母の日に送りたいものを5つ検討!サプライズ重視!【2018年版】

Profileこの記事を書いた人

一度きりの人生をアクティブに。21歳。高卒2年目の3月、会社を退社し自転車で日本一周!【2017年4月24日出発】定義は、全都道府県県庁制覇。相棒はMIYATAのEiger・カメラはRX100M3から盗難に遭いα6000を使用。WordPressで「厳風〜Genfu〜」というブログ書いています。思ったことは何でも書きます!人生楽しく迷子っす(๑•̀ㅂ•́)و✧

2017年の母の日はご存知の通り5月14日です。

日頃の感謝を伝えるには、手紙や言葉も必要ですが品物を送るのが一番だと思います。
なにせ、なかなか口で言うのは恥ずかしいですからね(笑)

私もここ数年は何かしら買って渡しています。

人にプレゼントする時ってなかなか悩みますよね💦

私も例年かなり悩んでいます。

「素直に聞けばよいだろう」と言われたらその通りですが、サプライズで渡したいというロマンチスト(ロマンチシスト?)な方も多いでしょう!

私もその一人です。

ということで、今年検討している母の日のプレゼントを選びました!

過去を振り返る

と、その前に昨年プレゼントした品物を振り返ります。

昨年は、お酢と蜂蜜のセットをプレゼントしました。

というのも、一昨年に私の母は「大腸ガン」で入院・手術をしており健康には人一倍気を遣っています。

お酢蜂蜜は健康な生活には欠かせないもの。

直接実家へ郵送しましたが、母の日のラッピングも綺麗にしていただきました。(母談)

今年はどうする?

今年は昨年と違うものも検討してみます。

母の日といえば「カーネーション」のイメージが強く、お花をプレゼントするという選択肢もありますが、個人的にはなにか形として残るものが良いかなと思っています( `ー´)ノ

カーネーションのお酢

予算:4,000円

先ほどの最強健康食品「お酢」と、「カーネーション」のコラボレーションです。

ただのお酢よりも、10倍は母の日らしいですよね!!

薄めて飲むタイプのお酢のため、炭酸水も一緒に買ってあげると喜ばれるかも。

高級紀州梅干し

予算:3,000円

健康食品コーナー第2弾!!

梅干しも疲労回復からガンの予防まで幅広い効能を持っています。

日本人なら毎日でも食べたい梅干しですが、母の日には普段なかなか買えない高級梅干し「紀州五十五万石」なんていかがでしょうか?

きっと喜んでもらえます(^^

オーダーメイド枕

予算:20,000~40,000円

健康に大切なもの。それは「睡眠」です。

人は寝ている時に疲労を回復します。

快適な睡眠に重要なのが、布団や枕などの寝具。
最近はプロ野球選手などのアスリートも、枕を体にフィットするようにオーダーメイドして遠征に持参しています。

日頃から、家事に仕事に追われている母親に、快適な睡眠をプレゼントしてあげませんか?

お値段は張りますが、ここで作れば一生ものです。

事前にインターネット上で決済しておき、ギフト券をプレゼントする方法がお互いのスケジュールを考慮する必要もなく気軽にプレゼントできますよ!

オススメサイト:オーダーメイド枕チケットがネットで購入できる!【まくらる。】

まくらる。の使い方と注意事項!

「まくらる。」は、枕のオーダーチケットのネット販売サイトです。

チケットを購入したら、実際にその店舗でオーダーメイドする必要があります。(費用は先払いしているため、一切必要なし)

購入前に、最寄りの対象店舗を確認しておいてください。

マッサージ機器

予算:9,000~10,000円

大半の大人は、肩こりの悩みを持っているもの。

マッサージチェアは高すぎて躊躇しますが、こちらはいかがでしょうか?

似たような機器はよく見かけますが、メジャーリーガーの上原浩治投手がスペシャルアドバイザーに就任されている「ドクターエアー」なら信頼感も抜群!!

首だけでなく、腰や腕、ふくらはぎまで体全体をカバー。

温熱ヒーターのパワーで、頑固なコリに対抗してくれます。

旅行に行く

予算:不明

お互いの時間が取れそうなら、旅行に連れて行ってあげるのも良いプレゼントですね!

有名温泉に行くもよし、美味しいものを食べに行くもよし。

宿泊、日帰り関係なく旅行は良いものです。

特に、一人暮らししている方はなかなか会えない時間が多いかと。

何かをプレゼントするよりも喜ばれるかもしれませんね(^^)

PR(Tポイント貯まります):Yahoo!トラベルでホテル・旅館を簡単検索

母の日の由来について

「母の日の由来」ってご存知ですか?

簡単にご説明しますと、

1905年5月9日にアメリカの「アンナ・ジャービス」という少女が母の死に直面。
その後、その少女が「生前に母親を敬う機会を作ろう」と働きかけ、当時のアメリカ大統領「ウィルソン」が5月の第二日曜日を「母の日」と制定した。

参考:語源由来辞典

ちなみに、父の日は1909年に制定されたそうです。

まさか、母の日にこんな悲しい過去があったなんて知りませんでした。

まとめ

少女の悲しい過去から制定された「母の日」ですが、本当に良い文化だと思います。

プレゼントするともちろん喜ばれると思いますが、一番は感謝の気持ちです。

母の日だけでなく、日頃から感謝しなければなりません。

なかなかそうもいかない事も多いですけどね💦

次に読みたいおすすめ記事!


コメント欄