラ輝いて美しいんです。

本当に神秘的な世界。登る価値があります。

どこを見渡しても絶景。
この雰囲気が堪りません。感動。

しかし、自分一人の力では登り切れなかったでしょう。
声援をくれた方々に感謝。

乗鞍岳下山

楽しい頂上もそろそろ下山の時間に。お店も閉まってきましたし。

スキーをされている方も多く、バスで畳平まで来て歩かれていました。

たまたま話しかけた方が熊本県出身の方で、話がはずみます(^^♪
九州の団結力!

それにしても良い天気に恵まれました!山の天気は変わりやすいと言いますからね。そこが怖いところ。

では、乗鞍スカイラインをUターン!

一部始終を動画でどうぞ!!
※ノイズ、ブレ多めです。

景色は最高でしょう?!
帰りは一切漕がなくて良いし、ゆっくり楽しみながら。

ただし、握力が無くなり事故を起こす方も多いらしく、万全の注意を!
いつもは素手なのですが、サイクルグローブを着用しておきます。

寒さ対策にもなりました( ^ω^ )

頂上でブレーキシューが溶けた方のお話を聞いて不安になりまして。スピードは控えめに進みます。

自分でも驚く距離を登ってきたんだなと実感する瞬間ですよね。これは今後の自信にもなるわ。

んで、30分ほどかけて下りを楽しみました( ^ω^ )

これほど達成感のある日はありませんね。
自分には出来ないだろう」なんて思っていたのに。やってみると登りきれた。
気合があれば何でもできるんだ!アツオー٩( ᐛ )و

平湯峠駐車場にて

乗鞍スカイラインの入り口『平湯峠駐車場』にて、先に下りていた高山のご夫婦とお話を。

同じ会社の方々が歩いて乗鞍岳登山をされていたらしく、とても面白い方々とお聞きしたので待つことに!

☆記念撮影☆

明るく元気な方々でしたねぇ(*’▽’)

お菓子までいただいちゃいました!

何でも歩いて往復8時間かかるらしく、1日楽しめるからちょうど良いらしいです。
景色も最高ですしね!!

・・・私は登りに4時間かかったから、徒歩と同じなんです(笑)
でも、時間は関係ねぇ(本日2回目)

ご褒美にラーメン定食

こういう日はご褒美も大切ですよね(素直に「うん」と言ってほしい)

昨日同様、平湯キャンプ場の近くにある『あんき屋』さんへ。

 

メニューに目を通し、悩みぬいた末・・・。

ラーメン定食

マジか、君。ここは郷土料理とかじゃないの??

という葛藤もありましたが、ラーメンとカレーはどこで食べてもハズレがないもの。
しかも、とんこつをチョイスするというにわか博多人

いやー、最高だよ!
気分も晴れて、美味しいラーメンも食べられた!

後は平湯キャンプ場で3泊目の手続きをして爆睡するだけ。その前に、キャンプ場のコインランドリーで洗濯を。

こうして、乗鞍アタックの1日が終わりましたとさ( ^ω^ )

今日のまとめ

まさか、自分が乗鞍岳を登り切れるなんて・・・。
最高の1日になりました。

・3日後夕方、松本市にて。

今日のデータ

出発:平湯キャンプ場(岐阜県高山市)
到着:平湯キャンプ場(岐阜県高山市)
走行距離:38.1km(合計2881.9km)
出発&到着時刻:9:00~20:00

家計簿

食費:1260円(とんこつラーメンセット980円)(自販機お茶×2)

衣服費:430円(洗濯洗剤)(コインランドリー&乾燥機)

宿泊費:700円(平湯キャンプ場)

合計:2390円

 







 

10 件のコメント

  • 頑張ってますね、私も乗鞍上りました(バスで)が、雨で何も見えませんでした。末次さんは運も味方につけて旅してますね。緑と雪と青空が素晴らしかった。登山で見られなかった景色をありがとうございました。体と事故に気を付けてのんびり旅してください。JM6BJO

    • お久しぶりです!
      自転車の聖地と聞いたら、登らないわけにはいかなかったもので…!
      山頂の方もここまで晴れるのは珍しいとおしゃっていました。次回はバスで登って、山頂を8箇所制覇してみたいなと思います(^^)

  • 動画で草木の臭いを嗅ぎ、冷たい風が頬に当たルようでした。また男の限界が上がりましたね。貴重な景色ありがとうございます!

    • あのような動画でも、コメントをいただきありがとうございます。
      「男の限界」どうなんでしょう?でも、登りきれたことは今後の自信に繋がると思います。
      坂道はコツコツと根気強く。誰かが人生と同じとおっしゃっていました。
      私だけでは登りきれませんでした。応援してくださった方々に感謝しております。

  • 動画を見ましたけど、もっと白線から1mくらい離れて走った方が良いよ。道路わきは何が落ちているかわからないし、側溝に突っ込まないか見ていてひやひや。対向車がないのが見えたら車線の真ん中を走るくらいの気持ちでいいよ。追い越す車があると左に寄らないといけないだろうけど。あのような坂を下る場合、特に。バイクでも一番多い事故。曲がり切れずに左の壁に突っ込むというやつ。

    • わかりました。
      この辺りは雪が積もるため、側溝に蓋がないですし危ないですよね…^^;
      下りはスピードが出て怖かったです。走るコース注意して事故のないよう心がけます。

  • 3:04の動画よかったですよ。
    一緒に下っている感じでした。
    天気が良くてよかった。(知床峠でガスって何も見えなかったのを思い出しました)
    ところどころ鈴の音?熊除け?

    • ありがとうございますm(_ _)m
      この辺りの山は、熊が出ることが多いため熊鈴は必須らしいです。
      自転車の方でも、サドル付近に付けられていました!
      動画撮っている間は鳴らないように注意していましたが、聞こえてしまったようですね^^;

  • 力になるコメントをお待ちしております!

    関連する人気記事一覧